男性を惹き付ける♡色っぽ美人になれる4つのメイクセオリー

BEAUTY

今、巷で噂なのが”色っぽ美人”。
ただの美人でもなく、色っぽさを兼ね備えた女性が今、男性からの視線を外さないのです。
色っぽ美人になれるメイクセオリーをご紹介します。

色っぽ美人①「湿度を感じさせる肌」

色っぽさはカサカサ状態の肌からは発揮されません。
湿度を感じさせるぬめっとした肌が、色っぽ肌の極み。

そして、光沢感のあるツヤっぽさがポイントです。
マット肌はコンサバ感が出てしまうのでNGです。

オイルやクリームチークを使えば、肌の内側からじゅわっと発光するようなツヤ感を演出できるので、色っぽ肌になる為にマストアイテムです。

色っぽ美人②「シーンによってメイクを変える」

女子はメイク次第で顔がガラリと変わります。
だから、いつも同じメイクなんてもったいない! 

例えば、仕事場はナチュラルメイク、女友達との遊びはトレンドメイク、デートは甘めメイク、パーティはエレガントなメイク......とシーンに応じてメイクを変えるべきです。

男性は、シーンに応じてイメージチェンジをするあなたにドキッ。
メイクでギャップを演出するのです。

色っぽ美人③「自分の素材を生かしたメイク」

カラコンや厚化粧など、現代はあらゆるメイク方法やアイテムがあるため、メイクのバリエーションは無限大です。

でも色っぽ美人は、カラコンといった人工物や、厚化粧で素顔を隠すということはしません。
必ず、自分の素材を生かしたメイクをするのです。

例えば、眉は剃りすぎず整える程度にしたり、カラコンはせず自目を生かしたり......
とにかくメイクで”自分を偽る”ことをしません。

メイクは女性の顔を美しくするものですが、やり過ぎてしまうと個性を無くすことになってしまいます。
銅像のような造り物から生気を感じられないように、人口メイクはその人本来の魅力を下げてしまうものです。

その人本来の個性が見えるメイクが、男性が色っぽいと感じる瞬間です。

色っぽ美人④「メイクで抜け感を出す」

ファンデも、アイメイクも、リップも全部をきちんとメイクしてはいけません。

男性は”抜け感”のある女性を好むので、完璧に仕上げた女性は美人と感じても、色っぽいとは感じにくいようです。

”色っぽさ=抜け”
これは絶対のテーマです。

リップに重点を置くならアイメイクはナチュラルにするなどし、どこかにワザと抜けをつくりましょう。
抜け感のある女性の方が隙を感じ、男性も惹き付けられていくのです。

色っぽ美人の特徴をまとめると、”湿度””ギャップがある””ナチュラル””抜け感がある”の4つです。
次の記事では、色っぽ美人になるパーツ別のメイクポイントをご紹介します。