「地味スゴ」で話題沸騰!エディターズバッグを使ったおすすめコーデ

FASHION

トレンドアイテムとして男女問わず人気を集めている「エディターズバッグ」。
今回は、エディターズバッグの概要とコーデ術をご紹介していきます!

エディターズバッグってなんだろう?

引用:zozo.jp

「よく名前は聞くけれど、エディターズバッグって実際どういうものなんだろう?」と疑問を持っている方も少なくないかもしれません。

エディターズバッグとは、ファッションに携わる人(主に編集担当)が持つバッグで、その多くはA4サイズも楽々収納できるサイズです。

レザー製のバッグでクールなデザインが多く、メンズ・レディースともに多数デザインのエディターズバッグが販売されています。

普段から荷物が多い人もガシガシ使えるので、デイリー使いでヘビロテする人も少なくありません。Balenciaga(バレンシアガ)やChloé(クロエ)など、高級ブランドのエディターズバッグから、現在ではプチプラで購入できるものまで幅広くあります。

エディターズバッグのおすすめコーデ:ワイドパンツでこなれ感を

引用:wear.jp

エディターズバッグの購入に悩んだら、まずおすすめしたいのが「ブラックカラー」のアイテムです。

合わせる洋服を選ばないのと、お仕事や普段使い、どちらにも利用しやすいカラーなので、使い勝手が良いんです。

トレンドのワイドパンツを合わせれば、一気に旬顔のコーデが完成します。

エディターズバッグのおすすめコーデ:3色にまとめたコーデ

カッコいいイメージのエディターズバッグですが、ブラウンカラーのものを選ぶことで、クールな印象を和らげることができます。

トップスもバッグと同じ色合いのブラウンで揃えると、より統一感のある洗練されたコーディネートに仕上がります。

エディターズバッグのおすすめコーデ:カジュアルコーデ

引用:zozo.jp

エディターズバッグは、服装やシチュエーションにこだわらず、気負わず持てるという点が魅力的です。

スカートにもパンツにも合いますし、きれいめコーデのカジュアルダウンに使えるほか、クールなコーデを引き立ててくれる効果もあります。
足元はヒールで女性らしさを演出すると、ヤボったくなりませんね。

エディターズバッグのおすすめコーデ:スポーティーコーデ

引用:zozo.jp

エディターズバッグは、スニーカーやニット帽など、ラフ&スポーティーな服装にもよく似合います。

斜めがけができるエディターズバッグも多くありますので、よりラフな印象を演出できますよ。

エディターズバッグのおすすめコーデ:レザーアイテムと合わせてカッコいいコーデに!

引用:zozo.jp

エディターズバッグは、レザー製のアイテムです。
そのため、同じくレザーのボトムスやトップスなどと相性抜群!

ポイントは、素材を合わせるアイテムは一つに絞ること。例えば、上下ともレザーにしてしまうと、いかつい印象になってしまいます。

「やりすぎないポイント使い」がカギです。

エディターズバッグのおすすめコーデ:フレアスカートと組み合わせてオフィスコーデに

エディターズバッグは、いずれも形や大きさが似ていますが、中には特徴的なデザインのものも多くあります。

編み込みタイプになっているものは、カジュアルから上品なコーデまで、様々な服装に合わせやすいです。フレアスカートと組み合わせれば、オフィスコーデにぴったりですね。

エディターズバッグのおすすめコーデ:モノトーンコーデの差し色に

黒やブラウン・グレーなどシックな色合いが多いエディターズバッグ。

思い切ってパステルカラーのアイテムに挑戦してみると、クールなイメージのエディターズバッグが、より上品で女性らしい印象に見えます。

モノトーンコーデの差し色としても使えるので便利です!

エディターズバッグのおすすめコーデ:適度な肌見せをして、こなれコーデに♪

引用:zozo.jp

色々な荷物がすっぽり入るサイズだからこそ、大きいバッグに視線がいきがち。

そんなときは、袖をまくったり、膝丈のスカートを組み合わせて、適度に肌見せすると地味に見えません。

バッグと同色系でコーディネートすると、洗練された雰囲気が漂いますね。

エディターズバッグのおすすめコーデ:ミニサイズのエディターズバッグはワンピースとの相性抜群!

最近では、従来のサイズのものばかりでなく、エディターズバッグでのデザインをそのままに、ミニサイズにしたアイテムも出ています。

通常サイズのものよりも華奢な印象になるため、女性らしいワンピースやセットアップ風に見せたファッションにもよく似合いますよ。

エディターズバッグのコーデ術などについてご紹介してきました。
やってみたい着こなしはありましたか?
持っているだけでこなれ感のあるエディターズバッグ。
ぜひオンオフのコーデに活用してみてくださいね!