我慢強いあなたへ。あなたがもっとワガママに生きてもいい3つの理由

LIFESTYLE

あなたは我慢強いほうですか?ワガママに生きていますか?
我慢強いのが偉いとか、ワガママに生きていることが自分勝手とか、そういうのは実は関係ないんです。
今回は、「あなたがもっとワガママに生きてもいい理由」をお届けします。

「「もっとワガママ言ってみたら?」」

先日、友人に「もっとワガママになってみたら?周りに、ワガママ言ってほしい、もっと甘えてほしいと思ってる人もいるかもしれないよ?」と言われました。

私はそれまで、結構ワガママを言っていると思っていたので、とても意外だったんです。

そこで「(甘えるというような良い意味で)ワガママになる」とはどういうことなのか考えてみました。

もっとワガママに生きてもいい理由①「甘えられるのを期待している人がいる」

もしもワガママを言いたくなったとしても、「相手の負担になるんじゃないか?」「自分勝手な考えなんじゃないか?」と、ためらってしまうもの。

しかし、自分のワガママが相手のためになる場合もあるんだと、友人に教えられたんです。

私が甘えてくれる、わがままを言ってくれる、頼ってくれるのを期待している周囲の人たちが絶対にいると。

もっとワガママに生きてもいい理由②「人間関係は意思表示あるのみ」

人間関係はお互いに意思表示をしなくては成り立ちません。
それを知っていても、言えることと言えないことがあります。

「この考えはきっと自分のワガママ…。だから言わないでおこう。」
そうではないんです!
我慢せずに思っていることを言わないと、相手もどうしていいかわかりません。

相手とまったく意見が異なってもいいんです。
違って当たり前と思いましょう。

もっとワガママに生きてもいい理由③「対等な立場でいるべきだから」

あなたが我慢して、ワガママを言わないことで、すべて相手の思うようにことを運ばせる必要はありません。

その状況は、相手に“ワガママさせている”といっても変わりないこと。
本当は、“わがままする/させる”のは、その相手でもあなたでもどちらでもいいんですよ。

ならば、お互いがWin-Winな条件で付き合っていったほうがいいですよね。
お互いがワガママを言い合って、譲り合ったり妥協したりしながら、人間関係は発展していくんです。

いかがでしたか?
ワガママは我慢するものじゃないんです。
自分の考えを相手に伝えるために必要なこと。
あなたがワガママと思っていることは、相手にとっては“ワガママじゃない”と思っているかもしれませんよ◎