雑誌連動

パンクしてしまう前に良い人やめてみない?疲れた時に有効な考え方4つ

♡4MEEE magazine Vol.2 p.126〜「憧れの先パイ女子がアラサー期までにしていたコト」

何かを頑張っている時、頭がいっぱいになってしまうことがありますよね。
そういう時は、努力が空回りしてしまうなど、何かと上手くいかなくてモヤモヤしてしまうという方も少なくないようです。
そういった状況を打破するために、考え方を変えてみるのも一つの手。
今回は、疲れた時に有効な考え方をいくつかご紹介していきます♪

パンクする前に!疲れた時の考え方①「~じゃなきゃいけない」の思い込みを排除してみる

何か行動している時は、意識的にも無意識にも「~じゃなきゃいけない」と思っていることが多いです。

意識的なものは問題ないことが多いのですが、無意識にそう思っている場合は、意外とそうじゃなくても良い場合が多く、その概念を捨てることで気持ちが楽になることも♪

客観的な意見をしっかりと聞くことで、自分では気づきにくい固定概念に気づきやすくなるので、行き詰まった際は、第三者の意見を聞いてみると良いでしょう。

パンクする前に!疲れた時の考え方②良い人を辞めてみる

誰かに良い印象を与えたいという方は多いかと思いますが、必要以上に我慢をした上での“良い人”になってしまうのは、あまり良いことだとはいえないでしょう。

必要以上の良い人を辞めることができると、以下のようなメリットなどがあります。
・自分の意見を言えるようになる。
・自分を大切にできるので、自分に自信がつきやすくなる。
・必要以上に頑張ったり、我慢したりすることが減る。

良い人を辞められると、無駄に背負ってしまっていたことから解放されることが多いので、ストレスが軽減されますよ♪

“良い人”は、“優しい人”という良い印象を与えることもありますが、“こきを使い易い人”や“意思が弱い人”などと、マイナスなイメージを持たれることもあります。
普段から「Noと言えない」という自覚がある人は注意しましょう!

パンクする前に!疲れた時の考え方③あえていつもとは正反対の発想をしてみる

どうすれば良いのか分からず、行き詰まってしまった時は、普段自分では考えつかないような方法でアプローチしてみるのも良いでしょう。
しかし“普段考えつかないようなことを考える”なんて、簡単なことではないですよね……。

コツとしてはそういう時こそ、大胆な発想をすること。
例えば、いつも自分がしている行動とは正反対の行動をしてみるなど、あえて自然に出てきた考えとは真逆のことをしてみるのもおすすめです♪

この方法だと、普段の自分の考え方から辿っていけるので簡単ですよね。
普段と違うことをするのは勇気が要りますが、一度そういう経験をしてみると度胸が付いて、その後何かをする時の助けにもなりますよ。

パンクする前に!疲れた時の考え方④切り捨てられる妥協点を探してみる

何かしら妥協しないとどうしようもない場面に出くわすことがありますよね。
思い切って妥協点を切り捨てることができると、心に余裕ができますが、何を切り捨てるかの選択をするのは難しいものなので、そこで行き詰まってしまう方も多いことでしょう。

妥協点を探し出すには、まず逆に絶対に譲れないものを挙げていくと良いです♪
そこで出た譲れないことを軸に考えていくと、妥協することへの抵抗感が下がりやすいので、実行に移しやすくなりますよ。

とりあえず行動してみることで、「悩んでいたことが、実は悩むまでもないようなことだった」などという声をよく聞きます。
とりあえず思い切って行動してみると、妥協点だったはずのことも妥協点に思わなくなることも少なくないようです。
疲れた時に有効な考え方をいくつかご紹介しました!
何かに追い詰められている時は、疲れも出てきて、頭がいっぱいいっぱいになりがちですが、ちょっと気分転換をしてみるだけで状況が好転することもあります。
臨機応変に考え方を変えて、スマートに乗り越えられると良いですね♪

【関連記事】考えすぎはNG!時にはゆる〜く考えて♡スランプを抜け出す方法6つ

何かに集中して頑張っていれば誰もが経験するスランプ。スランプにハマるとやる気も失われ、...

パンク 疲れた 考え方

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

内山愛

3歳の女の子のママです♪
ファッション、映画、旅行、音楽、料理が好きです✨

>もっとみる