耳たぶをキラキラさせてみて♡トレンドの「ラメメイク」のコツ4つ

BEAUTY

2017年の夏は、ナチュラル系メイクがトレンドのひとつですが、その一方で、華やかに仕上がるラメメイクもブームの予感!
そこで今回は、キラキラを演出するのに欠かせない「ラメメイク」のコツをご紹介します♡

楠原諒子
楠原諒子
2017.06.13

2017夏トレンド「大人のラメメイク」のコツ① 繊細なラメを選ぶ

トレンドのラメメイクの大きなコツは、ラメの選び方です!

アラサーくらいの方やラメメイク初心者さんには、派手すぎず使いやすい繊細なラメが入ったコスメがおすすめです♡
色も控えめなものがいいですね。

アイシャドウなら、定番のブラウンやベージュがベースのものが使いやすいです。
老けて見えがちなくすみカラーのコスメを選んでも、繊細なラメが入っていれば、ちょうどいい品を演出できますよ。

また、ラメメイク初心者さんにひとつ気をつけて欲しいことがあります。

いきなりラメ入りリップを選ぶと、メイクのバランスの鍵を握る唇が、変に目立ってしまうおそれがあります。
リップは、ラメコスメを他のパーツで使いこなせるようになってから取り入れるのが、ベターです!

2017夏トレンド「大人のラメメイク」のコツ② 他のパーツは引き算

先ほども触れましたが、トレンドのラメメイクのコツはバランスなので、ラメコスメを使うパーツ以外は、引き算を意識しましょう。

たとえば、ラメアイシャドウを選んだのなら、リップはカラーレス、チークレスに仕上げるのもありです。
グッと大人度を上げたいときは、マット系のコスメを合わせると◎
落ち着いた雰囲気がいっきに出ますよ!

また、アイシャドウ・チーク・リップすべてにラメ入りコスメを選ぶのなら、しっかりメリハリをつけましょう♪

たとえば、ラメが多いアイシャドウにほんのりラメが入ったチーク&リップを合わせれば、光をコントロールできますよ。

2017夏トレンド「大人のラメメイク」のコツ③ ラメを部分使いする

ラメメイクを部分使いすると、ちょうどいい軽さを演出できます。

まぶた全体に単色のラメアイシャドウを塗ってもいいのですが、キツい印象になりがちなので、目頭〜真ん中辺りにだけつけるのがコツ♪
眉の下までしっかりつけてOKです。

また、眉尻の辺りに、ホワイト系の明るい発色のラメアイシャドウを薄〜くのせると、トレンド感がいっきに出ますよ!

2017夏トレンド「大人のラメメイク」のコツ④ 耳たぶにラメをオン

チークとリップは、先ほど触れたようにバランスだけ気をつけて、繊細なラメや控えめな色を選んで軽くのせるのがコツ。

目元、頬、口元のラメメイクを制覇したら「耳たぶラメメイク」に挑戦してみませんか?

「耳チーク」ならトレンドネタで聞いたことがある方も多いと思いますが、夏はキラッと光るラメアイシャドウやチークを使ってみましょう!
可愛くなりたいならピンク系、夏らしい華やかさが欲しいならゴールド&シルバー系を選んで、耳たぶに軽くのせるだけ♡

ピアスの穴を開けていない方も、簡単に耳のおしゃれができますね。
夏のアップヘアスタイルも、耳たぶラメメイクが盛り上げてくれますよ♪

耳たぶラメメイクは、運気が上がるなんて噂もあるので……テンションが下がりがちな梅雨時期から取り入れて、夏を楽しく迎えにいきましょう!

トレンドの「ラメメイク」のコツをご紹介しました♪
ラメメイクで魅せるなら、ファッションは、黒やネイビーのシャツワンピース、ホワイトやベージュを使った淡コーデがおすすめです。
キチンと感と清潔感を出せば、大人のラメメイクが完璧に決まりますよ!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。