政府も推奨してる!お昼寝の効果と快適な仮眠のとりかたとは?

LIFESTYLE

気温が高くなってくるとダルくなってきて、最終的には眠たくなりませんか?!
ランチの後も、集中しなくちゃいけない時間帯にもかかわらず、突如、睡魔が襲ってきたりしますよね?!
そんなときの解決方法を見つけました!

\ What's Power nap? /

引用:www.lifewithoutanorexia.com

“パワーナップ(Power nap)”という言葉を聞いたことはありますか?

これは、午後一番に眠たくなってきた頭をすっきりさせることを意味していて、「戦略的昼寝」と表すことができます。

提唱者のJames Maasさんは、パワーナップに最もふさわしい睡眠時間は【15分から20分】と言っています。

椅子に座りながら机に突っ伏して仮眠をとってもよいですが、理想は、体を横にし、静かな環境でぐっすり眠ることなのだそうですよ。

\「ゴゴイチの昼寝」は日本政府が推奨していた!/

なんと、実は日本政府が昼寝を推奨していたんです!
2014年に厚生労働省が「健康づくりのための睡眠方針2014」という資料を発表していたのでした。

その内容はというと、「午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業効率の改善に効果的」というもの。確かに、いったん眠気と格闘し始めると、ほかのことは考えられなくなってしまいますもんね。

仕事中に昼寝をしていると、怠け者のように見えてしまいますが、この日本政府が発表した資料のおかげで、みなさんが睡魔と格闘する必要がなくなる日がやってくるかもしれません!

\ 快適なお昼寝をするためには? /

引用:www.telegraph.co.uk

では、平日のお昼に効率的に快適な睡眠へ導くためには、どうすればよいのでしょうか。

例えば…
✔周りの人に許可を取っておく
✔昼寝をすることで作業に遅れが生じないよう、スケジュール管理をしっかりする
✔確実に昼寝の時間を決めておく
✔常日頃から生活リズムを整える

ただ、今は職場や大学の教授に「昼寝します!」と許可を取るのは難しいかもしれませんね。でもいつかこんな日が来ることを夢見ましょう!

\ 許可なし「1分間仮眠法」の方法を教えて! /

昼寝申請が行える日が来るのは、きっと数年後です。もしかしたら数十年後かもしれません。
そんなに待てないよー!今すぐ寝たいよー!という人におすすめなのが「1分間仮眠法」。

方法は超簡単♪
【1分間目をつむる】
たったこれだけ!

「1分間って、それ寝てないじゃん」と言われそうですが…。
実は脳にとって、視覚情報はとても負担になるそうなんです。
そこに1分間だけでも目をつむって視覚情報をシャットアウトすることにより、脳を休ませてあげることができるんだとか!

20分程度の昼寝ができる環境であるならば、ぜひとも実行してほしいですが、不可能な場合は「1分間仮眠法」を試してみてください♡

日本人は世界的にも睡眠時間が短い国で有名です。
2014年に日本政府も真剣に国民の睡眠事情について考えました!
この昼寝の効果が広まって、睡魔と戦う日々がなくなったらいいですよね。