林真理子の本を読めば美しくなる!おすすめ小説4つ

LIFESTYLE

女のずるさ。強かさ。そして可愛らしさ。美しさ。
そんなものをとても巧みに、小説で表現するのが作家・林真理子さん。
林真理子さんの本を読めば、心が磨かれ美しくなる?そんなおすすめの小説とエッセイの紹介です!

林真理子さんのおすすめ小説①女の恐さが12編「ミルキー」

出典:www.amazon.co.jp

林真理子さんのおすすめ小説、1冊目は、女性の普段は隠している本性を12の短編に詰め込んだ小説です。

恋愛の駆け引き、同性間でのバトル、結婚後の不仲、不倫。
そんな女性の醜さや強かさが、これでもかというほど出るストーリーばかりです!
「読んでいてゾッとした」という感想も多いのは、それほどにリアルな女が小説に描かれているという証拠。

12の短編に出てくる登場人物たちの女らしさに、自分を見つけてしまうかも。
そして、覚えるのは共感か、同族嫌悪か?
綺麗事ばかりじゃない、リアルな恋愛小説を読みたい方におすすめです!

林真理子さんのおすすめ小説②anan掲載のエッセイ総集編「美女入門」

出典:www.amazon.co.jp

林真理子さんのおすすめ小説、2冊目の紹介です。
雑誌ananに掲載されていたエッセイを加筆修正して、まとめて本にしたのが、この「美女入門」。
歯に衣を着せず、なんでもズバズバと言ってしまう林真理子さん節を堪能できる、おすすめの一冊です。

何故でしょう?
林真理子さんの言う悪口は、何故か嫌味じゃありません。
あまりの赤裸々さに、いっそどこか清々しささえ感じてしまう。そんな林真理子さんの魅力が溢れている、エッセイ本です。

もちろんきちんと美女のなんたるか、についても触れているので、美女を目指す全ての女性に読んでもらいたいおすすめです!

林真理子さんのおすすめ小説③痛い恋愛を見事に描いた「anego(アネゴ)」

出典:www.amazon.co.jp

3冊目の林真理子さんのおすすめ小説です。
2005年に篠原涼子さん主演で、テレビドラマ化もされた「anego(アネゴ)」。
大手商社に勤める33歳の独身OL「野田 奈央子」が主人公のこの小説もまた、不倫や性、泥沼な恋模様などが、赤裸々に描かれています。

姉御的存在の野田の恋模様は、なかなか荒れ模様です。
しかし、その荒れ模様もリアル。実際に、自分にもあり得るかもと感じさせられます。
だからこそ、「ああ、いけないとは思いつつも、自分もこんなときにはこうしてしまうな……」と主人公に同情してしまうような、痛いところをとにかく突いてくる小説です!それが林真理子さん節。

この小説もまたゾッとします。でも、それを味わってもらいたい!
おすすめの小説です。

林真理子さんのおすすめ小説④記念すべき第一作目のエッセイ「ルンルンを買っておうちに帰ろう」

出典:www.amazon.co.jp

最後に紹介する、林真理子さんのおすすめ小説です。
女なら誰でも感じたことがあるであろう「ヒガミ」「ネタミ」「ソネミ」。
そういったものを全部「そんなにカッコ悪いものかよ?」とたたっ斬るのが林真理子さん!

今では、たくさんのエッセイを世に出している林真理子さんですが、その記念すべき第一作目となるのがこの「ルンルンを買っておうちに帰ろう」です。
しかし、一作目から見事に林真理子さん節が炸裂しておすすめです。
赤裸々に女というものを語ります。

林真理子さんのように自信を持って、胸を張って歩けたら、私ももっと美人に見えるかも?
そんな気分にさせられる、おすすめの一冊です!

近年、改めて新装版がまとめて出されるなど、若者にも大注目を受けている林真理子さん。
彼女の世界観はとても独特ですが、酸いも甘いも噛み分けたようなおすすめ小説を読んで、女の本当の美しさを手に入れたいものです。