【面長編】ハイライトの入れ方とは?光を利用して小顔を目指せ♪

美人な印象が強く、大人っぽく見られることが多い面長さん♪
男性ウケもいいのですが、小顔を目指したい、立体感のある印象にしたいと思っている女性も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、小顔&美人度がアップするハイライトの入れ方をご紹介いたします。

面長とは?特徴や見分けるポイント♡

眼鏡をかけた女性

丸型やベース型、逆三角形型など、顔の形にはさまざまなタイプがありますが、その中でも美人の条件に当てはまる顔型だといわれているのが“面長タイプ”です。
理想な顔型だといわれているたまご型に一番近く、シャープなフェイスラインが特徴。

そのため、「大人っぽい」「知的」「美人」というイメージを持たれることが多いのではないでしょうか。
その一方で、実年齢より上に見られてしまったり、近寄りにくいイメージを持たれてしまうことも……。
また、顔の縦の長さをコンプレックスに感じている女性も少なくないようです。

《面長の比率》
眉から口角までの長さと、口を軸にした横幅が3:2である。

理想的なたまご型は縦と横の割合が1:1だといわれているので、ハイライトの入れ方を意識して小顔&たまご型に近づけてみましょう。
コンプレックスをカバーしながら、美人度をアップさせることができますよ。

面長さんにおすすめのハイライトとは?

振り向いた女性

面長さんがハイライトを入れるときのポイントは、コンプレックスを抱えている女性が多い縦長感を自然にカバーするために横幅を意識すること

メイクをする上で欠かせないアイテムになったハイライトは、入れたところに光を集め、明るく見せたり、高く見せたり、広く見せたりすることができます。
そして顔全体に立体感を出してくれるので、縦幅を意識して入れてしまうと逆に縦の長さが強調され、顔が大きく見えてしまう可能性があるんです。

ハイライトを上手に利用して横幅を広げることができれば、美人で大人っぽい雰囲気はそのままに、女性らしい柔らかみのある雰囲気がプラスされるので、モテ度アップを狙うことができますよ。

それでは早速、パーツ別に面長さんのハイライトの入れ方を見ていきましょう。

面長さんのハイライトの入れ方①Tゾーン

メイクをする女性

横幅を意識しながら、まずはTゾーンのハイライトの入れ方からご紹介いたします。

《面長さん向け!Tゾーンのハイライトの入れ方》
①横幅を意識したい面長さんは、おでこのハイライトゾーンを横長に広く入れます。
②眉の中心まで行くようなイメージで、細く横に長い円を描くようにサッとのせます。
③おでこのハイライトと繋げるように鼻筋にものせましょう。

おでこのハイライトは狭く、鼻筋のハイライトは短めに入れることを意識してみてください。

鼻先までハイライトを入れると、テカって見えてり、団子鼻に見えたりしてしまう可能性があるので、鼻の中央部分までに留めておくといいですよ。

鼻筋のハイライトで縦長感が目立ってしまうようであれば、おでこと鼻筋のハイライトの間に少し隙間を作り、鼻先まで入れないようにサッと入れる方法もおすすめです。
そうすれば立体感をキープしたまま、縦長感を上手にカバーできます。

面長さんのハイライトの入れ方②目の下の三角ゾーン

メイクをする女性

Tゾーンのハイライトの入れ方が分かったら、次は目の下の三角ゾーンに入れてみましょう。

《面長さん向け!目の下、三角ゾーンのハイライトの入れ方》
①目の下の三角ゾーンもおでこと同じように横長になるように入れていきます。
②横の長さは目頭から目尻までを意識し、縦の幅はやや狭くしてみましょう。

横長を重視していますが、つられて縦幅が広くなると顔が大きく見えてしまうので注意してください。

目元周辺が明るくなることで、ハリのある若々しい印象にすることができます。
さらに横幅が出ることで優しい雰囲気になるので、近寄りにくいというイメージもカバーできそうですよ。

面長さんはあご先にハイライトを入れない!シェーディングの入れ方もマスターしよう♪

頬に手を添える女性

一般的なハイライトの入れ方であれば、Tゾーン、目の下の三角ゾーン、あご先に入れますが、面長さんの場合はあご先に入れてしまうと縦長を強調してしまうので入れないのが鉄則!

Tゾーンと目の下の三角ゾーンに横広く入れたら、あご先にはシェーディングを入れてみましょう。
シェーディングは影を与える役割をしてくれるので、すっきり見せたい部分に入れることで立体感や小顔、理想的なフェイスラインに近づけることができます。

《面長さん向け!シェーディングの入れ方》
①あご先に入れる場合は、自然に溶け込むようにフェイスラインからあごにかけて入れます。
②首とフェイスラインの境目をぼかして馴染ませましょう。

また、面長さんの場合は、左右のこめかみを繋げるようにおでこの生え際にシェーディングを入れるのもおすすめです。
おでことあごの面積が狭くなり、より小顔に見せることができますよ。

面長さんが意識したい!ハイライトの選び方や入れ方&注意点!

コスメとメイク道具

パーツごとにハイライトの入れ方をご紹介しましたが、ハイライトの選び方や入れるときにもいくつかポイントがあります。

《ハイライトを選ぶときのポイント》
ハイライトは白だけでなく、色付きタイプもありますよね。
失敗のない仕上がりや、メリハリのある仕上がりにするならベーシックな白いハイライトがおすすめですが、透明感を出したいときはブルーやラベンダー、くすみを飛ばしたいときは暖色系のハイライトを選ぶといいですよ。

《ハイライトを入れるときのポイント》
面長さんは横幅を意識してハイライトを入れるので、ブラシを使ってサッとのせるのがおすすめです。
ただし、目の下の三角ゾーンの縦幅や鼻筋など、広く入れ過ぎないか心配な場合はクリームタイプのハイライトでポンポンと指を使って入れていくといいですよ。
同じ場所に塗りすぎて不自然にならないよう、全体のバランスにも注意しながらナチュラルに塗ってみてくださいね。

【番外編】ハイライトの入れ方だけじゃない!面長さんのメイクポイント。

メイクをする女性

ハイライトやシェイディングの入れ方をご紹介しましたが、他のメイクポイントを意識することでさらにバランスの整った印象に仕上げることができます。
そこで覚えておきたいのが、チークの入れ方です。

《面長さん向け!チークの入れ方》
①チークもハイライトやシェイディングと同じように横長を意識したいので、笑顔になったときに一番高い頬の位置から斜め上へ入れます。
②顔が大きく見えないように小さく入れるのではなく、広めに塗るのが◎

チークの色選びに迷ったときは、肌馴染みのいいコーラルピンクやサーモンピンクがおすすめです。

また、縦幅をカバーするなら眉はやや太めの平行眉にするといいですよ!

【番外編】ハイライトの入れ方だけじゃない!面長さんに似合う髪型のポイント。

風船を持つ女性

ハイライトの入れ方やメイクポイントだけでなく、髪型を意識することも面長をカバーする有効な手段の一つになります。

面長さんに似合う髪型は、“トップのボリュームを抑えて、フェイスラインのボリュームを意識した髪型”です。
フェイスラインの髪にふんわり感が出るように意識したひし形シルエットであれば、小顔効果が期待できますよ。

また面長をカバーするなら、センターパートなどでおでこを出すのは基本的にNGだといわれています。
もし、長い前髪を活かしたい場合は7:3などで分け目を作り、片目にさり気なくかかるように斜めに流すのがおすすめです。

ロングヘアも縦の長さが強調されやすいので、パーマなどのウェーブでふんわりセットするといいですよ。
面長さんにおすすめのハイライトの入れ方をご紹介させていただきました。
面長さんには面長さんに合ったハイライトの入れ方をすることで、小顔&理想的な顔に近づけることができます。
美人である面長の魅力を活かしつつも、さらに魅力を上げるためにハイライトを上手に活かしてみてくださいね。

【関連記事】【丸顔編】ハイライトの入れ方とは?光をコントロールして美人顔へ。

人には面長型やベース型など、さまざまな顔の形があります。その中でも可愛らしい印象を与え...

ハイライト 面長 メイク

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる