朝から晩まで!24時間「育菌」生活で目指せ健康体♪

BEAUTY

自分自身で自活力を高め、菌を育てる「育菌」を生活に取り入れる方が増えています。
キレイな人は取り入れていると噂の「育菌」。
あなたも生活に取り入れてみませんか?

What's「育菌」?

キレイな方はこぞって実践していると噂の「育菌」とは、一体何なのでしょうか?

実は、育菌の鍵となるのは「腸内フローラ」と呼ばれる大腸に生息する菌。
実はこの腸内フローラこそが美容や健康の鍵を握る、必要不可欠な菌なのです。
腸内フローラの効果はこちら♪

✔︎太りにくくなる!
腸内フローラを整える事で、実はダイエットにも効果があるんです!腸内フローラが整った状態は代謝を上げてくれ、脂肪蓄積を防ぐ腸になります。つまり、太りにくくなるということ。

✔︎お通じが良くなる!
腸内フローラが整うことは、大腸の働きもよくなります。便を送り出す動きが活発になって、便秘も解消するという効果も♡

✔︎肌トラブルにも強く!
腸内が整うことは、実は肌トラブルにも直結します。腸内環境が良くなると悪玉菌が減り、吹き出物の原因ともおさらば!肌荒れしづらく、さらに肌ツヤも良くなる効果も♡

✔️免疫もアップ!
腸内フローラを育てる事は免疫細胞である「NK細胞」が活性化するという研究結果も出ており、風邪やアレルギー予防にも効果があるのだとか!

育菌をすることで、こんなに良いことがたくさんあるんですね♪
では、実際にはどのように取り入れていけば良いのでしょうか。

朝の育菌には「ヨーグルト」!

まず朝起きた後には、腸内に菌を投入してあげるところから♡

乳酸菌やビフィズス菌など、腸内フローラを整えてくれる「善玉菌」を腸に入れてあげるため、「ヨーグルト」を朝食にプラスしてみてください♪

その他、キムチや納豆など、朝に発酵食品を取り入れてあげるのも効果的です!

昼の育菌には「水溶性食物繊維」をプラス!

出典:www.recipe-blog.jp

昼は外食が多く、バランスが崩れやすいので「水溶性食物繊維」として、フルーツや野菜スープを取り入れてみて♪

ゴボウ、ニンジン、カボチャ、ブロッコリーなどは水溶性食物繊維の多い食材。
フルーツをカットして持っていくも良し、スープをジャーに入れて持っていくも良し♪

育菌生活にぴったりなゴボウ+麹入りのスープレシピはこちら。

根菜たっぷり塩麹ポトフ

夜の育菌には「プチヨガ」でリラックス

実は、育菌生活にはストレスは大敵!
リラックスをすることは、腸内フローラを育ててあげるためにとっても大切なんです。

寝る前には、一日こわばった体と精神をリラックスさせてくれる「プチヨガ」を取り入れてみては?

【やり方】
仰向けに寝転がって膝を立て、手は地面に。
ゆっくりと右側に膝を倒して伸びをして。
5秒経ったら膝を元に戻して逆側も。ゆっくり呼吸をしながら行うことで、リラックスできて眠りが深くなる効果も♡

朝、昼、晩24時間腸内環境を整えたい♡そんな「育菌」生活のポイントをご紹介しました。
食べ物だけでなく、ストレスをためない生活も重要なので、楽しみながら行ってみてくださいね♡