彼に素を出せない……。「甘え上手な女」になるための4つのルール

毎回、彼氏はできても素をだせないまま、お別れすることに……。
そんなとき彼の肩にうずくまるかのように顔を寄り添い、歩いている女性の姿を見て苦しくなってしまったり……。たとえ今は甘え下手で苦戦していても、意識すれば少しずつ彼に甘えられるようになるはず♡
そこで今回は「甘え上手な女」になるための4つのルールをご紹介いたします。

「甘え上手な女」になるためのルール その1:「別れ」や「喧嘩」を恐れない

ようやく出会えた彼。
だからこそ自分のダメな部分を隠そうと、強い女を演じていませんか?

たしかにあなたが強くいれば、喧嘩もせずに平穏な日々が過ぎていくでしょう。
しかし、どちらかだけが一方的に我慢しても、おそらく長続きはしないはず……。

甘え上手になりたいのなら、別れや喧嘩を恐れずありのままの姿で彼に接することが大切。
たとえ、この先衝突することがあっても、素を出し合える関係であれば、きっと乗り越えていけます♡

飾らない自分を見せて、弱い部分も彼に受けとめてもらいましょう!

「甘え上手な女」になるためのルール その2:彼を信じて甘えてみる

自分ではない誰かに対して甘えるということは、とても勇気が要ります。
彼を信じることができなければ、一生甘えることなく過ごさなくてはいけません。

今までずっと彼に甘えられずに一人で頑張ってきてしまっているのなら、今度こそ彼を信じて、とことん甘えてみませんか?

きっと彼が「大丈夫?」と声をかけたときに「なんでもない!」と突き返すよりも「辛かったんだ!」と彼の肩によりかかりながら、涙を流したほうが二人の絆も深まります。

ずっと側であなたを見守ってきた彼なら、もう全身でよりかかっても問題はないでしょう♡

「甘え上手な女」になるためのルール その3:感情を抑えなくていい

感情を抑えれば、デキる女と呼べるわけではありません。
感情を見せずに甘え下手でいても、彼からしてみれば何を考えているのか分からなくなるでしょう。

仕事で辛いことがあったのなら、辛いと言えばいいんです。
寂しい気持ちが出てきたのであれば、そのまま「寂しい」と伝えればいいんです。

自分の気持ちを受けとめてくれる存在がいるのなら、そろそろ仮面を外して、ありのままの自分をさらけだしてみませんか?

「甘え上手な女」になるためのルール その4:素直に自分の気持ちを伝えよう

何年付き合っていても、言葉に出して伝えなければ分からないことはたくさんあります。
LINE(ライン)では何かと揉めてしまっても、実際に会って話し合うことでお互いの気持ちが分かることなんて、何度も何度も訪れます。

今よりももう少し甘え上手になるためには、自分の気持ちを素直に伝える勇気も必要。

たとえばデートをしていて解散する時間が近づいてきたとき、たまには「もう少し一緒にいたい」「帰りたくない」と弱音を吐いてもいいんです♡

常に強がっていても、いつかは疲れてしまいますよ!
甘え上手は、愛され女の特徴でもあります。
今よりももっと彼を一途な男にしたいなら、感情を抑えずに堂々と表現することも大事。
閉じかかっていた心もオープンにすれば、二人の関係性もさらに良い方向へと動きだすでしょう♡

【関連記事】実は長女は甘えんぼ♡生まれた順から読み解く女子の恋愛傾向

生まれた順番や、家族構成が恋愛に影響することをご存知ですか?今回は、女子の恋愛傾向を一...

甘え上手 ルール ツンデレ 愛され女

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる