やっぱり睡眠が1番の美容法。質の良い睡眠がキレイを作るんです♡

スキンケアやインナービューティー、マッサージなど様々な美容法がありますが、睡眠に勝る美容法はなし!
美肌や艶髪、しなやかボディを作るためにも睡眠が大きく影響しているのです。
今回は、キレイを作る睡眠の方法をお教えします♡

やっぱり睡眠が1番の美容法。キレイになる睡眠の仕方って?①入眠前にはリラックス

睡眠の効果をしっかりと得るためには、質の良い睡眠が大切です。
どんなに睡眠時間を長くとったとしても、睡眠の質が悪ければ疲れは取れず美容効果も半減……。

良質な睡眠をとるためには、眠るときにリラックスした状態で、睡眠ホルモンのメラトニンが正常に分泌されていることが大切です。
そのため、就寝1時間前には蛍光灯から間接照明に切り替えたり、スマートフォンの液晶画面は明かりを小さくしたり、なるべく明るい光を目にしないように工夫しましょう。

また、眠る時は部屋の照明や豆電球も消して、真っ暗な状態にするのがベストです。

食事は寝る3時間前までに済ませ、入浴後30分〜1時間くらいで眠りに就くとリラックスした状態で入眠できるのでおすすめです。

やっぱり睡眠が1番の美容法。キレイになる睡眠の仕方って?②90分サイクルの法則

睡眠中は浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠を交互に繰り返しています。
このサイクルが90分周期のリズム。

そのため、4・5時間、6時間、7・5時間など90分区切りで睡眠をとることがおすすめです。
そうすることでスッキリと目覚めることができ、日中も眠気を引きずらずにアクティブに過ごすことができるのだとか。

また、夜は自然と眠くなり「眠れない……」などの睡眠障害に陥ることも少なくなるのです♪

やっぱり睡眠が1番の美容法。キレイになる睡眠の仕方って?③成長ホルモンを十分に

成長ホルモンは、ノンレム睡眠時に集中して分泌されます。
成長ホルモンには疲労回復効果がありますが、睡眠中に疲労感が解消されず、睡眠不足があると肌のターンオーバーにも影響が出て、肌トラブルの原因にもなってしまうのです。

また、適切な睡眠時間は個々によって異なりますが、就寝時刻が遅く睡眠時間が短くなると、肥満になる確率が高くなるんだとか。

その理由は、食欲を抑えるホルモン分泌が睡眠不足により減少し、食欲を高めるホルモンの分泌が増大し食欲が増してしまうからだそうです。
夜更かしをすると、口寂しくなってついつい何か食べちゃうのには理由があったんですね……。

そして、成長ホルモンには脂肪分解作用もあるため、成長ホルモンが正常に分泌しないと、脂肪が上手く分解できずに肥満の元になる可能性も。

眠る前にはお気に入りの癒しミュージックをかけたり、お気に入りのフレグランスやアロマを香らせて、リラックスして眠りに就きましょうね。
いつも同じ香りや音楽にすると、体が自然と入眠前の習慣を覚えてすんなり眠りに入りやすくなるのでおすすめです♡

やっぱり睡眠が1番の美容法。キレイになる睡眠の仕方って?④睡眠ホルモンが鍵

睡眠ホルモンであるメラトニンは、質の良い睡眠にはマストで必要なホルモン。
身体的にも精神的にもストレスを癒やしてくれるのです。

また、活性酸素を除去してアンチエイジング効果が期待できるホルモンでもあるのです!
眠っている間にメラトニンが顔のくすみや肌荒れ、目のクマを予防してキレイを保つお手伝いをしてくれていたんですね♡

この恩恵を受けるには、メラトニンが分泌される時間帯にしっかりと睡眠をとることが大切です。
そのためには体温周期に合わせて眠ることがおすすめ。

体温は日没数時間後から下がり始めて深夜から明け方までは低い状態が続きます。
夜は22時以降なるべく早く眠りに就くことが理想的。
体温の低い時は体を休める、ということを意識することが美容にとっても大切なのです!
睡眠はお金もかからず、実は1番簡単な美容法ではないでしょうか。
ぜひ睡眠を少し意識してあげて、寝ている間にキレイを作りましょうね♪

【関連記事】美肌やダイエットにも◎ぐっすり眠ってキレイになる「眠活」のすすめ

どんな化粧品を使っても肌の調子が悪い……。ダイエットを頑張っているはずなのにイマイチ痩せ...

睡眠 美容法 キレイ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

岩間 あゆみ

Writer / Planner / Instructor
HP:http://ayumiiwama.com/

>もっとみる