デートは割り勘が正解!?女子の心境

LOVE

「女子とのデートは男子が多めに払うもの」「おごらないと嫌われちゃう」なんて思っていませんか?
しかしながら、女子はそこまでおごられることにこだわっていません。女子の本音をのぞいてみましょう。

女子の心境① 気になる男子に負担をかけたくない!

デートは、ふたりが楽しむものですよね。
どちらか一方だけが楽しむものではありません。

割り勘派女子は、ふたりで楽しんでいる代金を男子ひとりに負担させるのはすごく申し訳ないと思っているんです。

相手と対等でいるためにも、「私も楽しいよ!」という気持ちを伝えるためにも、「割り勘」を提案するのです。「割り勘」はあなたの気持ちを考えた上での配慮なのです。

女子の心境② しかしながら、1回目のデートでは男子に多く払ってもらいたい!

しかしながら、1回目のデートでは男子に多めに払ってもらいたいという気持ちがあります。

女子は、デートで男子に多く払ってもらえた代金で「彼がどれくらい自分を大切にしているか」を計るのです。

計画を練られていないデートだったり、安上がりなデートだと「私に興味がないのかな?」と判断してしまい、悲しい気分になるんです。

だから1回目のデートはちょっぴり多く払ってもらえると、女子は嬉しくなっちゃうんです♡

女子の心境③ 「割り勘にしよう」は女から言わせて欲しい

女子は、お会計の際気持ちよく割り勘にさせてもらいたいのです。

男子の方から「じゃあ、割り勘で!」と言われると、「オレ、君におごる価値ないと判断した!」と言われているようで気分が悪くなります。

なのでとりあえず、男子には全額払うスタンスでいてもらい、女子から「いくらだった?じゃあ、半分払うね」と言わせてもらいたいんです。

その流れだと「彼から大切にされている」と感じることがき、「私も彼を大切にしている」と満足できるのです。

女子の心境④ 「割り勘」で長くあなたと付き合いたい

恋人同士が一緒に過ごしていく上で必ず避けて通れないのが「お金」。

お金が捨てるほどある人なら話は別ですが、基本的に個人が使えるお金には限度がありますよね。

割り勘派女子は「割り勘」によって長い期間あなたとお付き合いしたいと思っているのです。

背伸びをせず、男女がお互いの金銭感覚を受け入れて、2人の心地よい金銭領域で生活していくほうが、不満や疑問を抱きませんよね。

「割り勘」は隠れた恋愛マナーでもあります。
むしろ、「おごってもらって当然!」というスタンスの女性とデートを重ねるのは将来に繋がらない可能性が高いです。

大切な人には負担をかけたくないんです。むしろ「割り勘」にされてイヤな心境になるということは、純粋に好きではないということ。あなたの運命の相手ではないので、会わない方がよいでしょう。