#恋愛初心者なおんなのこ 『東京で恋をすること −TokyoCircle- #12』

東京ではたくさんの人間関係が交差して、絡まって、
大きい一つのサークルみたい。

今すれ違ったあの人は、昔好きだった人だった。
隣のあの子は、わたしが好きなあの人の元カノかもしれないし。

いつも“どきどき、 キラキラ、わくわく”
だけじゃないけれどそれでも恋するのがわたしたち。



騒がしい東京の20代恋愛事情を
#うそつき恋人 #いじわる片想い #さよなら失恋
#なおんなのこ #なおとこのこ
などのテーマ別に毎週更新でお届けします

結婚ラッシュ<失恋ラッシュ

♫今週のBGM 「Rise」 /Katy Perry

一般的にいう、
結婚ラッシュの第一波とともに
わたしたちの周りには
’’失恋ラッシュ’’が来た。

24~26歳ごろ、
本来なら結婚式が続いて忙しくなるはずが
失恋が続いて、
結婚式に集まる親友たちの人数が
失恋に沈むおんなのこを
励ますことに全力を尽くすはめに。

自分の経験談を語り、
ひとりで過ごさせないように予定を詰めさせ、
繰り返し話を聞き、
繰り返し励ましの言葉をかけ、
皆乗り越えられたからあなたも大丈夫、
と言う。

失恋した本人以外のLINEトークができて
そこで本人の様子を報告しあう。
いつしか失恋介護のプロ集団みたいになった。

海外ドラマのフレンズの主人公たちみたいに
みんなでウエディングドレス着ての
ごっこ遊びはしたくない。

新たな恋のちから

失恋から立ち直る頃、
というか、結局、
本当の意味で失恋から立ち直るのは
次の恋が始まったときでしかない。

長年の恋人と別れたひとにとって
おとなになってから初めての恋。

学生時代に始まる恋と、
20代後半に始まる恋はまったく違う。

遥か昔した初恋につづく、おとな初恋のとき。
おとな初恋はなかなか心の体力を使う。

素敵とモテの違い

Rちゃんは素敵な子。
優しくて人の悪口を言わない、
男の人に媚びないし計算もしない。
料理が得意、
フラワーアレンジメントが趣味、
学生時代も、
学年の中でも常に中心にいた。

「好きな人、なんて何年ぶりかわからなくて。
 LINEも♡はだめなのわかってるけど
 スタンプとかキラキラとか
 そういうの多めのが可愛いかなーって。
 今は彼が好きだから他の人とはデートもしないの。」

鮮やかなカラーのワンピースに、
キラっと光るアイシャドウ、
大きなVカットのストーンをのせたネイルで
弾ける笑顔でそう言う。

それでも彼女はそのあと、
気になる彼に3回めのデートに
誘われることはなく
大勢で集まるパーティへの
プラスワンとしてのお誘いだけ受けていた。

素敵な彼女は
きっと彼の素敵なアクセサリーにはなっても
大人の男性の心を巧みに奪うことはできず
好きな人モテはしなかったみたい。

そんなRちゃんに対して
正直そこまですごい美人ではなくて
でも可愛げのあるKちゃんは
長年の恋人の陰でも
異性の関わりを絶たないで
いわゆる浮気もしつつ
遊んでいたから
おとな初恋もとっくに終えていて
すごい勢いで
ぽーんと新しい恋を成就させていった。

そして迷路へ

おとな初恋の落とし穴にはまった
Rちゃんのようなおんなのこは

「占いなんて信じない」
と言い切っていたのが嘘のように
占いにはまり、
自分の強みも弱みもわかっている大人だからこそ、
占い師さんにもらった言葉をお守りに
恋に臨んでいく。

モテに関するまとめをチェックして
本屋さんに売っているハウトゥー本を買い
大事な3か条と書かれているところを
写メして待ち受けにしてみたりする。

素直で素敵な、おとなの恋愛初心者たちはそうして
一生懸命に幸せの方角を目指していくの。
恋愛初心者のおんなのこたちにとって
おとな初恋の成就のためには
かなりの努力が必要。
それは間違いないんだと思う。
こういうことこそ、
どうして学校で習わないんだろうって
そんな風に何回思っただろう。

恋愛 いじわる片想い

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

一木美里

一木美里 Misato Ichiki
歌手/DJ/SamanthaThavasaGroupブランドレップ/コラムニスト
198…

>もっとみる