風邪だと思った引き始めにできる対処法♡悪化する前に体を労わろう!

季節の変わり目や、会社で風邪が流行っていると体調が崩れやすくなり、自分も風邪を引きやすくなってしまいます。
「まだ大丈夫」と思っていてはすぐに悪くなってしまいますから、「風邪かな?」と思ったらすぐに対策をとることが大切です。
そこで今回は、風邪の引き始めにできる対処法をご紹介いたします。

風邪の引き始めこそ早めの対処が大切!

ニットを羽織る女性

風邪とは、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、のどの痛み、関節痛、発熱といった症状の総称です。
これらの症状は比較的に軽いので、3~7日程度で治ることが多いのですが、それよりも長引くことも……。
また、風邪のときは体もだるくなってしまい辛いですよね。

だからこそ、普段の生活でしっかりと風邪対策を行う必要があるのですが、気を付けていても季節の変わり目や職場で風邪が流行っていれば、自分も風邪を引いてしまうことがあります。

仕方のないことですが、風邪の悪化を防ぎ、一日でも早く元気になるためには、「風邪の引き始めでどれだけ早く対処できるか」がポイントになってくるようです。

「まだ風邪じゃないから大丈夫」「気のせい」といって放置するのではなく、「風邪かな?」と思ったときこそ、対処法を徹底して取り入れてみてください。

風邪の引き始めの対処法①手洗いうがいを徹底する

水を出した洗面台

鼻がむずむずする、喉の違和感を感じる、何となく寒気がするなど、「風邪の引き始めかな」と思ったら、まずできる対処法は今まで以上に手洗いうがいを強化することです。

手は必ず殺菌作用のあるハンドソープを使用し、指と指の間や爪の間も徹底して洗うことを心がけてみてください。
帰宅後だけでなく、食べる前も洗うようにして、清潔な手を維持しましょう。

また、風邪予防の基本となるうがいも忘れてはいけません。
風邪の症状が、喉からくる女性も多いかと思いますので、うがい薬を使用してしっかりと洗浄するようにしてみてください。

うがい薬がなければ、抗菌作用があるといわれている緑茶でうがいをするのも有効です。
「アーイーウーエーオー」と声を出しながらうがいをすると、しっかり奥まで届けることができますよ。
痛みが引かない場合は、トローチやのど飴を舐めるといいでしょう。

鼻の粘膜からのウイルスの侵入を防ぐために、鼻うがいをするのもおすすめですよ。

風邪の引き始めの対処法②水分補給をこまめにする

コップを持つ女性

風邪の引き始めのときだけではないですが、水分補給を積極的にすることも対処法の一つです。

「何だか少し熱っぽい」というような状態にあると、水分がどんどん体内から失われてしまい、脱水状態になりやすくなるといわれています。
脱水はさらに免疫力の低下を招き、風邪を長引かせる原因にもなってしまうそうなので、積極的に水分補給をするように心がけてみてください。

そのときは体を冷やさないように、できるだけ常温水や白湯、冷やしていないスポーツドリンクや経口保水液を飲むようにするのが◎
秋や冬は特に喉が渇きにくく、摂取量が減ってしまいがちなので、つい飲むことを忘れてしまうようであれば1時間にコップ一杯飲むことを意識するといいですよ。

また、喉の痛みへの対処法を探しているなら、蜂蜜や生姜をお湯に溶かして飲むのもおすすめ!
蜂蜜には殺菌作用があるといわれていますし、生姜には体を温める効果も期待できるので、水分を摂りながら喉を菌から守り、風邪をひいたときの寒気にも役立ってくれますよ。

風邪の引き始めの対処法③食事で栄養をしっかり摂取する

野菜たっぷりのスープ

「風邪の引き始めは、何だか食欲もなくなってしまう」という女性もいるかと思いますが、そのときこそ食事で栄養をしっかり摂取するのも対処法の一つになります。

細菌やウイルスをやっつけるためには、食事から栄養を摂り、免疫力や抵抗力を高めることが大切だといわれているからです。
食べる量が減ってしまったり、栄養バランスが偏ったりしていては、元気もなくなってきてしまうので注意しましょう。

タンパク質、ミネラル、ビタミンA・C・E類は、免疫力をサポートする働きがあるといわれているので、栄養バランスを考えながら意識的に摂取してみてください。

そして栄養価が高いだけでなく、風邪の引き始めは消化が良い食事にした方がいいので、体が温まる煮込み料理などにするといいですよ。
体調が優れないときは料理を作るのも嫌になってしまうでしょうから、味付けは塩や味噌などでシンプルにしてみてくださいね。

風邪の引き始めの対処法④体を冷やさないために温める

窓際に座る女性

風邪の引き始めに効果的な対処法といわれているのが、体をしっかり温めることです。
寒気を感じれば自然に厚着をしている女性もいるかと思いますが、これは敵を追い払うための無意識の抵抗だといわれています。

体が冷えた状態のままだと、栄養素の分解や解毒などの働きが弱くなってしまい、血流までも悪くなってしまうそう……。
その結果、体内に不要な老廃物が溜まってしまうので、体本来が持つ治癒力が弱まり、風邪を長引かせる原因になってしまうといわれているのです。

風邪っぽいときはいつもより服を多めに重ねて着たり、タイツやマフラーつけたり防寒対策も徹底してみて!
使い捨てのカイロもあると便利ですよ。

また、寒さを感じないよう、一日の終わりはシャワーだけで済ませるのではなく、湯船に浸かって体の芯から温めるようにしましょう。
寝るときの靴下は、寝汗によって逆に冷えてしまう可能性があるので、靴下よりも湯たんぽなどで足元を温めながら眠りにつくのがおすすめです。

風邪の引き始めの対処法⑤部屋の換気や加湿を徹底する

おしゃれな部屋

部屋の換気や加湿を徹底することも、風邪の引き始めの対処法として◎
なぜなら、空気が乾燥していると、風邪のウイルスは力を増すといわれているからです。

風邪の引き始めであれば、加湿器を使って湿度を50%くらいに保ち、ウイルスの繁殖を防ぎましょう。
加湿器がなければ、濡れたタオルや洗濯物を室内に吊したり、コップにお湯を入れて置いたりしておくのもおすすめです。

また、加湿だけでなく換気をすることも大切なので、休みの日で家にいるのであれば2~3時間おきに窓を開け、部屋の空気と入れ替えるといいですよ。

風邪の引き始めの対処法⑥無理をしない

仕事をする女性

風邪の引き始めであれば、無理をしないことも立派な対処法になります。
「まだ大丈夫」と言い聞かせ、予定を詰め込んだり仕事を頑張りすぎたりしてしまうと、一気に疲れが溜まり、風邪の悪化や長引く原因になってしまうかもしれません。

ただでさえ風邪の引き始めは免疫力が低下している頃だといわれているので、長引いて迷惑をかけるよりも、休めるうちに休むのがおすすめです。

残業は控えたり、仕事終わりに飲みに行くことを控えたりするだけでも、体を休めることができますよ。

また、ダイエット中で食事制限をしていたり、ハードな運動をしていたりする女性も、一度休んだり緩やかな運動に変えてみたりしていて!
自分の体と相談しながら、無理しないようにしましょう。

風邪の引き始めの対処法⑦十分な睡眠時間を確保する

眠る女性

普段からも意識したいことですが、風邪の引き始めは特に十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

一日でも早く元気になるためには、暖かくして安静にし、ゆっくりと休養することが何よりの対処法!
睡眠中に分泌される成長ホルモンは、免疫力アップにも繋げてくれるそうなので、眠ければたっぷり寝るといいですよ。

また、就寝する前には温かい飲み物を飲んで体を温めたり、リラックス効果のあるラベンダーなどの香りを嗅いだりしてみて♡
質の良い睡眠をサポートしてくれるので、よりぐっすり眠ることが期待できますよ。

風邪の引き始めの対処法⑧葛根湯を飲む

お茶を飲む女性

「風邪の引き始めなら、すぐに葛根湯」といわれていますよね。
少しでも体調の変化を感じたら葛根湯を使った対処法を取り入れるのもおすすめです。

葛根湯とは、7種類の生薬からなる漢方薬の名称で、古くから親しまれているものなんだとか!

葛根湯は体の表面を素早く温めて、熱のバリアを強めてくれるそうで、風邪の引き始めに葛根湯を飲めば、ウイルスが入ってくるのを阻止することができるといわれているんですよ。

ちなみに、漢方薬の一種である甘草湯は、喉の痛みや咳があるときにおすすめなんだそう!

風邪の引き始めの対処法⑨市販薬を飲む

サプリを飲む女性

風邪を引き始めの対処法であれば、市販薬に頼るのも一つの方法です。

自分で「これはひどくなりそうだな」と思ったら、早めに薬を飲んでおくことで、ひどくなる前に防げる場合があります。
ただし、あまりにも頻繁に服用してしまうと、体がその薬に慣れてしまい、効かなくなる場合もあるそうなので、自分の体調と相談して服用しましょう。

鼻水や喉の痛みなどの風邪の症状が現れたら、迷わず飲んでも大丈夫そうです。

熱が出ると市販薬では治りにくい場合もあるそうなので、引き始めで対処するのがポイントになりますよ。

日頃からできる風邪予防をおさらい!

カーテンを開ける女性

風邪の引き始めにおすすめの対処法をご紹介しましたが、できれば普段の生活から予防を心がけていきたいですよね。
もう一度風邪予防として取り入れたいことをおさらいしておきましょう。

《風邪予防として取り入れたいこと》
・外出時はマスクを着用する
・手洗いうがいは鉄則
・栄養バランスの良い食事をする
・適度な運動を取り入れて免疫力を上げる
・ストレスを解消する
・寝不足にならないように夜更かしはほどほどに

最近は、濡れマスクといったマスクをしながら喉の乾燥を防いでくれる便利なグッズもあるので、ぜひ活用してみてくださいね。
風邪の引き始めにできる対処法をご紹介させていただきました。
一度風邪をひくと、ダラダラと辛い症状が続いてしまうこともあるので、一日でも早く元気になりたいですよね。
マスクをつけたり手洗いうがいをしたりして予防をしながら、万が一のときはさまざまな対処法を取り入れてみてください。

【関連記事】免疫力を高めるといわれている食材とは?インフルエンザに負けない!

インフルエンザは、大体12月頃から流行し始めるといわれています。年によって微妙な違いはあ...

風邪

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高月ルナ

>もっとみる