長持ちかつ節約にも♡正しい食材の保存の方法って?〜野菜編〜

LIFESTYLE

一人暮らしでありがち!な残したお肉やお野菜が冷蔵庫の奥でダメになっていた・・・なんて経験はありませんか?
実ははそれぞれの食材にあった、正しい保存方法があるってご存知でしょうか?
おいしさと新鮮さもキープしたまま長持ちもしちゃう!そんな一人暮らし女子に知っておきたい正しい保存方法をご紹介します♡

野菜は種類別に冷蔵方法が違う!

食品にはそれぞれに適した保存方法があるっていうことをご存知でしょうか?

実は野菜1つをとっても、全く保存方法が異なります。実はこのひと手間の差で、新鮮さや長持ち度がぐーんと変わってしまうんです!

このこの正しい保存方法、あなたはいくつ知っているでしょうか?
今回はまず、野菜の種類別の冷蔵編を紹介していきます♡

野菜保存方法① 白菜とキャベツの保存法♡

女子に欠かせないお鍋やサラダによく使う白菜やキャベツ。白菜とキャベツは、まず芯をとって濡らしたキッチンペーパーで包む方法が1番♪

白菜やキャベツなどにある芯は、実は栄養の養分を奪ってしまいます。
なので芯を切り落として保存することによって新鮮さが長持ちするのです!

切り口から水分が抜けないように、キッチンペーパーで全体を覆い、切り口を下に向けて、袋に入れて冷蔵庫へ!これだけでぐんと長持ちします♡

野菜保存方法② きゅうり、にんじん、ごぼうの保存方法♡

よく使う野菜のきゅうり、にんじん、ごぼうなどは水分が出やすい野菜です。
これらはキッチンペーパーで包んで袋に入れる方法がお勧め♡

まず表面の水分をしっかりと拭き取り、1日本ずつ半分に切ったキッチンペーパーで巻いて袋に入れて立てて保存するとぐんと長持ちします♪
きゅうりは枝付きが上になるように、立てて保存するのがいいそうです♡

野菜保存方法③ ナス、トマト、アボガド、大根の保存法♡

ナスやトマト、アボカドなど今の時期によく使う野菜たち。
これらの野菜たちは冷気に弱いため、ラップに包んで保存袋に入れる方法がオススメ♡

まずは表面についている水気を気取ってから、1つずつラップで包んで保存袋へ入れてください。夏場にはバナナなんかもこの方法がオススメだそう♪

保存袋に入れて冷蔵庫に入れるだけでぐんと野菜の長持ち度が変わってきます♪

いかがでしたか?
知っておくだけで、長持ち度や新鮮度が違う野菜の保存方法。
一人暮らしにはぜひ知っておきたいアイディアばかり!知っていると一生役に立ちますね♡