美人の条件は美しい鎖骨♪女度を上げるデコルテラインのケア方法5つ

今、女性のファッションでは、デコルテラインを強調するようなアイテムが人気ですよね。
デコルテラインを見せることで、女性らしさをグッと引き立てることができるのですが、自分のデコルテを見たとき「鎖骨が埋まってる」「カサカサしてる」と思ったことはありませんか?

それでは身だしなみがキレイでも、魅力を半減させてしまうことに!
そこで今回は、女度を上げるデコルテラインのケア方法をご紹介いたします。

女度を上げるデコルテラインのケアはしっかりできてる?

デコルテラインとは、首から胸元までの部分を指す言葉で、服の襟ぐりのラインのことをいいます。
このデコルテラインが美しいと、一気に女度を上げることができるので、ケアを欠かさない女性も多いのではないでしょうか♪

デコルテラインが綺麗な女性の条件としては、次が挙げられます。
・鎖骨がくっきり見える
・血行がいい
・シワがなくうるおっている


これらを満たしていると、文句なしのデコルテラインといえます。
しかし、女性としての魅力を上げられる一方で、年齢が現れやすいパーツでもあるといわれているので、ケアを怠っていると魅力が半減してしまうんです。
デコルテラインを美しく見せるためには、どのようなケアをすればいいのか見ていきましょう。

女度を上げるデコルテラインのケア方法の前に、デコルテに年齢が出やすい原因をチェック

デコルテは年齢が出やすい部分です。
年齢が出やすい原因としては、次のようなことが考えられます。

・デコルテ部分は皮膚が薄く、デリケート
デコルテ部分は、目元や口元と同じように皮膚が薄く、デリケートなので乾燥しやすい状態にあります。
身体を洗うときのゴシゴシ洗いや、マフラーやネックレスなどの摩擦によってどんどん肌の乾燥が悪化してしまうのです。

・頭や胸の重さでたるみやシワになる
デコルテ部分は、重い頭を支えているだけでなく、胸までも支えています。
これによってデコルテには大きな負荷がかかっているので、たるみやシワができやすくなります。
また、頭の重さによってデコルテの血流も悪くなるので、老廃物が溜まりやすくなり、肌のハリが低下し、血行も悪く見えてしまうので注意が必要です。

・症状が目立たないのでケアを怠りがちになる
デコルテ部分は、皮膚が薄いのですが、目元や口元のようにたるみやシワがあまり目立ちません。
そのため「まだ大丈夫」と安心してしまい、ケアを怠ってしまうので、目立つようになってからケアを始めてしまいがちです。

それでは早速、女度を上げるデコルテラインのケア方法をご紹介します!

女度を上げるデコルテラインのケア方法①優しく丁寧に洗う

最初にご紹介する、女度を上げるデコルテラインのケアは「優しく丁寧に洗う」です。
デコルテラインは、皮脂が薄くデリケートな部分です。
意識する女性は少ないようですが、デコルテを洗うときはボディ用のタオルでゴシゴシ洗っていませんか?

それだと摩擦によって肌を傷つけることになるので、乾燥を招くだけでなくシワやたるみの原因になってしまう可能性もあります。
ですので、デコルテを洗うときは、顔の肌を扱うのと同じように「優しく丁寧に」をモットーに洗っていきましょう。

デコルテラインは、手のひらとたっぷりの泡で、なでるように洗うことがおすすめです。
もし「手でちゃんと洗えているのか心配……」というようであれば、シルクやコットンなど肌に優しいタオル素材のもので洗うといいですよ!
香水や日焼け止めをつけていたり、汗をたくさんかいた日であれば、いつもより丁寧にクルクルと洗いながら清潔さを保っていきましょう。

女度を上げるデコルテラインのケア方法②保湿を徹底する

優しく洗い終えたあとに欠かせない、女度を上げるデコルテラインのケアは、「保湿を徹底する」ことです。
デコルテ部分を触ってみてもカサカサしていることは少ないので、乾燥に気づかない女性も多いのですが、肌の奥では乾燥が進んでいるかもしれないんです!
なので、何もケアしないでいるとシワなどが悪化してから気づくことになります。

首やデコルテ専用のケア、というよりはデコルテも顔の一部だと思うことがおすすめです。
いつものようにスキンケアをする際は、デコルテまで範囲を広げて、化粧水や乳液などをなじませてみましょう。

もしもくすみが気になるようであれば、デコルテに汚れや古い角質が溜まっている可能性があります。
顔に使うピーリングアイテムで優しく洗い、肌表面を柔らかくしてから化粧水などをなじませていくと浸透力を高めることができますよ♪

すでにシワができていたり、シワができそうなようであれば、乳液後にネッククリームをシワの部分にピンポイントで重ねていくことがおすすめです。

女度を上げるデコルテラインのケア方法③乾燥が気になるときはスペシャルケアをする

続いてご紹介する、女度を上げるデコルテラインのケアは「乾燥が気になるときはスペシャルケアをする」です。
空気が乾燥し、肌も乾燥しやすくなる秋冬や、エアコンが効いた室内に長時間いることが多い女性はデコルテも乾燥しやすくなっています。
毎日化粧水などでケアをしていても、「乾燥が気になるかも」と思ったときは、スペシャルケアを取り入れてみましょう!

優しく丁寧にデコルテの汚れを洗ったら、オールインワンゲルなどをデコルテ部分にたっぷり塗ります。
その上から乾いたタオルを巻き、湯船に浸かって身体を温めるだけです。
身体を温めながらデコルテパックをすることで血行がよくなるので、肌のハリがアップし、シワ予防になります。

また、浸透力もよくなるので肌の奥までしっかりうるおいを届けることが期待できますよ!
ピーリングなどで肌を傷めることが心配なのであれば、週に一度デコルテパックを取り入れてみてください♪

女度を上げるデコルテラインのケア方法④マッサージをする

女度を上げるデコルテラインのケアといえば、「マッサージをする」ことが欠かせません。
デコルテマッサージを取り入れることで、老廃物を流すことができるので、むくみを改善してすっきり見せることができます。

それだけでなく、血液やリンパの流れもよくすることができるので、シワやたるみ予防にも役立ち、くすみをなくして血行をよく見せることができますよ♪

・デコルテマッサージのやり方
①左手の人差し指と中指、薬指を右耳の後ろ側に添え、鎖骨あたりまで優しく流していきます。5回ほど繰り返してください。
②次に、左側も同じように右手で鎖骨あたりまで優しく流します。
③最後に、左手の人差し指と中指で右側の鎖骨を挟んだら、内側から外側へ流していきます。
④5回ほど繰り返したら、左側の鎖骨も同じように挟んで外側へ流しましょう。

血行がよくなっているお風呂上りに行うことがおすすめです。
そのときに何もつけずにマッサージをしてしまうと、摩擦で肌を傷つけてしまう場合があるので、すべりがよくなるようにクリームやオイルを使うようにしてくださいね。

女度を上げるデコルテラインのケア方法⑤紫外線対策を欠かさない

忘れてはいけない、女度を上げるデコルテラインのケアが、「紫外線対策を欠かさない」ことです。
デコルテは髪や顔と同じように、紫外線の影響をダイレクトに受けやすいパーツなのですが、顔や腕、脚などに意識が向いてしまい、デコルテ部分の紫外線対策を怠っていませんか?

デコルテの紫外線対策を怠っていれば、顔と同じようにシワやシミを招くことになります。
ですから家を出る前に、必ず日焼け止めクリームなどを塗るようにしましょう!
ベタつきが気になるようであれば、パウダータイプの日焼け止めを使うのがおすすめですよ。

そして、デコルテ部分は皮脂腺が多く、汗をかきやす部分でもあるので、2~3時間おきに塗り直すことがポイント!
パウダータイプやスプレータイプの日焼け止めを持ち歩くようにしたり、日傘をさすようにしたりして紫外線対策を欠かさないようにしましょう♪
女度を上げるデコルテラインのケア方法についてご紹介させていただきました。
日ごろからケアをしていくことで、スッとした鎖骨やうるおいのある肌をアピールすることができます。
デコルテラインが出るファッションアイテムも素敵に着こなすことができるので、ぜひ積極的に取り入れてくださいね。

【関連記事】今だけ何とかしたいなら実践!すぐに胸を大きく見せる方法6選

憧れの大きな胸へ育てるためには、日ごろのマッサージや食生活の見直しが大切です。しかし、...

デコルテライン ケア 女度を上げる 方法 美人の条件 美しい鎖骨

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる