トマトのアレンジレシピ6選♪焼いても煮ても冷たくても美味しい!

Cover image: レシピブログ www.recipe-blog.jp

リコピンたっぷりなトマト♪
トマトは赤ければ赤いほど体に良いそうです。
焼いても煮ても冷たくても美味しい!
この記事では、トマトのアレンジレシピをご紹介します。

トマトのアレンジレシピ①納豆キムチでアレンジそうめん

納豆キムチでアレンジそうめん

レシピブログ www.recipe-blog.jp

最初にご紹介する、トマトのアレンジレシピは、「納豆キムチでアレンジそうめん」です。
納豆キムチの黄金コンビにトマトをプラスしたそうめん!
仕上げに大葉やゴマをのせれば見た目も華やかです。

トマトの酸味が納豆の匂いを柔らかく♪
また、キムチのつゆがトマトに混ざってマイルドになっています。
納豆キムチにトマトが加わったことで、よりさっぱりと、よりヘルシーに食べられますよ。
納豆が苦手な人にもおすすめです。

レシピはこちら♪

トマトのアレンジレシピ②冷凍ご飯でオムライス

冷凍ご飯でオムライス

レシピブログ www.recipe-blog.jp

冷凍ご飯がたくさんあったらオムライスにしましょう!
トマトの果肉をたっぷり入れたソースを作ってトロトロオムライスの上にON♪
こちらの「冷凍ご飯でオムライス」も、トマトのアレンジレシピの一つです。

ご飯にトマトスープをかけてからオムライスをのせるのもありですよ。
スプーンですくってトロトロの卵と酸味の効いたトマトを同時に口に運びましょう!

オムライスにバターを入れるとより一層コクが増しますよ。

レシピはこちら♪

トマトのアレンジレシピ③ベーコンとズッキーニとパプリカのトマト煮込み

ベーコンとズッキーニとパプリカのトマト煮込み

レシピブログ www.recipe-blog.jp

続いてご紹介する、トマトのアレンジレシピは、「ベーコンとズッキーニとパプリカのトマト煮込み」です。
イタリアンには欠かせない食材であるズッキーニをトマトスープにイン!

パプリカやニンジンなど赤い食材を大量投入にして、元気の出るスタミナトマト煮込みを作りましょう。

煮詰めて汁気を飛ばせば、バゲットにのせて食べることもできますよ。
スープを味わいたければそのままでも◎
パスタを入れるのもおすすめです。

レシピはこちら♪

トマトのアレンジレシピ④簡単アレンジ!和風トマトドリア

簡単アレンジ!和風トマトドリア

レシピブログ www.recipe-blog.jp

ドリアを和風にアレンジしてみませんか。
こちらの「簡単アレンジ!和風トマトドリア」も、トマトのアレンジレシピの一つです。
醤油とバターで炒めた玉ねぎをご飯と混ぜて、ホワイトソースにチーズをオン♪

真っ赤なミニトマトをのせてこんがり焼けば出来上がりの簡単レシピです。
ホワイトソースの隠し味に味噌を入れればコクがアップしますよ。

トマトの酸味と甘みが食欲をそそる、美味しい和風ドリアはいかがですか?

レシピはこちら♪

トマトのアレンジレシピ⑤トマトとチーズの冷やし焼きそば

トマトとチーズの冷やし焼きそば

レシピブログ www.recipe-blog.jp

続いてご紹介する、トマトのアレンジレシピ「トマトとチーズの冷やし焼きそば」もおすすめ♪
作り方は冷やしペペロンチーノとほぼ同じですよ。
塩焼きそばを炒めて、冷製トマトと混ぜましょう。

冷ますことで味が落ち着いて、旨味がプラスされますよ。
最後にモッツァレラチーズをトッピングすれば完成!

不思議な組み合わせですが、絶妙に合いますよ。
お好みでタバスコやブラックペッパーをたっぷりかけても◎

レシピはこちら♪

トマトのアレンジレシピ⑥トマトたっぷりビーフストロガノフ

トマトたっぷりビーフストロガノフ

レシピブログ www.recipe-blog.jp

最後にご紹介する、トマトのアレンジレシピは、牛肉と玉ねぎがたっぷり入った「トマトたっぷりビーフストロガノフ」♡
トマトもたくさん入れて酸味と旨味をプラスしています。

煮込めば牛肉はほろほろに、玉ねぎは口の中でとろけますよ。
タイ米などのパラパラご飯や雑穀米など歯ごたえのあるご飯にもぴったり!

一品だけでご馳走になりますよ。

レシピはこちら♪

トマトのアレンジレシピはいかがでしたか。
そのまま食べても美味しいトマト♪
調理次第で旨味をぐんと引き出せますよ。
和風にも洋風にも良く合うトマトをうまく使って今日から料理名人なりましょう!

【関連記事】パンの耳の簡単アレンジレシピ♪無駄にするなんてもったいない!

パンの耳は栄養もあり、食べ応えもあるのでおやつにぴったり♪アレンジ次第で絶品料理にだって...

トマト アレンジ レシピ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

水木かほる

>もっとみる