若作りにならない!大人女子ファッションの作り方♡

FASHION

「若作り」と「大人女子」の境界線って微妙ですよね。
自分ではオシャレのつもりでも、周りからは「若作り」だと思われているかもしれません……。
ということで今回は、若作りにならない、大人女子ファッションの作り方を学んでいきましょう♡

スイートなお洋服は、ベストな甘さに調整する

出典:wear.jp

リボン・ハート・ドット柄などのスイートな柄は、コーディネートの主役に使うと若作りファッションになる恐れがあるので、コーディネートに馴染むように、さりげなく取り入れましょう。

こちらのコーデのように、ワントーンでまとめると馴染みやすいです。

さらに甘さを抑えたい時は、スッキリシルエットを意識すると、美人度UP♡

出典:wear.jp

スイートカラーの代表ピンクは、お洋服のデザインにこだわりましょう。

こちらのコーディネートのような「シャツ」なら、きちんと感があるので、カジュアルすぎず絶妙な甘さになります♡

セクシーは“ヘルシー”にシフト

出典:wear.jp

「シースルー」も、お洋服選びにこだわりましょう。

控えめな印象のお洋服が理想的ですが【控えめ=ブラック】という考えは捨ててください。

黒いシースルーのお洋服は、甘さは抑えられますが、その分セクシー度が上がってしまいます……。

私のイチ押しは「グレー」のシースルーです。グレーはカジュアルすぎず、落ち着きのある大人の印象になります。

今どき感も加速するので、迷った時はグレーをチョイスして♡

出典:wear.jp

セクシーの代表「オフショルダー」は、マットで上品な質感のものがオススメです。

素材に優しさがあれば、ヘルシーな肌魅せスタイルに仕上げることができます♡

「デニム」は、ぬけ感に使う

出典:wear.jp

カジュアル代表の「デニム」は、老けて見える可能性があります。若作りを通り越して、おばさんにならないように気をつけましょう。

デニムもワントーンコーデがオススメです!

ブルーデニムなら、青のワントーンに仕上がるので、程よくカジュアルで気取らないスタイルが作れます。

出典:wear.jp

「デニムワンピース」には可愛い印象があるので、茶系のカーディガンを羽織ったり、小物を添えるなど、上品なアイテムをトッピングしましょう。

デニムなので、上品でありながらも程よく力が抜けたスタイルを作ることができます。

さり気なく靴を効かせる

出典:wear.jp

「メタルシューズ」は、一点浮きしやすい靴です。

足元がギラギラしていると、大阪のおばちゃんスタイルに見えてしまう可能性があるので、バランスよくコーディネートをする必要があります。

メタルシューズは、同系色のお洋服と合わせて“さり気なく”効かせると◎

こちらのコーディネートのように、上手くメタルシューズを取り入れれば、他のお洋服も華やかにしてくれます♪

キメキメコーデは“カジュアルダウン”必須

出典:wear.jp

キメキメな着こなしは、若作りだと思われがちなので、カジュアルダウンが必須です。

こちらのコーディネートのように「スニーカー」を投入すれば、余裕が漂うコーデにシフトします。

鮮やかなカラーのスニーカーを効かせても良いですが……大人女子はモノトーンをプラスしてさりげなくオシャレにキメて♡

出典:wear.jp

これからの季節は「ビーチサンダル」や「スポーツサンダル」をセレクトしてもgood!

こちらのような、ノースリーブ×Aラインスカートで作った美シルエットコーデも、嫌味がない大人カジュアルスタイルに仕上げることができます。

“印象の弱い靴”をセレクト

出典:wear.jp

こちらの着こなしを含む、上記4点のコーディネートは、靴の印象を弱くしているんです。

靴の印象はとても強いので、印象を弱くしてバランスを取るのもおしゃれテクです。

こちらのコーデは、水色でさり気なく寒色のエッセンスをプラスしています。

水色にはクール・キュートどちらの要素もあるので、ほんのり爽やかで可愛い夏コーデに仕上げられます♡

大人女子ファッションは「お洋服一点を主役使いしない」「印象を弱くする」「品を忘れない」ことがポイントです。
また、トレンドは目を引くので、さり気なく取り入れるのがベターです!