若いときの失敗は将来に役立つ。「価値のある苦労」をするには?

LIFESTYLE

“若い時の苦労は買ってでもせよ”ということわざがありますが、これは、若いときにする苦労は、必ず将来に役立つという意味が込められています。
ここでは、「価値のある苦労」を求めていきます!

楠原諒子
楠原諒子
2016.11.22

リスクが少ない状況のうちに、価値のある苦労を求めよう!

10代、20代の人の中には、失敗できる環境にいる人も多いと思います。リスクが少ない状況のうちに、攻めの姿勢を身につけてください。

また、若いうちは体力があります。無茶もできるので、体のコンディション面でも優位な立場にあります。

若いうちは、失敗をしても許されます。それに、頑張っていればチヤホヤされるのも事実。イタい目で見られることもなく、ストレスも生まれにくいので、失敗や苦労をしても問題はありません。

若いうちに価値のある苦労をするには、 今の自分を肯定することからスタート!

ここからは、価値のある苦労を求めていきます。

まず、今の自分を肯定することから始めましょう。
これをすると安心感を得ることができるので、攻めの姿勢で臨むことができます。自分を肯定していれば、何か失敗をした時に立ち直れないほど心が折れることもないでしょう。

またこのとき、つまらない失敗を一大事だと思わないでください。真面目な人ほど、この傾向が強いです。物事を大きくとらえすぎないようにしましょう。

若いうちに価値のある苦労をするには① 受け身な苦労だけではダメ、自発的に行動をする

他人に頼まれることや指示を受けることもありますが、受け身な苦労だけをし続けると自分のやりたいことがわからず、自分から行動ができない人間になってしまうかもしれません。

このような場合は、受け身な苦労の中から得られるものはないかを探してみてください。

受け身な苦労を避けては通れませんが、やる気の出るものを見つけ、努力を始めれば、価値のある失敗や苦労があなたを鍛えてくれそうです。自発的に行動しましょう!

若いうちに価値のある苦労をするには?② 苦労し続けたときは、本来の価値を思い出す

苦労をし続けると、苦労をして得たものが本来の価値以上を持っていると思い込む傾向があります。

たとえば、高級ブランドバッグを必死に働いて買ったのなら、他のバッグよりも大切にするでしょう。

しかしこれを続けると、「価値のあるものは苦労をしないと得られない」と思い込んでしまうので、価値観がどんどん悪い方へ変わります。こうなると、無理な苦労をし続けてしまいますよね……。

10万円のバッグは、今は10万円の価値しかないのです。本当の価値を思い出してください。

若いうちに価値のある苦労をするには?③ たくさんの可能性を試す

人間は、成功からは学べず、失敗や苦労からしか学べない生き物なのかもしれませんね。
価値のある失敗や苦労を求め続けてください!

見失ったら立ち止まる。
大人女子の転換期を後押しする4つの行動

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。