決まりました♡2016年トレンド眼鏡は「細フレームクラシック」

FASHION

2016年の眼鏡女子のトレンドは『細フレームクラシック』。
毎日眼鏡を愛用するオシャレ女子は、トレンドによってフレームを変えています♡
メイクもトレンドを入れて、周りと差がつくオシャレ女子になりましょう!

2016年トレンド眼鏡は『細フレームクラシック』

出典:hair.cm

眼鏡は、視力矯正のためだけのものではありません!
伊達めがねは重要なファッションアイテムですし、おしゃれな人は、何種類か携えているのが常識。

伊達メガネブームが起きた5年ほど前は、アラレちゃんメガネが大流行しましたよね。
昨年までは、丸いおじさんっぽいメガネがトレンドでした。

2016年は、フレームが細めの普通の形、クラシカルなタイプのものがトレンド。繊細で女性らしさを醸し出せる眼鏡をチョイスしましょう♡

レンズの大きさや形の詳細を教えて!

レンズの大きさは、ジャスト顔サイズ~若干大きめが良さそう。
顔幅よりも小さいモノを選ぶと、2015年までのおじさんっぽい眼鏡になってしまうので注意です!

形は、2015年までのまんまるよりは、上が広めで下がやや狭めのタイプを選ぶと2016年っぽいトレンド顔に。フレームの質感も、マットよりは光沢のあるものを選びましょう。

目元に光沢感のあるものを持ってくることで、キラッと光り、知的な雰囲気を醸し出せます。
色は、オシャレ感を出したいのならゴールドかベッコウ柄、ブラウンやブラックならベーシックになります。

2016年のトレンド眼鏡に合うメイクをマスター➀フレームとアイメイクの関係

出典:5-fifth.com

伊達眼鏡さんもガチ眼鏡さんも、女性なら、メイクをプラスしてより可愛い顔になりたいと思うはず。しかし、眼鏡をしている日はいつもと同じメイクはせずに、“眼鏡用メイク”をおすすめします。

特にガチ眼鏡さんは、メイクを味方につけて、視力矯正でレンズ越しの目が小さく見えてしまうのを補いましょう◎

まずはアイメイクから。
眼鏡のフレームにより目元に視線が集まるので、アイメイクで色を使うのはタブー!
目元がうるさくなってしまいます。

眼鏡メイクは、色を使うよりも、元の目の形を強調する程度でOK。
アイシャドウも、しなくてもいいくらいです。
しかし、アイラインとマスカラは、いつも以上に丁寧にしっかりと仕上げましょう。

2016年のトレンド眼鏡に合うメイクをマスター②リップが勝負どころ

顔の上半分を覆っている眼鏡。では、下半分はどうしましょうか?

顔の下半分をどのようにメイクするかで、顔や眼鏡の雰囲気が変わってきます。

顔半分でメイクするところといえば、リップですよね。リップカラーは、流行色と眼鏡の持つ味が喧嘩しないように、上手に選びたいところ。

黒やベッコウ柄のメガネの場合、濃いめのピンクや赤リップがおすすめ。しっかり塗るのではなく、ラフに塗ることで細フレームの持つ柔らかさを残せます。

ゴールドなど光沢感が表れやすいメガネの場合、透明感のあるリップカラーがおすすめ。
濃い色を付けたい人こそ透明感重視で!グロスだけでもOK!

自分の唇の色に近い色なら、しっかり塗ってもメガネの邪魔にならないですよ。

2016年のトレンド眼鏡「細フレームクラシック」と、よく合うメイクは、いかがでしたか?

眼鏡の際のメイクのチークですが、塗っても塗らなくてもどちらでも◎
チークを入れる場合はフレームから程よくはみ出るように、範囲や入れ方に気をつけると可愛いですよ♡