生理痛がもっと重くなる?女性が注意するべきカフェインのデメリット

日常的にコーヒーを飲む習慣があったり、ついついコーヒーを飲んでしまう、なんていう女性は要注意!
もしかしてカフェインを摂りすぎていませんか?
カフェインは健康に効果的であることで知られていますが、実は摂取のしすぎはかえって健康に害を及ぼす可能性があるのです。
そんな、カフェインの過剰摂取によるデメリットをご紹介します。

デメリットがある?カフェインの過剰摂取はどこから?

もともと「コーヒーが大好き♡」という人もそうですが寒い時期を迎えて、ついコーヒーばかりを飲んでしまうという人も、カフェインの過剰摂取が気になるのではないでしょうか。

カフェインの摂取量は、1日に400mg以下であることが基準とされています。 
これはコーヒーカップでいうと約5~6杯が適量なのだそう。

もしこれ以上カフェインを摂っている場合には、知らず知らずのうちに過剰摂取になっている可能性があるので要注意!
ちなみに妊婦さんの場合は、適量のカフェインの摂取量は1日に300mg以下とされています。
これはコーヒーカップ約3~4杯が目安です。

過剰摂取にはデメリットがある?カフェイン依存症かどうかもチェックしよう!

カフェインの過剰摂取かどうかが分かったら、次はカフェイン依存症でないかどうかもチェックしておきましょう。

カフェイン依存症に関しては、カフェインを摂取していない間に、下記のような症状が起きるかどうかでわかります。

✔頭がぼんやりしたり、頭痛が起きる
✔身体がだるく感じる
✔不安な気持ちになったり、気分が落ち込んだりする
✔嘔吐してしまう
✔集中力がなくなる
✔眠気を引き起こす

上記の項目に当てはまるのであれば、カフェイン依存症の可能性があります。
もし上記の項目の症状が、カフェインを摂取することで緩和するようならば、カフェイン依存症を疑った方がいいでしょう。

デメリット?カフェインの過剰摂取で生理痛がもっと重くなる!?

実はカフェインを必要以上に摂取してしまうことで、生理痛が重くなるということが分かっています。

これはカフェインに血管を収縮させる働きがあるため、血管が収縮することで生理痛が重くなるというもの。

それだけではなくカフェインには体を冷やす作用があるので、知らず知らずのうちに、自分で生理痛を重くしている可能性があるのです……。

カフェインの過剰摂取はデメリット!?肌荒れにもつながる

カフェインの過剰摂取は、生理痛が重くなってしまうという体内の変化だけではなく、美肌作りを蝕んでしまう可能性も考えられるのです。

カフェインにはシミの原因であるメラニンを拡散させて、シミの発生や拡大を促す作用があります。

カフェインを摂取しすぎて、気が付いたらシミが増えていた……なんていうことになったら、悲しいですよね。
適量を守れば健康に良い影響をもたらしてくれるカフェインですが、過剰摂取してしまうと恐ろしい症状に見舞われてしまうのです。
何でも適量は大切ですが、カフェインも例外ではないので、適量を守って楽しむようにしましょうね♡

体調管理も仕事のうち!
デキる女が実践する健康管理法とは?

カフェイン デメリット 摂取 生理痛 肌荒れ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる