読書が苦手な人にも自信をもっておすすめ!読みやすい恋愛小説4つ♡

Cover image: www.amazon.co.jp

みなさんは普段小説を読みますか?
私は以前は断然雑誌派でしたが、つい最近小説の良さに気付いてからは本を読むようになりました♪
そこで、字が苦手だというあなたも絶対読める!おすすめの小説を3冊ご紹介します。

恋愛は小説から学ぶのが一番面白い!

みなさんは普段本を読みますか?
最近の若い人は、ひと月に1冊も本を読まないという人がたくさんいます。

でもそれはすごくもったいない☆
なぜなら、恋愛小説は私たちよりも何倍もいろんなことを経験してきた作家さんが書くので、同年代に恋の相談をするよりも、ずっと勉強になることが多いんです。
しかも、内容の濃さは雑誌よりも上。

同年代と恋バナをするのはもちろん楽しいけれど、読書の秋とも言いますし、この機会に恋愛小説を読んで一足先に大人の気分を味わいませんか?♡
ここでは、皆さんが読みやすいように、短編がたくさん入った小説を3つご紹介します。
必ず、気になる一冊が見つかるはず!

読みやすくておすすめの恋愛小説①「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」尾形真理子

www.amazon.co.jp

始めに紹介する、読みやすくておすすめの恋愛小説が、この本。
タイトルに思わず惹かれる方も多いのではないでしょうか?

それもそのはず!
この本の著者は、あのルミネの広告のキャッチコピーを手掛けていることで有名な尾形真理子さん。
この本には、他にもたくさんの印象的なキャッチコピーが出てきます。

また、主人公たちは皆とあるブティックに足を運ぶのですが、その時に選ぶ服や店員さんとなされる会話が上手く恋愛に反映されていて秀逸です。
タイトルを見て惹かれた、というだけでも読む価値ありな読みやすい本だと思います。

試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

¥626

販売サイトをチェック

読みやすくておすすめの恋愛小説②「失恋カレンダー」林真理子

www.amazon.co.jp

読みやすくておすすめの恋愛小説、2つ目は「失恋カレンダー」です。
恋愛小説にもハッピーエンドや不倫ものなど様々なタイプがありますが、この本の主人公たちは何かしらの形で失恋しています。

失恋は悪いことではなく、失恋を乗り越えることで女は綺麗になっていく、というのがコンセプトになっているんです。
著者は誰でも一度は聞いたことがあるであろう、有名な林真理子さん。
林さんの洞察力の素晴らしさが、この本の質を高めています。

「失恋カレンダー」というタイトル通り、1月から12月までのイベントに合わせて繰り広げられていく12編の小説は、小説が苦手な人でもとっつきやすいはず♪
最近失恋してしまった、という人にもおすすめの小説です。

失恋カレンダー

¥540

販売サイトをチェック

読みやすくておすすめの恋愛小説③「孤独な夜のココア」田口聖子

www.amazon.co.jp

最後に紹介する、読みやすくておすすめの恋愛小説が、この本。
今までの2冊に比べると、少し大人っぽいかもしれません。

著者の田辺聖子さんは関西出身で、登場人物もみな関西弁なのが特徴。
様々な人物が出てきますが、どの人物も愛すべき存在に変えてしまうのが田辺さんのマジック。
女性も男性も、みな魅力的に描かれているのです。

そんな田辺さんの本の中から選んだのが、「孤独な夜のココア」。
出てくる女性たちが精神的に自立しており、恋愛の甘さもほろ苦さもこの一冊に凝縮されています。
大人な恋愛小説を読んでみたい人におすすめです♡

孤独な夜のココア

¥440

販売サイトをチェック
いかがでしたか?
ここにあげた3冊の本は、普段小説を読まない方でもとっつきやすいのではないかと思います。
ぜひ、ここをいいきっかけにして、たくさんの小説に触れてみて下さい☆

恋愛小説 おすすめ 読みやすい

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

斉藤成美

都内女子大生です♡

>もっとみる