綺麗になりたいのに逆効果!?ダイエットで「肌荒れ」してしまう原因

BEAUTY

ダイエットをすると肌が荒れてしまった、そんな経験はありませんか?
どんなダイエットでも肌荒れを起こすわけではなく、多くの人が陥ってしまうダイエットの落とし穴があるんです。
早速チェックしていきましょう!

ダイエットをすると肌荒れしてしまう人

ダイエットによって肌が荒れてしまう……といった人が最近増えているようです。

栄養の不足や代謝の低下、ストレスなどいろいろな原因が考えられますが、せっかく痩せることができても肌が荒れてしまっては、気持ちが下がってしまいますよね。

もっとも多い肌荒れの要因としては、ダイエットの効果があらわれないことへのストレスです。
ダイエットにも失敗して、その上肌まで荒れてしまっては残念でなりません。

でも、ダイエットすることで、必ずしも肌荒れするわけではないんです。
ダイエットすると肌荒れしてしまう人には、共通点があるようです。

その共通点とは、間違ったダイエット・身体に良くないダイエット。
では、何がいけないのか一つずつ検証していきましょう♪

肌に必要な五大栄養分「たんぱく質」の役割

タンパク質が豊富な肉や魚を、ダイエット中に避けていませんか?

実はタンパク質は肌にとって、とても重要な栄養分なんです!
タンパク質の不足は肌荒れを引き起こすだけでなく、肌の老化を加速させてしまうんだとか……。
実年齢より老けて見えてしまいますよ。

意識的にタンパク質を多く摂ることで、ほうれい線や目もとの小ジワが消えたという人もいます。

乾燥や加齢が原因と思われがちな肌トラブルも、実はタンパク質の不足が原因という場合もあるんですよ。

タンパク質は、コラーゲンの生成に欠かすことのできない、美肌やアンチエイジングにとても重要な栄養素なんです!
断食・置き換え・過度な食事制限などのダイエットをすると、どうしてもタンパク質が不足してしまいがちなので、注意しましょう。

肌に必要な五大栄養分「炭水化物」の役割

「炭水化物抜きダイエット」の経験がある人も多いのではないでしょうか。
また、「炭水化物抜きダイエット」ほど極端でなくても、意識的に炭水化物を控えるようにしている人もいるでしょう。

でも、美肌のためには炭水化物も必要なんです!

炭水化物は身体や脳の働きに必要な栄養素。
もし炭水化物が不足していると、身体は炭水化物のかわりにタンパク質を分解して、エネルギーを作り出してしまうんです。

タンパク質は先に説明した通り、美肌にとても重要な栄養素!
体内の炭水化物が不足していると、肌のターンオーバーがスムーズに行えなくなってしまうです。

肌だけでなく、髪や爪の老化の原因にも繋がるんだとか……。
せっかく痩せても、髪がパサパサになったり白髪があったり、爪の状態が悪いとオシャレも楽しめないですよね。
なので、炭水化物は必要最小限でも摂るようにしましょう!

肌に必要な五大栄養分「脂質」の役割

どんな方法のダイエットであっても、ダイエットをしている人なら必ずと言っていいほど、意識しているのが「脂質」ではないでしょうか。
脂質はダイエットの大敵。
でも実は、大敵とは言うものの、必要不可欠な栄養素でもあります。

徹底的に脂質を排除してしまうと、肌荒れの原因になったり健康を害してしまうことさえあるんです。

程よい量の脂質は、肌の潤いを保ち、乾燥を防ぐ効果があります。
また、女性ホルモンも脂質の一種であるコレステロールから作られ、ホルモンや血液を作る働きにも関わりがあり、他の栄養分の吸収を高めるといった働きがあります。

その他にも、代謝の向上にも貢献するなど、脂質は身体の内側からの潤いを保つのに必要不可欠な栄養素なんですよ!

肌に必要な5大栄養分「ビタミンB類」の役割

ビタミンBには、ビタミンB1・ビタミンB2など8つの種類があり、それらの総称が「ビタミンB群」なんです。
単独ではなく、組み合わせて摂ることによって効果を発揮する栄養素だそう。
ビタミンB群は、豚肉や大豆などに多く含まれています。

ビタミンB群を必要以上に摂取した場合には、体外に排出されるので特に問題はありません。

でも、サプリメントなどで大量に摂取してしまった場合には、頭痛や不眠などの症状が出てしまう場合もあるようなので気をつけてくださいね。

反対にビタミンB群が不足すると、どのような影響があるのでしょうか。
さまざまな影響がありますが、美容の面だけに着目すると、皮膚炎や便秘などを引き起こし、その結果肌荒れの原因となってしまうんです……!
また、白髪の原因にもなってしまうそうですよ。

肌に必要な5大栄養分「ビタミンC」の役割

ビタミンCが肌に良いということはあまりにも有名ですよね。
そのため、ダイエット中だけでなく、普段からビタミンCは不足しないように意識して摂取している人がほとんどではないでしょうか。

では、そんなビタミンCは肌にどのような役割を果たしているか、ご存知ですか?

実は、還元作用と酵素阻害作用によってメラニン色素の生成を抑える働きがあり、日焼けをした後の炎症やシミを抑制する効果があるんだそう。
それだけではなく、日焼け後の炎症とともに生じる活性酸素を分解することで、肌へのダメージを最低限にとどめることができるんです。

また、肌のハリを維持するコラーゲンの生成を助ける働きがあるんだとか。
これにより、肌の弾力、そしてシワを改善する効果があるんです。

さらには肌のターンオーバーを整え、毛穴を引き締めたり代謝を促進する効果にも期待できますよ♪

ダイエットによる肌荒れの原因①栄養不足

ダイエットによる肌荒れの原因として、まず「栄養不足」が挙げられます。

どんなダイエットの方法であっても、肉を避けたり、油を避けるということを考えがちですよね。

また、特定の食品だけを食べるダイエットや、逆に炭水化物抜き・脂質抜きダイエットなど特定の栄養素を排除してしまうダイエットでは、確実に栄養不足に陥てしまうもの……つまりこれが肌荒れの原因となってしまうんです。

先にもご紹介した通り、ダイエットの大敵と思われがちな炭水化物や脂質なども、肌にとって大切な栄養素です。

特定の食品だけを食べるダイエットも、1日3食のうち1食だけを置き換えるだけなら、ダイエットとしての効果もあるんだそう。
他の食事は栄養のバランスを考えることで、肌荒れを防ぐことができますよ。

また、炭水化物や脂質など特定の栄養素を抜くダイエットも、完全に抜くのではなく、必要最小限に抑える方法をとりましょう。
最低限度の量は摂取するようにしてくださいね。

ダイエットによる肌荒れの原因②ホルモンバランス

ダイエットによる肌荒れの原因には「ホルモンバランスの崩れ」もあります。
女性ホルモンはとても繊細。バランスが崩れやすい理由として、女性ホルモンは脳で分泌されていることにあります。

脳はちょっとしたストレスにも影響を受けやすく、ストレスを感じてしまうもの。
そのため、ホルモンの分泌に必要な適切な指令が出せなくなり、バランスが崩れてしまうんです。
ダイエットによってストレスが溜まると、ホルモンバランスが崩れて肌荒れの原因となります。

ホルモンバランスの崩れは、ストレス以外にもいろいろな要因があります。
栄養バランスが偏ったり、睡眠不足になどでも、ホルモンバランスが崩れる原因になるんだそう。

ダイエットによって過度な食事制限や偏った食事をすることによって、ストレスを感じたり、栄養バランスが偏ってホルモンの分泌を狂わせ、肌荒れを引き起こしてしまうんです。

ダイエットによる肌荒れの原因③ストレス

ストレスによってホルモンバランスが崩れ、それが肌荒れを起こす原因になる……ということは先ほどご紹介しました。

食べたいのに食べられないなど、ダイエットによるストレスにはホルモンバランスを崩す以外にも、免疫力を低下させてしまうなどの影響もあるんです。

循環器やリンパなどのめぐりが非常に悪くなります。
そうなると肌に必要な栄養や酸素を送ることができなくなってしまい、肌のターンオーバーが乱れ、肌荒れを起してしまうんです。

ダイエットで肌荒れを起こさないために気をつけるべき最重要事項は、「栄養バランス」と「ストレス」です。
この2つが引き金となって、さまざまなトラブルを招き、肌荒れの要因となるのです。

ダイエットによる肌荒れの原因④睡眠不足

睡眠は身体の回復のために大切なもの。
そしてもちろん、肌の回復にも必要なんです。

肌は日頃、紫外線や乾燥など、さまざまなダメージを受けています。
充分な睡眠をとることによって、コラーゲンが生成されて、肌にも栄養を運ぶことができるんです。

また、睡眠中には美肌に欠かせない成長ホルモンも分泌されます。
成長ホルモンは免疫力アップや疲労回復だけでなく、肌組織の修復・再生、皮下組織の水分維持や新陳代謝の促進など、美肌にとっても重要な役割を果たしているんです。

また、睡眠不足は肌荒れだけでなく、ダイエットの効果も低下させてしまいます。
「ダイエットを始めるならまず睡眠不足を解消してから」といわれているのは、そこに理由があるんですね。

せっかくダイエットをするなら、痩せるだけでなく、トータルでキレイになりたいですよね。
思い通りに痩せることができても、肌がボロボロでは悲しくなってしまうもの……。
正しい知識を得て、健康的なダイエットを心がけて、心も身体も健やかでステキな女性でありましょう♡