モテ男が実践!BARで女を落とすテク

LOVE

男性のみなさん。
「BARで素敵な女性に出会ったけれど、その後まで続かなかった……」なんて、しょんぼり体験をしたことはありませんか?
そもそもBARを一人で楽める女性は、素敵な男性に声をかけられることなんて日常茶飯事。
いろんな男性を見ているからこそ、意外性のある人でなければ、今後も連絡をとり合おうなんて思わないのです。

BARで使える恋愛テク①服装:インパクトのある小物づかい

BARにいる素敵な女性の視界に入りたいのなら、まずは服装を工夫することから始めましょう。
かっこよさよりも、なによりも、まずは親しみやすさを重視!

例えば、ハットをかぶっているとか、やたら長いトレンチコートを着ているとか、バンダナを腰に巻くとか。
トレンドではないけれど、特別にダサくもない、ってくらいがちょうど良いです。

印象付けることによって、次に会ったときに「今日はハット、かぶってないの?」というように、会話のネタになることも……♪
その場限りだけではなく、次のデートにつなげるモテ男は、服装にもちょっとしたテクニックを入れているのです。

BARで使える恋愛テク②飲み物:おしゃれじゃない飲み物を飲む

そもそもBARはお酒をたしなむ場所。居酒屋のようにガツガツ飲む場ではありません。

無理におしゃれなお酒を頼もうとしなくても、あえてのビールや、誰もが知っているようなカクテルでOK。

おしゃれなお酒なら、女性から「何飲んでるの?」と聞かれたときに即座に「飲んでみる?」なんて会話にもつながることもあるかもしれません。
ですが、それはよっぽど女性慣れしている男性ならではのテクニック。
それに、いきなり間接キスを求めるとか、ちょっと下心がありそうな感じもします……。

ビールやハイボールなど、親しみやすい飲み物を飲んでいる方が「私もすきなんだよね!」という会話から盛り上がる可能性大♡
おしゃれなお酒をたくさん知っている男性なら、女性が「次なににしようかな?」と注文に迷っている時に「◯◯がおいしいよ♪」と、提案してみるのが良いでしょう。

BARで使える恋愛テク③バカなの?ってくらいのアクシデントを起こす

BARによく出向いている女性は、紳士な男性なんて飽きるほど見ています。
もちろん、紳士であることに越したことはないのですが……。

BAR慣れしているモテ女は、話の内容が真面目すぎてあんまり面白くないな、と思う人と連絡をとり合おうと思いません。

大げさかもしれませんが、いきなり歌い出したり、踊りだしたり……「ばかじゃないの?」と言いながらも、クスッと笑えるくらいの方が、“また会ってみよう”という気持ちになるんです。

【番外編】次に会うときはGAPを大切にする。

もし、また次に会う約束まで出来た時には、1度目に会った時の服装とは正反対の洋服を選びましょう。

例えばBARで会った時が私服だったなら、次はスーツ。
逆に1度目がスーツだったなら、次は私服、といったようにイメージを変えて、様々な顔をみせることが大切です。

女性はいつだって新鮮な気分でいたいので、相手の服装も毎回同じではマンネリしてしまいます。
ギャップをうまく使っていくことも、モテ男のテクニックのひとつです。

BARで使える恋愛テクをご紹介しました。
BARって、なんとなく格好つけなければいけないのかな?と思いがち。
ですが、実際はそんなことありません。
ありのままのあなたで勝負してみてくださいね。