ラジオの魅力を存分に伝えたい!聞かなきゃ損するお得なこと3選!

LIFESTYLE

あなたは日ごろ、ラジオを聴く機会がありますか?
ラジオが旧メディアと言われ、若者がどんどん聞かなくなってきている昨今。
ラジオ大好きな私が、ラジオの魅力を全力でお届け♪

高月ルナ
高月ルナ
2015.07.03

Q.一週間以内にラジオを聴きましたか?

\いいえ!/
と答える人はほとんどだと思います。

昔は、画期的なメディアとして人気を博していたラジオですが、テレビ、インターネットと普及していく中で、ラジオの人気は右肩下がりとなっています。

しかしながら、ラジオは本来とても魅力的で面白いメディアなんです!
ラジオの魅力を、小学生のころからラジオ大好きな私がご紹介しちゃいます♡

これを読めば、あなたもラジオのチャンネルをひねらずにはいられないっ♪

{ラジオの魅力を伝えたい!①}音楽量はどのメディアにも負けない!

自分の好きなアーティストやジャンルは、誰でも自覚していますよね。
わかっているなら、CDショップに足を運ぶなり、インターネットで調べるなりできます。

しかし、そればかりだとマンネリ化してきませんか?
たまには他ジャンルの音楽も聞きたくなるはず。
外さない季節の曲を聴きたくなる時があるはず。

そんな時、強い味方になってくれるのが"ラジオ"なんです♡
ラジオを聴き流していると、きっとその音楽の情報量の多さに驚くはず!
TVで放送している1時間の音楽番組よりも、様々なジャンルの曲が耳に飛び込んでくるのを実感できるはずです。

ラジオから流れてくる音楽の種類は"新旧洋邦"♪
新しい曲も、昔の曲も、洋楽も、邦楽も、次から次へと流れてきます。
新たなジャンルを発掘するにはもってこいの音楽メディアなのです。

{ラジオの魅力を伝えたい!②}暮らしの情報が満載!

ラジオの局は全国にとてもたくさんあります!

ラジオにはAM(低音質:トーク重視)とFM(高音質:音楽重視)があります。周波数で違ってくるのです。

周波数の違いによりラジオの種類が二分割され、さらに各都道府県でいくつもあります。全国にしたら100局ほどあるんだとか!全国ネットの番組からローカル局まで様々なので、自分の聴きたい情報に合わせてチャンネル選択できます◎

なかでもローカル局は、流行りの曲だけでなく、その地域の情報が盛り沢山な内容になっています。その日に行われるイベントの詳細や交通情報、ニュースや天気予報まで!

パーソナリティやDJの方が豆知識も披露してくれたりすることも♡
内容は多岐にわたっているので、いつまででも聴いていられます。

{ラジオの魅力を伝えたい!③}リスナーとパーソナリティとのつながりがアツい!

ラジオ番組にはそれぞれ常連リスナー(昔ははがき職人と呼ばれていました)が必ずいるものです。
常連リスナーとは、その番組内でよくメールを読まれたり、電話をしたり、公開収録に何度も言ってパーソナリティと顔見知りになっている人たちのこと。

ラジオを聴いている時間というのは、その人の生活リズムと密接に関わっているので、リスナーはあまり変動しません。聴いていて、「この名前何度も耳にするな」と思ったら、その人は常連リスナーであることが多いです。

番組によっては、パーソナリティとリスナー(常連でなくても!)が家族のような関係になっていることもあります。例えば、あるリスナーがお悩み相談をして、それを他のリスナーがメールで回答して、パーソナリティが読んでくれることもあります。

実際に顔を見合わせておらず、違う場所で違うことをやっているのにもかかわらず、どこかつながっている感覚はラジオ特有のものだと思います♡

ラジオの魅力、伝わりましたか?
一度、騙されたと思って聞いてみてください!
ラジオを聴くためのアプリもあるので、身近に感じてもらえると嬉しいです♡

2015.07.03 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。