もう繰り返さない!仕事で「うっかりミス」を防ぐためのコツ5つ

LIFESTYLE

メールの送信先を間違えたり、資料に誤字脱字があったり、うっかりミスは人間だからゼロにはできないかもしれません。
ですが、簡単なミスであればあるほど「こんなこともできないの?」とオフィスで顰蹙(ひんしゅく)をかってしまうことに……。
ちょっとした心掛けで防ぐことができるうっかりミス。
今回は、うっかりミスを防ぐためのコツを5つご紹介します。すぐに実践できることばかりだから、これでうっかりミスなしのできる女を目指しましょう!

どうして「うっかりミス」を防ぐことができず、繰り返すの?

どんなに単純な作業であっても、ちょっと気を抜くとしてしまう「うっかりミス」。

うっかりミス自体は些細なことでも、シーンによってはあなたや会社の信用を落としてしまう重大な事態を招くことも……。

SNSの投稿やメールの送信、大切な資料の数字など絶対にミスできないものほど、うっかりミスすることってありますよね。

どうしてうっかりミスが起こるのか、その原因を探ってみると実はとっても単純。

「確認漏れ」「何も考えずに送信ボタンを押してしまった」「メールアドレスの最初の2文字が同じだった」など些細な原因がうっかりミスを招く元になってしまうんです。

うっかりミスを防ぐためのコツを押さえて、毎日の仕事で心がけ、ミスを軽減させましょう!

うっかりミスを防ぐコツ▶︎ダブルチェックを欠かさずに!

メールの送信や資料の作成などを行う際には、必ず完成の前にもう一度チェックすることがうっかりミスを防ぐための大原則。

数分、場合によっては数秒のダブルチェックをすることでうっかりミスは防げるもの。
どんなに忙しい時だって、ミスしたことを謝って回るよりはタイムロスが少なくなります。

うっかりミスを防ぐコツ▶︎クロスチェックも有効!

うっかりミスは「合っている!」という思い込みから発生することもあります。

絶対にミスできないクライアント向けの仕事やお金に関することほど、上司や同僚の協力を仰いでクロスチェックをしましょう。

クロスチェックとは、複数人でチェックすること。
自分一人でダブルチェックするよりも、より確実にうっかりミスを防ぐことができます。

うっかりミスを防ぐコツ▶︎一呼吸おくことが大切

急いでいるときほど起こりがちなうっかりミス。
できれば、仕事を完了させる前に一呼吸置いてから、もう一度見直すとうっかりミスを防げます。

メールを作成したら、送信する前にコーヒーを一口飲んだり、ちょっと伸びをしたりするだけでも効果あり♪

書類を一度作ったら、ランチなどを挟んでもう一度チェックすると、新たな目で確認ができるため、うっかりミスも見つけやすくなります。

うっかりミスを防ぐコツ▶︎「自分は完璧じゃない」と思うべし

うっかりミスをしてしまうときほど、「私はうっかりミスをしない」と思い込んでいる可能性が……。

「私はうっかりミスをしがち!」と肝に銘じるだけでミスを警戒する気持ちが生まれるので、うっかりミスを防ぐコツになります。

うっかりミスを防ぐコツ▶︎チェックリストを作る

複雑な作業やルーチン作業は、チェックリストを作ることでうっかりミスを防げることも。
例えば、メール送信なら次のようなチェックリストをPCに付箋で貼っておくといいですよ。

<メール送信の際のうっかりミスを防ぐチェックリスト例>
①宛先は正しいか?
②宛名の漢字や役職名は合っているか?
③添付ファイルがきちんと添付されているか?
④BCC、CCの設定は正しいか?

ちょっとしたコツを心がけるだけで防げる「うっかりミス」。
うっかりミスがなくなれば、職場でもあなたの信頼度がアップして、より大切な仕事を任せてもらえることも!
だからこそ、たかがうっかりミスと侮らずに防ぐためのコツを頭に入れて、丁寧に仕事をするようにしましょうね♡