太るといわれている朝食抜きダイエットのウソ・ホント。結局どっち?

BEAUTY

ダイエットにはさまざまな方法があるように、それってホントなの?ウソなの?といった気になる情報もたくさんありますよね。
特に「朝食は食べないと太る」とか「朝食こそ抜いたほうが痩せる」とか、朝食に関する情報はいろいろあります。
そこで今回は、太るといわれている朝食抜きダイエット問題についてご紹介いたします。

朝食抜きダイエットは太るって本当?

驚いた顔の女性

女性が永遠のテーマに掲げるダイエットには、さまざまな方法があります。
特に、プチ断食や炭水化物抜きダイエット、タンパク質ダイエットなどのように食事でダイエットする方法は注目度も高く、始めやすいですよね。

しかし正しい方法で行わなければならなかったり、時には間違った情報だったりすることも……。

その中の一つとして、「朝食を抜くと太る」という情報もたくさんあり、一度は目にしたことがある女性も多いのではないでしょうか。
本当に朝食を食べなければ太ってしまうのか、気になっている女性もいるでしょう。

そこで今回は、太るといわれている朝食抜きダイエットのウソ・ホントについてご紹介いたします。
なぜ太るといわれているのかが分かるので、ダイエットしている女性やダイエットを始めようと思っている女性はぜひ参考にしてくださいね。

太るといわれている朝食抜きダイエット問題①
次の食事量が増える

ハンバーガーを食べる女性

朝食抜きダイエットが太るといわれているのは、「次の食事量が増えるから」だとよくいわれていますが、これはホントです。

朝食を抜いている分、どうしてもお腹が空いてきてしまうので、やっとお昼になったときに気が緩んで食べすぎてしまうことがあるからです。
また、「朝食を抜いているから大丈夫」といった安心感から食べすぎてしまうことも……。

食欲のままにお腹いっぱい食べてしまえば、朝食を抜いてカロリーを減らすことができても、お昼で上回ってしまう可能性もあり、結局意味がなくなってしまうんです。
お昼にいっぱい食べれば食べるほど、1日の摂取カロリーも増えるので、結果的に“朝食を抜いたことによる反動で太る”といわれています。

ただし、朝食を食べていてもお昼でガッツリ食べていれば、1日の摂取カロリーも増えるので「朝食を食べていれば太らない」ということではないようです。
反対に、朝食を抜いても、お昼やそのあとの食事で自分が制限できるのであれば、痩せることも期待できるでしょう。

太るといわれている朝食抜きダイエット問題②
ダイエットに必要な代謝が低下する

体重計とメジャー

朝食を抜くことによって、ダイエットに必要な代謝が悪くなり太るといわれているのもホントです。

朝食分の摂取カロリーを押さえることができれば、数字的には痩せるような気がしますが、そこまで単純ではないのが人間の体!
朝食を抜くことによって、活動的に動けなくなってしまい、消費カロリーが減ったり、体の機能自体が十分に目覚めることができずに基礎代謝が落ちてしまったりするそうです。

摂取カロリーが少なくなったとしても、消費カロリーも下がってしまえばダイエット効果は薄れてしまうことになりますよね。
朝食は、起きたばかりの体内機能を活性化させる役割もあるそうなので、代謝を上げるためには食べた方が良さそうです。

基礎代謝とは、何もしていなくても内臓や筋肉などが生命維持のために消費しているエネルギーのことで、人の消費カロリーの70%を占めているといわれています。
また、朝食にタンパク質を摂取すれば、筋肉を強化して日中の代謝をアップすることができるといわれているので、朝食を食べるならタンパク質が含まれている食事が◎

太るといわれている朝食抜きダイエット問題③
食べたものの吸収が良くなる

お腹を触る女性

朝食抜きダイエットによって、次にする食事の吸収がよくなり、太るのもホントのようです。

朝食を抜くと空腹時間が長くなるので、自然に体が栄養を吸収しやすいモードに切り替えてしまうそう!
そして、内臓に脂肪を溜め込みやすくなってしまうので、朝食抜きダイエットは太るといわれています。

さらに、先ほどお話ししたように空腹のせいで普段より多めの量を食べてしまえば、さらに太りやすくなることに……。
溜め込みやすい体とつい食べすぎてしまう過食の相乗効果は、ダイエットによくないことがイメージできますよね。

朝は食べても脂肪に変わることが少なく、エネルギーとして基本的に使われていくので、太りにくいそうです。
反対に、1日の総摂取カロリーが同じでも、活動が減り、消費も減る夕食に多く摂取した場合は、使われずに脂肪として溜め込まれてしまうことになるよう!

同じ量のカロリーを朝摂取するのと、昼や夜に摂取するのでは全く意味が変わってくることを覚えておいてくださいね。

太るといわれている朝食抜きダイエット問題④
朝食を抜くことで肥満のリスクが上がる

ベッドの上に座る女性

国立がん研究センターによると、朝食抜きダイエットによって肥満や脂質異常症のリスクが上がるという研究結果が出ているそうです。

それだけでなく、糖尿病、高血圧、脳出血などのリスクも上がるよう……。
朝食抜きダイエットは太るだけでなく、いろいろなリスクに繋がるようです。

ダイエットだけでなく、健康にも関わってくるので、長期的な朝食抜きダイエットは控えた方が良さそうですよ。
健康的に、そして自分に合ったダイエット方法を少しずつ見つけてみてはいかがでしょうか。

太るといわれている朝食抜きダイエット問題⑤
必ずしも朝食抜きがNGだとは限らない

微笑む女性

朝食抜きダイエットが太るといわれている原因をご紹介してきましたが、「みんながみんな朝食を抜いて太る」というのはウソかもしれません。

夕食を多く食べてしまう習慣がある女性や、遅めに食べてしまう女性の場合、翌朝になってもあまり空腹感を感じていないこともあるのではないでしょうか。

お腹が空いているという訳でもないのに、「朝食抜きダイエットは太るから」と義務感で朝食を食べてしまうと、単純に1日の摂取カロリーが増えてしまいます。
また、消費される量が少なくなりカロリーオーバーになってしまう心配も……。

本気でダイエットを考えるのであれば、夕飯の時間を早めにし、量を減らすのがポイントになりますが、仕事だったりや習慣付いていたりすると急に変えるのは難しいですよね。
その場合は、いきなり朝からしっかり食べるのではなく、軽く済ませることから徐々に朝食抜きをやめることをおすすめします。

太るといわれている朝食抜きダイエット問題⑥
朝食抜きにもメリットがある

カップを持つ女性

太るといわれている朝食抜きダイエットにもメリットがあるのはホントです。
なぜなら朝は、体にとって排出の時間であり、1日の中でデトックス効果が高いといわれているからです。

現代人は胃腸が疲れていることが多く、老廃物が溜まりやすい体になっている傾向があるそう!
そのため、朝食をたくさん食べ過ぎてしまうと、胃腸は消化機能だけでなく、老廃物を排出する機能も持ち合わせているはずなのに、消化するのに精一杯になってしまうようです。

反対に、朝食を抜けば体は排泄に集中することができるということ!

ですので、朝食をデトックス重視の食事にしたり、お休みしたりすることは100%悪いことではないといえそうです。

ただ、消化の時間は食物の種類や量によって違いますし、個人差もあります。
朝食を抜いただけではデトックスできない可能性もありますし、朝食を抜くことで本来の機能が正常に働き、調子が良くなったり痩せやすくなったりすることも!
なので、ぜひいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

太るといわれている朝食抜きダイエット問題⑦
朝食は軽めでもOK

果物とフレーク

「朝食抜きダイエットによって太る!」と思っている女性は、お腹が空いてもいないのに朝食を準備する必要に迫られているかも!

ただでさえダイエット中はストレスを抱え込みやすい時期でもあるの、痩せたいのに「食べなければ」という強迫観念のようなものがあればさらにストレスになってしまいそうですよね。

ダイエット中のストレスは、「痩せなきゃ!」と思うあまり視野が狭くなってしまいがち……。
思い詰めると健康に害を及ぼす危険性もあるので、そうなるくらいなら無理をしない方がいいかもしれません。

紅茶とクロワッサン

先ほどお話ししたように、朝起きて食欲がないのであれば軽食でもOK!
朝食からしっかり食べなければならないという訳ではないので、温かいスープやスムージーに置き換えるなどして軽めに済ませるといいでしょう。
また、全然お腹が空かないから果物だけで済ませるという朝食もアリですが、偏った食事内容だとも考えられているので、長期的に果物のみで済ませるのは控えることをおすすめします。

そして夕飯の時間帯や量を調節して、朝になったら自然とお腹が空くようなサイクルに整えていくのがベスト!
やり方としては、食事の消化には3時間ほどかかるといわれているので、就寝する3時間前に夕飯を済ませ、腹8分目くらいまでにするといいですよ。

太るといわれている朝食抜きダイエット問題⑧
朝食だからといって何でも食べていいわけではない

甘いものを見る女性

朝食は1日活動するためのエネルギー源になってくれるので、食べても太らないといわれていますが、朝食だから何でも食べていいというのはウソ!

朝は確かに活動前ですが、1日に必要なカロリーの1/2以上も朝から摂取してしまうような食生活だと、脂肪を溜めやすくなるといわれているんです。
朝食の食べ方によっては太ってしまうので要注意!

目覚めた体にスイッチを入れてくれる炭水化物、体温上昇に効果的な温かい飲み物、さらに野菜ジュースで栄養バランスを整えてあげると、健康的なダイエットをすることができそうです。

朝食を食べることによって、体温上昇を助けたり排便を促したりするメリットもあるので、積極的に食べ始めてみてはいかがでしょうか。

ただ、先ほどのお話しにも出てきたように今までの食生活によってズレなどもあるので、徐々に調整していきましょう。

太るといわれている朝食抜きダイエットのウソ・ホントについてご紹介させていただきました。
朝食にまつわるさまざまな噂は解決できましたか?
ダイエットの基本は運動と食事の管理なので、そこから自分のライフスタイルに合わせて朝食をどうしていくのかがポイントになりそうですよ。
皆さんも健康に気をつけながら、自分に合ったダイエット方法を見つけて取り入れてみてくださいね。