後悔しない就活のために♡自分を深く知れる〔自己分析〕の方法4選

LIFESTYLE

就職先を探すとき、いくらたくさんの説明会に行ったとしても、働いたことがなければ本当にその会社が自分に合っているのかなんてわかりません。

そこで、少しでも自分に合った就職先を探すために、自分自身の事を深く理解してあげましょう♪

自己分析の方法① 自分の人生をすべて振り返る

出典:www.youtube.com

まず、これまでの自分の人生をすべて振り返りましょう♪

私たちの現実はすべて、過去の選択の積み重ねです。だからこそ、自分の過去の選択とその理由を理解することは、自分自身の深い理解につながります。

この時ポイントなのが、出来事だけでなくその時の感情まで振り返ることです!
出来事は結果に過ぎません。「私は決断する時にどのような事を重視しているのか」という感情の部分に、自分の本音が隠れているのです。

自分が忘れてしまっている大切な事もたくさんあるので、親や幼馴染にどんな子どもだったのかを聞いてみる事も効果的です♪

そして振り返った上で、自分にとっての重要なキーワードを探してみましょう。あなたの人生観が一気にわかりやすくなります。

自己分析の方法② 自分の今の感情を知る

出典:www.comsystechno.co.jp

次に意識すべきなのが、現在の自分の感情です。
私たちは常に様々な感情と共に暮らしています。しかし意外と、「今なぜイライラしているんだろう?」「なんで今悲しいんだろう。」という理由の部分はわかっていないことがほとんどです。

例えば、「失恋したから悲しい」と思っていても、「失恋して頼れる人を失ったから悲しい」のか、「信頼していた相手に裏切られたことが悲しい」のか、または「彼氏という存在がいなくなってしまったことが悲しい」のか、などと深い理由までは考えていないのではないでしょうか。

感情には私たちの本音を知るヒントがたくさん詰まっています。ぜひ普段から感情の変化に敏感になり、理由を考えてみて下さい♪

自己分析の方法③ 自分の考えを人に話してみる

出典:u-note.me

そして次は、まとまっていなくても、自分の考えていることをだらだら人に話してみることです。

いくら自分だけで考えてみても、所詮自分の視野の内部でしか思考は深まりません。口に出して他人に説明する中で自分の考えは要約され、磨かれていくのです。

この時のポイントは、相手の人にアドバイスを求めない事です。話を聞いた感想は、要約に役立ちますのでお願いするべきですが、まとまっていない考えにアドバイスされても余計に混乱してしまいます。

もちろん、相手がとても頭のいい経験豊富な大人なら、自分でもわかっていない自分の考えまで見抜いた上で、的確なアドバイスをしてくれます。

しかし、だいたいの人は自身も経験していない事なんてわからないものです。
「ただ聞くだけでいいから!」という事を事前に伝えて、断片的でも自分の考えている事を話してみましょう。

自己分析の方法④ ぴんときたことをとにかくやってみる

出典:office-k-chiro.com

ここまで頭の中で自分を知る方法を紹介してきました。

そして最後は「ぴんときたことをとにかくやってみる」です。

やはりどれだけ真剣に考えたとしても、経験していない事はわかりません。何かをやってみたら、少なくとも「それが自分に合っているのか、合っていないのか」という事はわかります。

体験できない事は、実際にやった事がある人の話を聞いて模擬体験してみましょう。OB訪問もまさにこのような意味でとても効果的です♪

以上の4点が、自己分析をする上でとても重要なポイントです。

後悔しない就活をするためにも、ぜひ日頃から意識して自分を理解してあげて下さい♪

いかがでしたか?
まだ4年生になっていない人も、どんな大学生活をすごすべきか、という点を考える上で自己分析はすごく重要なので、ぜひ試してみて下さいね♡

2015.05.19 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。