恥をかかないために!結婚式でリボンをつける時のマナー

待ちに待った友達の結婚式♡
あなたはドレスのリボンをつけるときのマナーをしっかりおさえていますか?
結婚式でマナー違反な服装をすると主役である花嫁に失礼になってしまいますので、リボンといえど、予習・復習をしっかりしておきましょう!

結婚式で「リボン」をつける時のマナー①花嫁と一緒になるものはNG!

wear.jp

結婚式では基本的に「花嫁とかぶらないドレスやリボン」、「花嫁より目立たないもの」を選ぶことがマナーです。

ですから、あなたがリボンをつけたい場合は、あらかじめ友達である花嫁が着るドレスや髪飾りをリサーチしておくといいでしょう。

花嫁が持つ生花を使ったリボンや、ティアラのようなキラキラした素材のリボンは避けた方が良いですね♡

結婚式で「リボン」をつける時のマナー②季節感がズレているものはNG!

wear.jp

こちらは、結婚式に限らず、二次会やそのほかのパーティのマナーともいえます。
こういった大切なイベントは、季節感を大切にしましょう。

高級感のある“ベロア”のリボンや髪飾りは、冬を連想させるものですので、冬以外の結婚式では避けた方が良いでしょう。
また、夏には透け感のある軽めの爽やかな素材を使ったリボン、春にはキュートな春らしい色調のリボンを選ぶことをおすすめします♪

結婚式で「リボン」をつける時のマナー③色には気を付けて!

wear.jp

①で紹介したように、結婚式では、花嫁のドレスや髪飾りの色と被らないような色のリボン、そして“白”はできるだけ避けましょう。

“白”は結婚式の花嫁を連想させる清楚なカラー。
ただし、“白”でも小さめのアイテムならギリギリマナー違反ではないので覚えておいてください♪

また、ドレスが黒なのに髪飾りにつけるリボンも黒。といったように“全身が黒”にならないように気を付けましょう。
真っ黒だと不祝儀のイメージを持たれてしまうので、注意が必要です!

結婚式で「リボン」をつける時のマナー④靴の選び方

item.rakuten.co.jp

結婚式や披露宴に履いていく靴にもマナーがあります。

結婚式の靴は、ほどよいヒールがあるパンプスを選びましょう。
つま先が出るサンダルやミュール、またバレエシューズのような靴やブーツなどはマナー違反。

高いヒールが苦手だという方は、無理して高いヒールを履く必要はありません。
リボンの飾りがついた華やかなものならローヒールの靴でもOK♡
今回は、結婚式で「リボン」をつける時のマナーをご紹介しました!
この記事を読んだあなたは、友達の結婚式もきっと素敵な時間を過ごせるはず♪
結婚式のリボンにおけるマナーを知らない友達にも恥をかかせないよう教えてあげてくださいね!

マナー 結婚式 リボン ドレス 服装 花嫁

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

穂束 ほのか

フリーランスのライター*°キティちゃん/ファッション/アニメ/映画/可愛いものが大好き♡

>もっとみる