3月が旬のお花10選!窓辺やベランダをお花でいっぱいにしたい♪

LIFESTYLE

3月はたくさんの花が咲き始め、花屋の店先が明るさに包まれる時期♪
部屋に飾る花やベランダで育てられる花の種類も、冬に比べてぐっとアップしますよ。
3月に旬を迎える、おすすめの花をご紹介します。

3月が旬なお花①ガーベラ

ガーベラ

ガーベラは鉢植えと切り花、どちらでも楽しむことができる花。3月頃から開花を始め、春の間中、旬を楽しむことができますよ♪

すっくと伸びた長い花茎と、色とりどりの細長い花弁が印象的。1輪でも存在感があり、室内に春の雰囲気をもたらします。
白・ピンク・オレンジ・黄色・赤など、明るい色彩の花はガーリーな雰囲気がいっぱい!

鉢植えの場合、日当たりがよくない場所に置くと、葉だけが育って花が咲かない事態に。よく陽射しが当たる場所に置き、表面の土が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。
水をやる時は鉢底からあふれ出すくらい、あげることがおすすめ。乾燥した状態だと生育が悪くなってしまうため、水切れには注意しましょう。

ただし、常に根が水に浸っているような状態では根腐れを起こしてしまうため、メリハリをつけて水を与えることが上手に育てるポイント。

3月が旬なお花②カランコエ

カランコエ

カランコエは多肉植物の一種で、3月におすすめな花の中でも花の旬が長い特徴があります。小さくカラフルな花が寄り集まって咲く姿は、とっても可愛らしいですよ。

カランコエにはいくつかの種類があり、八重咲きのゴージャスな花を咲かせるタイプやベルのような形のユニークな姿のものもあります。
他の多肉植物同様、乾燥に強い性質を持っているため、ついつい水やりを忘れてしまうタイプの人でも育てられますよ。

育て方の注意点としては、水のやりすぎに注意すること。また、水をあげる時に葉っぱに水がかかってしまうと腐ってしまいます。
葉に水がかからないように、根元に水を与えるようにしましょう。水やりのコツさえ掴めば、育てることは難しくありません。

3月が旬なお花③スミレ

スミレ

スミレは紫色の小さな花を咲かせる植物で、3月~4月が花の旬。

根元から花茎をにょきっと伸ばして、旺盛に咲きます。可憐で控えめな印象がある花が、静かに春の訪れを感じさせてくれますよ。

もともと日本に自生している植物なので、日当たりの良い場所さえ確保できれば、園芸初心者でも簡単に育てることができます。
成長し過ぎて根詰まりを起こしやすいため、大きく育ってきたら大きな鉢植えに上変えるようにすると、来年も再来年も綺麗な花を楽しむことができますよ♪

美しく育てるには、こまめに花がら摘みをすることがおすすめ。しおれた花は早めに摘み取りましょう。

3月が旬なお花④ナノハナ

ナノハナ

ナノハナはナバナという名前でも呼ばれ、3月頃になると花の旬を迎える植物。アブラナや西洋アブラナの総称として知られます。

小さな黄色い花が、春らしいですよね。寒さに強い性質があり、冬の間も切り花として花屋の軒先に並びます。
花屋で売られている観賞用のナノハナは、素朴で控えめな印象が魅力的。チューリップやガーベラを引き立てる脇役として飾り付けても◎

簡単に育てることができ、初心者でも種から育てて花を咲かせることは簡単♪
花が咲く前に採取すると、つぼみや若芽が食用にもなりますよ。

3月が旬なお花⑤モモ

モモ

ひな祭りの花として知られるモモの花!3月にピンクや白の花を咲かせ、旬を迎えます。

食用の果実を採取するための品種と、花を鑑賞するために改良された品種の2つに大きく分けられます。

花屋さんで切り花として売られているのは、花を楽しむ品種の方。ウメが咲いた後、サクラよりも早く咲き始めることが特徴。

ひな祭りシーズンには、八重咲の品種がよく出回ります。ゴージャスで可愛らしいピンクの花は、部屋の雰囲気を明るくしてくれますね♪

シンプルにモモだけを飾っても素敵ですが、チューリップやガーベラといった春の花と一緒に生けてもゴージャスな雰囲気になりますよ。

小さな苗を購入して、花木として鉢で育てることもできます。日当たりのいい場所で、年々大きな鉢に植え替えることが必要。
土が乾燥気味の状態を好むため、水のやりすぎには注意して。

3月が旬なお花⑥チューリップ

チューリップ

チューリップは春の代表的な花!気温が上昇する3月になると、一斉に咲き始め旬を迎えます。

学校やの花壇にも使用されるほどポピュラーな花ですよね。カラーも豊富で、白・黄色・赤といった定番カラーの他にも、様々な色が混ざり合ったカラーも。

クリームピンクや薄紫といった、ニュアンスカラーも豊富に揃っているところも魅力。

チューリップだけを飾っても十分に見栄えしますが、かすみ草やスプレーマムなど様々な他の鼻とも相性抜群♪

豪華な花を楽しみたい場合、ノースキャップやアイスクリームといった八重咲品種がおすすめ♡
球根から育てることも簡単なので、秋に植え付けて春の開花を楽しみに待ってもいいですね。

3月が旬なお花⑦ムスカリ

ムスカリ

チューリップと同じ球根植物のムスカリ。旬が同じチューリップと一緒に植えられることも多く、春の花壇で見かけることができる植物として知られます。

ぶどうのような房になって咲く花は、素朴で可愛らしい雰囲気。紫や青の花が好きな人におすすめ♪

夏から秋にかけて球根が出回り始めます。3月になると、芽吹いた状態のポット苗として販売されることが多いです。目が出た状態からなら、手軽に育てられますよ。

植えっぱなしでもどんどん増えるため、手間をかけなくても大きな株に育ちます。
日当たりが悪いと生育が悪くなり、葉っぱばかり伸びてしまうので注意しましょう。花が咲き終わった後は、水やりは必要ありません。

3月が旬なお花⑧バラ

バラ

バラはゴージャスな花の代名詞的存在ですよね♪
3月や4月の春先に旬が来る品種の他、春と秋どちらにも咲く品種がありますよ。

バラは鉢植えでも切り花でもどちらでも楽しむことができるところが魅力♡
強い芳香がある品種を選ぶと、部屋の中がバラの香りに満たされます。

春と秋どちらも楽しめるバラを探している人は、四季咲きと書かれているものを選びましょう♪
鉢植えのバラと聞いて、大輪のものを思い浮かべる人は多いかもしれませんが、鉢植えとして手軽に育てられるミニサイズのバラもあります。

ミニバラにも豊富な種類があり、たくさんのバリエーションの中から選べます。可愛らしいピンクの花をたくさん咲かせるミスピーチ姫や、ホワイトとグリーンの色合いの変化が見事なグリーンアイスといった品種が人気。

3月が旬なお花⑨ゼラニウム

ゼラニウム

ゼラニウムは植物にとってやや厳しい環境でも育てることが可能な、丈夫な花。都市部のべランダでも簡単に育てることができますよ♪

3月になると咲き始め、秋頃まで長い間旬を楽しむことができるところが魅力。
日当たりがいい温かい室内で育てることも可能。
ハーブの一種としても人気があり、虫が寄ってきにくいところも人気があるポイント!

たくさん日が当たる場所で育てることが好ましいですが、半日陰の環境でも育てることができます。

低温多湿の状態になると灰カビ病が発生しやすくなるため、なるべく雨に当たらない場所で管理することがおすすめ。

3月が旬なお花⑩ペチュニア

ペチュニア

ペチュニアはたくさんの花を咲かせる、多花性の植物として知られます。3月頃から開花を始め、夏の間も旺盛に花を咲かせ続けますよ。

ハンギングで育てることができ、旬の時期はたくさんの花があふれるように咲きます。秋頃までたくさんの花が咲くため、旬が長い花を探している人におすすめ!

盛んに生育するため、小さな鉢で育てているとすぐに根がいっぱいになってしまうことが注意点。
根詰まりを起こすと水を充分に吸い上げることができなくなるため、適宜大きな鉢に植え替えてあげましょう。

3月が旬の花はたくさんあるため、どんなものを選んだらいいか迷ってしまいますよね。
今回ご紹介した花は、いずれも比較的手軽に楽しむことができるものばかりなので、ぜひ参考にしてください♪