友達にはいまさら聞けない。正しい洗顔方法をこっそりおさらい♪

BEAUTY

朝晩何気なくやっている洗顔。泡を立てて、ゴシゴシ洗って終了!になってはいませんか?
今になって「洗顔どうやるんだっけ?」なんて聞けませんよね。
これを読んで、こっそり正しい洗顔方法をおさらいしておきましょう◎

正しい洗顔方法①もふもふの泡立てはマスト!

正しい洗顔方法で一番大切なことは、泡をしっかり立てておくこと!

泡を立てないと、肌に摩擦が生じて傷をつけてしまいます。
クレイ洗顔でない限り、もふもふ泡を心がけましょう♪

泡立てが苦手な人は、泡立てネットもありますし、最近では泡洗顔のアイテムも多いので、使っちゃいましょう◎
泡の量としては、ピンポン玉2個分が目安です。

クレイ洗顔愛用者の人は、「肌の上でこすっていれば馴染むだろう」という気持ちではなく、手のひらで柔らかくしてから、洗顔してあげてください。

正しい洗顔方法②皮脂の多い箇所から洗う!

皮脂の多い箇所から洗うのも、正しい洗顔方法です。

まず洗うべき場所は、顔全体のT字になる部分。
Tゾーンを含む、鼻まわりやあご先も洗っていきましょう。

①たっぷり泡を立てたら、小鼻からスタート!
皮脂が多くザラつきも気になる部分なので、入念に洗いましょう。
横だけでなく、鼻のわきや下は忘れがちなので注意します。

②鼻からおでこに向かって真っすぐに泡を伸ばしていきます。
おでこまで行ったら全体に広げましょう。
広げる時はくるくるしながら◎

③あごも皮脂が多い部分です。
指の腹で小さな円を描くように洗います。
唇の真下も忘れずに洗いましょうね♪

正しい洗顔方法③頬から顔全体に泡を伸ばす!

大きいT字ゾーンが終わったら、頬へと進みましょう。

残っている泡を両頬にふわふわと包んでいきます。
擦るのではなく、泡のクッションで汚れを浮かすようなイメージで。
あくまで優しく洗うことが、正しい洗顔方法です。

頬が終わればほぼ全部のパーツを洗い終わったことになります。
次は顔全体に泡を伸ばしていきましょう♪

フェイスラインや生え際、くぼみなど…普段気にかけていないようなところも汚れはついています。
忘れずに泡を伸ばしましょう☆

正しい洗顔方法④最後は目元を洗って、すすぎ洗いを!

顔全体に泡が乗ったら、最後は目元!

目元は皮膚が薄いので、今までよりもさらに優しく洗う必要があります☆
正しい洗顔方法は、手のひらに残った泡をのせるだけ。これだけで十分洗顔効果はあります。

最後はすすぎです。
すすぎはシャワーで流せば早いのだけれど、やってはいけません。
ぬるま湯を両手にすくい、顔の中心から外側に向かって、流していきます。
泡を早くすすぎたいからと言って、ごしごしやってはいけません!
優しく何度もぬるま湯をお肌に当てましょう♪

これまでの洗顔方法を思い出してみて、間違えていることはありませんでしたか?
※ふわふわの泡で優しくくるくる洗う!
※すすぎはシャワー厳禁!
これだけは必ず守り、正しい洗顔を心がけましょう◎

2015.09.04 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。