新郎が結婚式で飲みすぎないための対処法!最後まで素敵な時間を♡

WEDDING

2人にとってとても特別な結婚式の日。
結婚式では、新郎はいろいろな人からお酒をすすめられるでしょう。お付き合いも大事ですが、「飲みすぎてほしくない」というのが花嫁さんの本音ですよね♡

今回は、「新郎が結婚式で飲み過ぎないための対処法」をご紹介します。

新郎は、ついお酒を多く飲んでしまうケースが多い!

結婚式の乾杯

結婚式では、新郎新婦共にゲストからお酒をすすめられる機会が多いものです。
ですが、新婦は「飲まずにいた方が美しい見た目をキープできる」という理由があるので、飲まずに済ますことが簡単にできます。でも、新郎はそうはいきません。普段、お酒が強い人ほどついつい飲みすぎてしまうケースが多いんだとか!

断りにくいから、場の雰囲気を壊したくないから、盛り上げたいから、とついつい飲みすぎて、途中でつぶれてしまった……なんていうことになったら、最悪ですよね。お酒の失敗は、ゲストからの信用を失ってしまう可能性もあるんですよ!

せっかくの結婚式が台無しになってしまわないよう、飲みすぎには注意したいところ。ゲストにお酒をすすめられた場合、全て飲まなくてはいけないのでしょうか?
そんな疑問とともに、ゲストにお酒をすすめられたときの飲みすぎないための対処法をご紹介します。

新郎が結婚式で飲み過ぎないための対処法①お酒が飲めないことをアピール

結婚式のお酒

飲みすぎてしまう以前に、「お酒が飲めない」という新郎もいます。
普段からお酒が飲めない人は断りやすいので、無理して飲んで潰れてしまう、という心配も少ないかもしれませんね。

最近では、飲めない人にお酒をすすめてはいけない、ということが常識となっている会社がほとんどです。なので、上司や同僚も彼が飲めないということを知っているでしょうし、強引にすすめてくることは考えにくいでしょう。

友人や親族ももちろん、新郎が飲めないことを知っているでしょうから、無理に飲まされる心配はありません。

ですが、新婦側と付き合いの長いゲストは、新郎が飲めないということを知りません。
なので、事前に新婦からキッチリと伝えておく必要があります。常識的な人が多ければ、問題ないのですが、ノリを重視するような人が多い場合はしっかりと釘をさしておきましょうね。

最近では、飲めない人にお酒をすすめと命を落とす危険性もあることが広く知られていますので、飲めない人はハッキリ断っても失礼にはなりませんよ。むしろ、飲めないお酒を飲みすぎて倒れてしまう方がよほど印象が悪いので、飲めないときは遠慮なく断りましょう!

また、事前に用意された水かお茶を、お酒と見立てて飲むフリをするのも一つの手でしょう。場を盛り下げないためのおすすめ方法です!

新郎が結婚式で飲み過ぎないための対処法②事前の対策

結婚式

空腹状態でお酒を飲むと、どうしても酔いやすくなってしまいます。
普段は酔わないような量でも空腹時はお酒が回りやすいそうなので、飲みすぎには注意が必要ですよ。

結婚式では新郎新婦は、ほとんど食事を摂ることができません。
控室ではサンドイッチなどが用意されることが多いようですが、できる限り胃に多くのものが入っていることが望ましいので、腹持ちの良いオニギリなどを用意しておくのもおすすめです。

また、牛乳で胃に膜を作ることも、飲み過ぎ対策として効果的だといわれています。
担当のスタッフに相談しておけば、披露宴会場に入場する前に牛乳を飲めるよう配慮してもらえるかもしれません。

新郎が結婚式で飲み過ぎないための対処法③バケツに流す

結婚式

結婚式場では、新郎新婦席の足元にバケツが用意されていることが多いそう。これは、飲みすぎてしまわないように、ゲストが注いでくれたお酒を捨てるためのものです。
ほとんどの結婚式場で、ほぼ確実に用意されているものだと思いますが、レストランやガーデンウェディングなどは事前に確認しておいてくださいね。

ゲストにお酒を注いでいただいたら、お礼を言って一口頂きましょう。そしてゲストが立ち去った後で、バケツにお酒を流します。飲めない人は一口頂くフリをして、飲まないでバケツに流してOKです!

年配の人ほど、新郎新婦はお酒をすすめられてもバケツに流す、ということを知っています。また、それが当然という認識の人も多いので、バレたら気まずいのでは?なんていう心配はしなくても大丈夫ですよ。

新郎が結婚式で飲み過ぎないための対処法④式場にこっそりとお願いしておく

グラスに入ったお酒

職場や親族の雰囲気によっては、お酒を断ることもバケツに流すこともちょっと難しい……という場合もあるかと思います。そんな時に頼りになるのが、結婚式場のスタッフです。

お酒の入っているグラスは早めに下げてもらうように、事前にお願いしておくのも飲みすぎないための方法です。
また、タイミングを見計らって、お酒の入ったグラスを水やソフトドリンクなどが入ったグラスと入れ替えてもらう、というのも効果的♪

方法を指定してお願いするよりも、まずはプランナーさんに相談をしてみましょう。結婚式場のスタッフは、“新郎が飲みすぎてしまう”という事態に何度も遭遇しているので、さまざまな対処法を持ち合わせていることでしょう。

新郎が結婚式で飲み過ぎないための対処法⑤新郎の認識を確認!

酔いつぶれる新郎

「結婚式で飲みすぎてしまう」ことに対して、新郎はどう思っているのかを事前に確認しておく必要があります。新郎によっては、「飲みすぎないようにしなくちゃ」という意識すら持っていないかもしれません。

親族の結婚式はどんな雰囲気だったのか、同僚の結婚式はどうだったか、など新郎が過去に参列した結婚式の様子を訊いて、探りを入れてみましょう。なぜなら、新郎の仲間内では「お酒を飲ませて新郎を酔わせる」ことが恒例となっている場合もあり得るからです。

そういう環境にいる人は、自分が飲みすぎて潰れてしまったら、新婦が恥ずかしい思いをするということを知らないのかもしれません。

新郎が考えている結婚式当日の行動を確認し、新郎自身で飲みすぎないように対処することが困難だと判明した場合は、事前にこっそりと結婚式場のスタッフに相談するのが最善の方法ではないでしょうか。

新郎が結婚式で飲み過ぎないための対処法⑥結婚式の進行を工夫する

新郎がお酒を注ぐ

新郎が飲みすぎないように対処することが難しいと判明した場合、ゲストが新郎新婦にお酒をすすめることができる時間が最小限になるように、進行そのものを工夫するという方法もありますよ!

例えば、ゲストが新郎新婦の元へお酒を注ぎに行くのが一般的ですが、逆にしてしまうのはいかがでしょうか?新郎新婦が各テーブルをまわり、お祝いに来ていただいたお礼を言ってお酒を注ぐ側になるのです。

一つのテーブルに長時間滞在することはできませんが、多少は会話を交わすことができるでしょう。

また、飲み過ぎるのを防ぐだけでなく、新郎側の友人を覚えやすくなることも嬉しいポイントです!結婚式は参列者のコミュニティごとにテーブルが分かれていますよね。テーブルで会話をすると、誰がどのコミュニティに所属しているかが一目瞭然!
飲み過ぎるのを防ぐだけでなく、新郎の友人が覚えやすくなるので一石二鳥といえるかもしれません。

新郎が結婚式で飲み過ぎてしまわないための対処法をご紹介しました。せっかくの結婚式で新郎が酔い潰れてしまって、雰囲気が台無しになってしまったり、最後の挨拶ができなくなってしまったり……、そんな失態は何としても避けたいですよね。

雰囲気良く、いろいろな人から「いい式だったね」と言ってもらえるような、ステキな結婚式にしてくださいね♡