そのお塩で大丈夫?むくみ防止に大切なのはお塩の「量」より「質」☆

BEAUTY

料理の調味料として欠かせない、お塩。
あなたは、どんなお塩を使っていますか?もしかして…精製された化学塩を使っていませんか?
よく「塩分量を控えましょう」と言いますが、意識すべきところは塩分量よりも、塩の質!!
塩分を控えているのに変化のない方や、どうしても濃い味でないと満足できない…という方は、お塩をチェンジするだけで効果があるかもしれませんよ♪

むくみ防止にもなる!お塩の塩分と血圧の関係とは?

むくみ防止にもなる塩、ですが、塩分を摂ると、血液中の塩分濃度が高くなります。
すると、高くなった塩分濃度を調整するため、体内の水分が血液中に集まります。
そして、結果的に血液の量が増え、血圧が上昇してしまうのです。

高血圧症の方が減塩するのはこのためです。
また、体に悪い化学物質が体内に溜まって、結石となってしまう場合も…。

塩はカロリーもほぼないので、塩分量だけ気にすれば良いのかなぁ?なんて思いがちですよね。
ですが、実はそうではないんです!

ラーメンでむくんだ!!のからくりは塩にあった?

よく「ラーメンを食べるとむくみやすい」なんて言いますよね。

ラーメンを食べてむくむ理由のひとつは、体の細胞が、水分と塩分を1対1で溜め込むようになっているから。
そのため、塩分を取りすぎるとナトリウム濃度が高くなってしまい、足りない水分を補うように、体が水分を蓄えてしまいます。その結果、体がむくんでしまうのです。

反対に、水分を取りすぎると、足りない塩分を補うようにしょっぱいものが欲しくなり、さらに水分を溜め込みやすくなってしまいます。
むくみを防止するには、どちらかが極端に多くてもダメなんですね。

むくみ防止にもなる!おすすめは天然の塩♪

以上のことを踏まえると、塩分は「量」を気にすることも大切ですが、それ以上に大切なのは、「質」!!

化学塩は99.9%ナトリウムイオンで、カリウムなど、その他ミネラル類がほぼ含まれていません。

一方で、天然のお塩には、ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)が豊富に含まれています♪
また、化学塩では味わうことのできない"うま味"や"苦味"を感じることができるため、普段より少量で満足できたり、素材の味を楽しむことができるのです!
結果的に塩分の量を減らすことができ、むくみ防止につながるというわけですね♡

むくみ防止にもなる!ミネラル豊富♪天然塩の種類

天然塩にもたくさん種類があります。
料理や気分など、お好みで使い分けるのも良いですね♫

たとえば、海の水より作られる、「海塩」。
製法がいくつかあり、塩田で海水を蒸発させて作る「天日塩」、海水を煮詰めて作る「平釜塩」があります。

また、天然塩で有名なのは、「岩塩」ですね。
これは海水が地層に閉じ込められ、塩分が結晶化したものです。
これらをうまく取り入れて、むくみを防止していきましょう!

天然塩にしてみると自然と量を減らせたり、ミネラルなどが摂れるので一石二鳥!
最近では、可愛いミル付きケースで売られているものや、お塩の専門店もあったりと、選ぶところから楽しめそうですね。
塩分は「量」を気にするのと同時に、「質」にもこだわっていくことで、むくみを防止していきましょう。