年上男子がきゅん♡思わず抱きしめたくなる“甘えんぼ顔”メイク

BEAUTY

メイクは、女の子の顔の印象をガラッと変えさせてくれる魔法のようなもの。
クール、ガーリー、大人っぽく......どんな顔もメイクで叶えられますが、
年上男子には、ずばり”甘えんぼ顔”。
見ているだけで思わず抱きしめたくなるような女性に変身しましょ♡ 

甘えんぼ顔メイク① とろんとまろやかな瞳に「赤茶の目元」

男性は、女性のどこをチェックしているのでしょう? 
胸や脚といったパーツも挙げられますが、実は「目」という意見も多数! 

男性をジッと見つめる目元は、柔らかさを出しつつ、意思の強そうな瞳に仕上げましょう。

ただし定番のブラックは、目ヂカラはグッとアップするけど、少し目元の印象が強くなってしまうかも......
甘えん坊のような優しい目元は、赤茶でつくりあげましょう。

アイシャドウ、アイライン、マスカラと全てを統一するのがキモです。

甘えんぼ顔メイク② ふわふわ甘い頬に「ピンク色のパウダーチーク」

出典:www.lucavenus.jp

ふわふわ〜っと柔らかい印象を演出するには、ピンク色のパウダーチークは必須です。

今はクリームチークも流行っていますが、肌の内側からにじみ出るような発色は、可愛いというよりも色っぽいセクシーな印象になるので甘えん坊顔向きではありません。

ここは、パウダーの見せ所。
肌の上にふんわりのるような程よい粉っぽさで、マシュマロみたいな頬に仕上げましょう。

また、黒目下と小鼻の延長線上にチークをのせるとキュートですよ♡ 

甘えんぼ顔メイク③ 一気に童顔っぽく仕上げる「離れ平行眉」

甘えん坊顔=童顔フェイスに仕上げるのが理想的。
そして、メイクによって一番童顔っぽく仕上げやすいのがアイブロウです。

普段は眉頭を近づけて描いている人も、離れぎみに描いてみてください。
すると、普段のキュッとした顔立ちから一転、抜けのある愛らしい顔立ちに変化しませんか? 

そして、眉は角度をつけずにほぼ平行に描くのがポイント。
優しい雰囲気の少女さっぽさが漂います。

甘えんぼ顔メイク④ お願い事を聞いてくれるかも?「桜色リップグロス」

「唇」は、女性としての魅力を存分にアピールできるパーツです。
可愛らしさ、そして可憐さを上乗せするため、桜色のリップグロスを使いましょう。

ほんのり血色感のあるぷるぷる唇に、年上男性は弱いのです♡ 

逆にNGなのが、マット質感のリップ。
強めの顔に仕上がってしまって生意気そうに見えてしまうので、年上男性の前では避けた方がベターです。

とにかく”甘えん坊顔”になるには、甘さや可憐さを漂わせるのがポイント。
決して強めだったり、ハデだったりする要素は入れてはだめです。
年上男性からよしよしされるような愛らしい少女っぽさを、メイクテクで手に入れましょう。