意識を変えてみるだけ♪苦手な人、嫌いな人と気楽に会話する方法4つ

LIFESTYLE

関わっている全ての人を好きになるのは、難しいですよね。
苦手なひとや嫌いな人とも、関わっていかなくてはいけません。
今回は嫌いな人と気楽に会話する方法をご紹介します。

苦手な人や嫌いな人と気楽に会話する方法①中立を意識

苦手な人や嫌いな人と会話するときは、できるだけ自分の意見は言わないようにするのがベター。

あなたが意見することで、再度突っかかってくるのを防げます。
彼らと話すときは、できるだけ中立の立場を取るようにするといいでしょう。

「うんうん」とただ相槌をしておいて、話は右から左へ流してしまうことが大切!
嫌いな人の話を真剣に聞くメリットは…あまりないはずです。

苦手な人や嫌いな人と気楽に会話する方法②いいところを探す

苦手な人や嫌いな人の、いいところを頑張って探してみましょう!

「そんなの無理!探したくもない!」と思わずに…(笑)
その気持ちは分かりますが、“嫌い”、“苦手”という意識ばかりになってしまうと、ますます関わりたくなくなります。

「ここだけは許せる」「ここは郡を抜いて良いんだよな」、そういうポイントを見つけると、嫌な気分になっても、思い出せばなんとか会話できるものです。

苦手な人や嫌いな人と気楽に会話する方法③決めつけない

嫌いな人なら、嫌いになった理由がはっきりしていると思います。

でも苦手な人って、理由がぼんやりしていることが多いですよね。
苦手なだけなら改善の余地有り◎

苦手な人って、一瞬で「あ、もうこの人ダメだ、苦手だ」と思いがちですが、その先入観を取り払いましょう。
「ただの思い込みかもしれない。予想と違う人かも知れないぞ」と頑張って好奇心旺盛に対応してみてください◎

苦手な人や嫌いな人と気楽に会話する方法④距離置いちゃう

どうにもこうにもいかなくなったら、潔く距離を置いてみるのも一つの手。

距離を置けない状態もあるかもしれませんが、極力近寄らないようにしたり、必要最低限だけの関わりにとどめましょう。
苦手な人と接したら、そのあとは自分の時間を確保するようにする。

嫌いな人の対応は時間を決めておいたり、ミーティングなら遠く離れた席に座ったりと、出来ることはいっぱいありますよ◎

いかがでしたでしょうか?
苦手な人、嫌いな人の対応は是非とも上手くなりたいものですね。
いい意味で八方美人を目指しましょう!(笑)