「私は大丈夫かな?」知っておきたい正しいムダ毛の自己処理方法とは

ムダ毛の処理を自分で行っている方は、「正しい方法でできている!」と自信を持って言えますか?
自己処理は正しい方法で行わないと、肌トラブルを招く危険性があるんですよ。

今回は、ムダ毛処理の正しい方法や、間違った自己処理によって起こる肌トラブルについてご紹介していきます!

目次

ムダ毛の自己処理とは

ムダ毛処理は女性にとって、とても身近で欠かせないことですよね。

そうであるにも関わらず、自己処理の方法について誤った情報が広まっているのが現状です。
安全で効果のある処理ができていない方も多いんです。

カミソリ負けして肌がガサガサになってしまったり、毛抜きで毛穴がボツボツになってしまったり……「自分もなってしまってるかも」と思い当たる方もいるのではないでしょうか。

ムダ毛のないツルツルな肌を目指すはずが、自己処理によって肌トラブルまで引き起こしていませんか?

もし肌荒れしてしまっていたら、それは処理法が間違っていると考えてもいいかもしれませんね……!

ムダ毛の自己処理方法① 毛抜き

毛抜きによる自己処理のメリットは、毛根から一気に抜くことで、次に同じ場所から毛が生えてくるまでの期間が、他の自己処理法と比べて長いという点にあるでしょう。

眉毛や指の毛などの細い毛は、毛抜きを使って自己処理をしている方も多いのではないでしょうか?

基本的には1本ずつ抜くことになるので、肌に優しい処理だと思いますよね。
でも毛抜きでの自己処理は、意外にも肌を傷つけやすいんです。

なぜなら毛抜きで抜く毛には、毛穴の倍にも及ぶ太い毛根があるんです。
つまり、ムダ毛を引っ張って抜くことによって、毛根のサイズの分だけ毛穴も当然広がってしまうのです。

そして、無理やり引っ張って抜くことで、肌はとても傷つきます。
抜いた部分が赤く炎症を起こしたり、それが長期間にわたると肌が黒ずんだりもするでしょう。
さらにポツポツとした、鳥肌のような肌質になってしまうかもしれません。

肌にかかる負担は、いろいろな自己処理の方法の中でも、最も大きいと言っても過言ではないでしょう……!

ムダ毛の自己処理方法② カミソリ

カミソリは、最もポピュラーな自己処理の方法ですよね。
一度で手軽に、広範囲の毛を処理することができるので、とても便利です。

そうしたカミソリは、ムダ毛の処理でも比較的安全と言えるでしょう。
とはいえ、正しく使わないと肌を傷つけてしまったり、肌トラブルの原因にもなってしまいがちです。

またカミソリで処理できるのは、肌の表面にある毛だけ。
マメに処理をする必要があるために、カミソリの刃こぼれなどで肌が傷つき、色素沈着の原因にもなる場合があるんだそう。

また浴室にカミソリを置いておく方も多いと思いますが、カミソリが雑菌が付着する原因にもなるんです。
浴室で管理するということは、カミソリを使う際にその雑菌を肌に乗せているのと同じ状態とも言えるんですね。

ムダ毛の自己処理方法③ 除毛クリーム

除毛クリームもムダ毛の自己処理方法の一つです。
皮膚の表面部分のムダ毛を薬剤で分解するので、仕上がりは滑らかで、毛穴も目立ちにくいのが魅力です。

カミソリと比べると、カミソリ負けしないといった意味では肌には優しいのですが、肌が弱い方や敏感肌の方などは、クリームを塗った時にヒリヒリしたり、チクチクしたりといった違和感を覚える場合もあるようです。

また除毛クリームは、タンパク質でできた毛を溶かす薬剤。
肌もタンパク質でできているので、頻繁に使うと、肌自体にダメージを与えてしまったり、肌が弱くなったりすることもあるそうですよ。

自分の肌と相談しながら使用し、使った後は異常がないか、しっかり観察してくださいね。

ムダ毛の自己処理方法④ 家庭用脱毛器

近頃、家庭用脱毛器を店頭などで見かける機会も増えましたよね。

家庭用脱毛器のメリットは、何といっても毛根から毛を取り去る“光脱毛”を、エステサロンに出かけることなく、自宅でいつでも好きな時にできることにあるでしょう♡

「サロンに行くのが面倒。」「忙しくてサロンに通う時間がない……」といった、まさにそんな方におすすめなんです!

しかし、サロンで使う機械よりも、出力はかなり弱めに設定されているのが一般的。
個人で使うとなれば、誰でも扱える必要があるので、安全性を考慮しているんですね。
そのため、効果もその分、小さく感じられるかもしれません。

最近は、美容家電のコーナーが充実している家電量販店も多いですし、家庭用脱毛器も多くのメーカーからたくさん販売されています。
種類もたくさんありますが、大半はエステで使用されているような、光脱毛タイプなんだそう。

中には毛を抜くタイプのものもありますが、毛抜きを使うこととほぼ同等の効果や、肌への影響があるでしょう。
自分の肌にはどれが合っているのか、検討してみることも大切です。

ムダ毛の自己処理によるデメリット① 素肌のトラブル

ツルツルの肌になるためのムダ毛の処理ですが、自己処理をすることによって、肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

どのような肌トラブルが考えられるのでしょうか?

①肌荒れ・乾燥
角質がダメージを受けることで、肌のバリア機能が低下し、乾燥や肌荒れを起こすことがあるんだとか。

自己処理をした部分に赤いブツブツができたり、かゆみやピリピリするような痛みを感じたりする場合は、肌荒れを起こしている可能性が高いですね。

②色素沈着
ムダ毛の自己処理を繰り返すことによって、メラニン細胞が活性化されます。
そのため、肌が黒ずむなど、色素沈着してしまうケースもあるんだそう。

一度色素沈着が起きてしまうと、元通りの肌に戻るまでには時間がかかることが多いようです。細心の注意を払いたいですね。

③埋没毛
カミソリや毛抜きによる自己処理後に、よく起こりやすい肌トラブルと言えます。
毛穴がふさがって、毛が皮膚の下に埋まってしまっている状態です。

その際、無理に毛を引き抜くと、炎症を起こしたり、肌に傷が残ってしまうこともありますよ。

④毛嚢炎(もうのうえん)
不衛生な環境や器具を使用したために、引き起こされる肌トラブルです。
皮膚や毛穴から雑菌が入って、化膿したり炎症を起こしたりしてしまうんです。


自己処理には、このように様々な肌トラブルを招く危険性をはらんでいます。
症状がひどい場合には、必ず皮膚科など医師による受診をしましょう!

ムダ毛の自己処理によるデメリット② 手間がかかる

自己処理は自宅で好きな時間にできるというメリットがある反面、手間がかかるというデメリットもあります。

肌を露出する機会の少ない冬場は億劫になり、ついつい自己処理を先延ばしにしてしまうこともありますよね……。

パンツスタイルが多いからと、脚のムダ毛の自己処理を怠っているときに限って、フラッと立ち寄ったショップでステキなスカートを発見……!
試着をしたいと思うも、ムダ毛の処理していないから脚を出せない……そして断念する、といった残念な経験をした方もいるでしょう。

あるいは、急なお泊まりで、手付かずのムダ毛を彼氏に見られてしまい、恥ずかしい思いをした……といった、苦い経験を味わった方も意外に多いようですね。

そうした事態を防ぐために、手間暇かけて自己処理に努めるのですが、なかなか労力がいるものです。

ムダ毛の自己処理によるデメリット③ 怪我、雑菌などのトラブル

ムダ毛の自己処理をする時に、きちんとカミソリや毛抜きを毎回消毒をしてから使うという方は少ないのではないでしょうか。

カミソリや毛抜きが、開封直後の新品であれば問題はないのですが、自宅で繰り返し利用しているものには、雑菌が繁殖している可能性が高いんです。

それらを使って毛を剃ったり、抜いたりするわけですから、カミソリによって傷つけられた肌や毛穴から、雑菌が侵入してしまう確率も当然高くなってしまいますね。

そして、この雑菌の侵入によって、炎症が起きてしまうというわけなんです。

体調が万全であったり、健康な肌であれば、多少の雑菌に抵抗する力があるでしょう。
しかし、度重なる自己処理により、バリア機能が低下した肌は、雑菌が侵入したり繁殖しやすくなりがちです。

場合によっては、皮膚科に通う必要があるほどの炎症を起こしてしまう可能性もあるので、自己処理に使う器具は入念に手入れをした方がいいようですね。

ムダ毛の正しい自己処理① 保湿、衛生、頻度に注意する

ムダ毛の自己処理で炎症を起こさないために重要なことは、“使用する器具を清潔にしておく”ということです。

カミソリはキレイに洗って乾燥させて、清潔な場所で保管しましょう。
また切れ味が悪くなったら、早急に新しい刃と交換してくださいね。

毛抜きも、使用前に消毒することをおすすめします。

脱毛クリームは、事前にパッチテストをしてから使用すると安心ですよ♪

また、自己処理の頻度に気をつけることも大切。
自己処理はどのような方法であっても肌を傷つけているので、頻繁に行うとさまざまなダメージの原因になってしまいます。

目先のことだけを考えるのではなく、5年後や10年後も、美肌をキープするのであれば、自己処理の回数に気を配ってください。

いずれの自己処理方法において、共通して大切になるのが、“肌をしっかりと保湿する”ということです。特に乾燥しがちな冬場は、十分に保湿をしましょう。

もし自己処理によって肌が炎症が起こってしまった場合には、自己判断で薬や化粧品を使用するのではなく、皮膚科へ相談する方が安心ですね。

ムダ毛の正しい自己処理② 体調に注意する

ムダ毛の自己処理することと、その日の体調とを、結び付けて考える方は少ないのではないでしょうか。

しかし実は、その日の体調にも注意することで、トラブルを避けられることもあるようです。

生理前後や風邪などで体調が優れない時には、免疫力が落ちていて、肌も敏感になっているんです。

その時にムダ毛処理をすると、肌トラブルを引き起こしやすいんだとか。
できるだけそうした時期を避けることが望ましいそうです。

アイテムの手入れやパッチテスト、そして体調など、自分でこれらの全てを管理するのが難しいようであれば、サロンやクリニックでの脱毛という手段もあるでしょう。
一度検討してみることも、一つの方法かもしれませんね!
ムダ毛の自己処理は、正しい方法で行うことが重要です!
間違った方法や、ちょっとした不注意が、重大な肌トラブルに繋がってしまうこともあるようです。
正しい方法や自分にピッタリの方法で、ムダ毛のないキレイな肌を目指したいですね♪

ムダ毛 自己処理 正しい 脱毛

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小林 亜樹

素敵なカフェ・レストランや旅行が大好きです。
以前は航空会社で勤務していました。現在はモデル…

>もっとみる