入浴剤の代用になるおすすめアイテム♪身近にあるもので美肌をゲット

BEAUTY

一日の疲れを癒すために欠かせないバスタイムは、好みの入浴剤を入れてゆっくり浸かりたいですよね。
入浴剤にもさまざまな種類があるかと思いますが、実は家にあるもので代用できることをご存知でしたか?
入浴剤を買うよりも安く抑えられる場合がありますし、美肌効果も期待できるので、おすすめの代用品をチェックして毎日のバスタイムを楽しんでいきましょう。

入浴剤の代用品になるものは美肌効果も期待できる?

お風呂に入る女性

女性にとって癒しの時間であり、美肌作りの時間でもあるバスタイム♡
せっかくならさら湯より、もっと美容効果が期待できる入浴剤でバスタイムを楽しみたいですよね。

そのときに活躍してくれるのが、入浴剤の代用品です。
実は身近にある食べ物や飲み物を湯船に入れることで、入浴剤のような役割を果たしてくれるものがたくさんあるんですよ。

湯船に浸かり、血行を良くしながら、入れた入浴剤の代用品によって美容効果を期待することができるので、試さないなんて勿体ないです。

「入浴剤を買い忘れた!」というときにも使えるので、毎日のバスタイムをもっと充実させるためにもぜひ参考にしてみてください。

入浴剤の代用になるおすすめアイテム①牛乳

牛乳とお花

入浴剤の代用品として人気なのが、牛乳を入れることです。
牛乳風呂は、世界の三大美女として知られる「クレオパトラ」も入っていたといわれているほど♡

牛乳には、カルシウムやカリウムなどの豊富な栄養素が含まれているので、むくみを改善する効果が期待できます。
さらに、古い角質も取れるといわれているので、美肌効果も期待できますよ。

また、牛乳の香りにはリラックス効果もあるので、入浴との相乗効果によってより心身を癒すことができ、ストレスやイライラも緩和することができそうです。
保湿効果もあるので、全身をしっとり肌へ導いてくれるのもおすすめポイントの一つ!

使う牛乳は賞味期限切れのもので大丈夫なので、飲みきれなかった時などにぜひ試してみてくださいね。
入れる牛乳の量は500~1000mlくらいがおすすめです。

入浴剤の代用になるおすすめアイテム②日本酒

日本酒

「美白ケアをしたい!」という女性におすすめの入浴剤の代用品が、日本酒です。
日本酒は化粧品でも使われていることが多いほど、美容効果が期待されている成分の一つ!

なぜなら、日本酒に含まれるコウジ酸には、シミの原因物質であるメラニンの生成を抑制する働きがあるそうなので、シミやそばかすなどを防ぐ効果が期待できるのです。
そして日焼けのダメージもケアし、しっとりとした透明感のあるお肌に整えてくれるんですよ。

また、お風呂でいつもよりもっと温まりたいときにもおすすめです。
日本酒が入ったお風呂に入ると、身体がポカポカしてくるのを実感できますよ。
そして身体を温めてくれるだけではなく、老廃物の除去作用なども期待できるんだとか♡

ただし、アルコールなので、入れすぎには注意してください。
入れる量は、コップ2杯ほどで大丈夫!
日本酒がないときは、飲料用ではない料理酒でも代用できるそうですよ。

入浴剤の代用になるおすすめアイテム③グレープフルーツなど柑橘系の皮

グレープフルーツとオイル

入浴剤の代用品といえば、柑橘系の皮を入れたお風呂も有名ですよね。
冬至で馴染みのある“ゆず湯”に浸かったことがある女性も多いのではないでしょうか。

実は、ゆずだけでなくみかんの皮やレモンの皮でも十分な美容効果を期待することができますよ。
特におすすめなのが、グレープフルーツです。

中身を食べたらグレープフルーツの皮をよく洗い、水切り袋などに入れてお風呂に浮かべるだけ♡
グレープフルーツには、血行促進効果、リフレッシュ効果、冷え性改善効果、むくみ改善効果、便秘改善効果、ニキビ予防効果など、たくさんの美容効果が期待できるんです。

グレープフルーツの香りはリラックスできるだけでなく、暴飲暴食を防ぐダイエット効果もあるといわれているので、食事前にグレープフルーツ風呂を楽しむのも良さそうですよね。

入浴剤の代用になるおすすめアイテム④お塩

お皿に入れた塩

入浴剤の代用品なら、お塩も人気ですよね。
塩はスクラブとして使うこともできますが、お風呂にそのまま入れても美容効果が期待できます。

スーパーに売っている塩でもあら塩でも岩塩でも、精製されていない塩ならなんでもOK!
塩の量は30グラム(小さじ約5〜6杯分)を目安に入れるのがおすすめです。

塩には発汗作用があるので、肌の代謝や保湿効果をアップさせることが期待できますよ。
また、塩分が毛穴から浸透することで、毛穴に詰まった汚れや皮脂などを汗と一緒に洗い流してくれるといわれているので、デトックス効果や美肌効果、保湿効果なども期待できます。

入浴との相乗効果で血行を良くする効果もあるそうなので、むくみが気になっている女性の皆さんはお風呂の中でぜひマッサージもしてみてください。

入浴剤の代用になるおすすめアイテム⑤お砂糖

2種類の角砂糖

「お塩がOKならお砂糖でもいいの?」と思う女性もいるでしょう。
もちろん、お砂糖も入浴剤の代用品としておすすめです。

シュガースクラブがあるほどですから、お砂糖も女性にとって嬉しい美容効果が期待できますよ。
お塩は発汗作用がメインになるのですが、お砂糖は潤いを吸収して閉じ込めるパワーがあるそうなので、保湿効果が高いことで定評があるんです。

保湿効果が高いということは、全身をしっとりとした潤い肌にしてくれるということなので、乾燥が気になる時期にぴったりな入浴剤になってくれそうですよね。

砂糖の種類は、白砂糖でも黒砂糖でもOK♡
大さじ3杯くらいの砂糖を入れたら、しっかり混ぜてみてくださいね。

入浴剤の代用になるおすすめアイテム⑥緑茶や紅茶

カップに入ったティー

飲むだけで健康に良いといわれている緑茶や紅茶も、入浴剤の代用品としておすすめです。

緑茶と紅茶に共通しているのは、殺菌作用や消臭作用があるということ!
日焼け後のほてりや炎症の緩和や、体臭の予防などに効果的だといわれていますよ。

特に緑茶には美白効果のあるビタミンCが含まれていますし、紅茶もレモンティーにすればビタミンCを肌から吸収することができますよ。

葉っぱなら大さじ1杯、ティーバッグなら3つほど入れてみましょう。
新しい茶葉でなくても大丈夫♡
お茶を飲み終えた出がらしの茶葉でも美容効果を期待できるのも嬉しいポイントですよね。
無駄なく使い切ることができます。

入浴剤の代用になるおすすめアイテム⑦ショウガ

ショウガとビン

食べたり飲んだりすることで身体を温める効果があるショウガも、入浴剤の代用品としておすすめ!

ショウガを入れることで、発汗作用を期待することができるので、まずは汗を流してデトックスすることができるそうです。
そして、身体を温めてくれるので、冷え対策としても効果的だといわれているんですよ。

入浴後もしばらく、ポカポカした身体を実感できるので、ぐっすり眠ることもできるでしょう。
寒さが厳しい季節はもちろん、冷房などで冷えてしまったときはぜひ取り入れてみて♡

生ショウガをすりおろしてパックに入れる方法と、薄く切ったショウガを天日干しにしてから、乾燥したものをパックに入れる方法があるので、取り入れやすい方法で試してみてください。

入浴剤の代用になるおすすめアイテム⑧リンゴ

リンゴとバナナ

リンゴ風呂というお風呂が存在するほど、リンゴも美容効果が期待でき、入浴剤の代用品として活躍してくれます。

りんごには「セラミド」という保湿効果のある成分が含まれているので、美肌作りをサポートしてくれるといわれているんです。
セラミドを直接肌から吸収させることで、きめ細かな美肌へ整えることができるそうなので、続ければしっとり感を実感することができるでしょう。

また、リンゴの香りでリフレッシュすることもできるので、気分を変えたいときにもおすすめです。

使い方は、食べるときにどうしても残ってしまうリンゴの皮や芯を日干し、あとはお風呂に浮かべるだけ♡
ムダなく使い切ることができるので経済的です。

入浴剤の代用になるおすすめアイテム⑨はちみつ

ビンにはいったはちみつ

美容効果の高いことでお馴染みのはちみつも、入浴剤の代用品になるおすすめの食品♡

はちみつには、美肌作りに欠かせないビタミンはもちろん、ミネラル、ポリフェノール、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。
そのため、化粧品でもはちみつを使っているアイテムがたくさんありますよね。

食べることが一番効果的ですが、入浴剤として使うことで古い角質を落としたり、肌荒れを予防したり、乾燥肌をしっとり肌に整えたりするスキンケア効果を期待することができます。

乾燥肌の女性はもちろん、脂性肌の女性でも使えますよ。
ただし、加工されているものだと効果が半減してしまうそうなので、純粋や天然のはちみつを大さじ2~3杯ほど入れてみてください。

入浴剤の代用になるおすすめアイテム⑩ワイン

グラスに入ったワイン

貰い物でいただくことがあるワインや、「飲みたくて買ったけど飲みきれなかった」というワインがあるときは、贅沢にワイン風呂を楽しむのもいいのではないでしょうか。

ワインは飲むことで美容効果が期待できるといわれているので、美容のために1日1~2杯ほど飲んでいる女性もいるんだそう!
入浴剤の代用品として使えば、美容に良い成分を肌からも吸収することが期待できますよ。

ワインにはビタミンPが豊富に含まれているそうで、血流を改善して身体を温める効果が高いようです。
さらに、タンニンやファハイドロキシ酸の働きによって、アンチエイジング効果も期待できるんだとか♡

白ワインよりも赤ワインの方がポリフェノールを多く含んでいるので、アンチエイジング効果を高めるなら赤ワインをチョイスするのがおすすめです。

入浴剤の代用になるおすすめアイテム⑪ベーキングパウダー

ベーキングパウダーとスプーン

生地をふわっとするために使われることが多いベーキングパウダーも、実は入浴剤の代用品として活躍してくれるんです。

ベーキングパウダー(重曹)は、自然派の万能洗剤といわれていて、ピーリング効果も期待できるので、入浴剤の代わりに使うことで古い角質を落とすことが期待できます。

ひじやひざ、かかとなどのガサガサが気になっている女性は、ベーキングパウダーを使ったお風呂にするのがおすすめですよ。

大さじ3杯ほどの重層を混ぜるだけでいいので簡単ですよね。
さらにベーキングパウダーは、流したときに排水溝のお掃除もしてくれるので、一石二鳥ではないでしょうか。

入浴剤の代用になるおすすめアイテムをご紹介させていただきました。
身近にあるものをお風呂の中に入れるだけで、さまざまな美容効果が期待できますし、安く済ませることもできるので、長く続けることもできますよね。
ぜひ、気になった入浴剤の代用品を今日のバスタイムから試してみてください。