無理なく痩せられる!?「お風呂ダイエット」が効果UPするコツとは

無理なく痩せられる!?「お風呂ダイエット」が効果UPするコツとは

BEAUTY

“お風呂ダイエット”という言葉を聞いたことがある方もいますよね。
しかし、お風呂に入っているだけで本当に痩せるの?と、半信半疑の方もいるでしょう。

実はお風呂でダイエットするにはコツが必要なんです!
今回はそのお風呂ダイエットのやり方とコツをご紹介します♪

キレイ&ダイエット効果をゲットできるお風呂ダイエットとは?

お風呂ダイエットとは、その名の通りお風呂に入ることで、痩身効果を得るダイエット方法です。
毎日入るお風呂で、どうして痩せるのか不思議ですよね?

実は、お湯に浸かることで、発汗作用やリラックス効果、デトックス効果などが期待できるのだそう!

お風呂では、このような効果によって、心身のキレイに近づくのですが、コツを取り入れることでダイエット効果もUP!

Perfume(パフューム)のあーちゃんこと、西脇綾香(にしわきあやか)さんもお風呂ダイエットのコツを取り入れて成功した1人なんだとか♪

お風呂ダイエットをより効果的にするコツ①温度は少し高めに

お湯の温度は41~42度の少し高めの湯船に浸かることが効果的なんだそう。

少し高めの温度の湯船に3分浸かったら、上がって5分休憩。
その後3分浸かり、また上がり5分休憩。
これを3~4回繰り返します。休憩の間に体や髪の毛を洗うと良いですね!

この入浴法は、「高温反復浴」といって副交感神経を刺激し、エネルギー消費を高めて代謝を良くするものです。

この入浴法を取り入れれば、300kcalほどの消費量を見込めるそう!
ジョギングであれば、5km走った時の消費量に相当するといわれています。

半身浴では、お風呂のお湯は38度程度にするというのをよく聞きますよね?
しかし、発汗作用とダイエット効果を狙うなら、エネルギー消費とデトックスの効果を高める41~42度がおすすめなんです。

ただしリラックス効果を得る場合や疲れをとる場合には、38度程度が向いているそう。
用途や好みに合わせてお風呂に入りましょう!

お風呂ダイエットをより効果的にするコツ②発汗作用のある入浴剤を使う

発汗作用のある入浴剤やバスソルトを30~50g、お風呂に入れてみましょう。

特にバスソルトはダイエットに効果的なんだそう!
お湯を冷ましにくくし、発汗作用を高め、毛穴を開かせてくれます。
肌も綺麗になりつつ、汗を出してダイエットになるようです。

高い入浴剤やバスソルトを買わなくても、スーパーで売っているような粗塩や岩塩でも大丈夫!
お風呂から上がる前にシャワーで流せばスッキリとしますよ。

お風呂ダイエットをより効果的にするコツ③マッサージをする

お風呂ダイエットを試みるなら、お風呂でマッサージをしてみましょう!

脂肪が温まり、柔らかくなるでしょう。
むくみもスッキリとして、ダイエットに効果的だそうです。

お風呂の中でマッサージをすると、より一層、血行が良くなるといったメリットも!
リラックス効果もプラスされますね♡
エネルギーを消費し、部分痩せにも期待できるでしょう。

夜、仕事などでむくみやすい脚は、下から上に向かって揉むようにマッサージをすると、血流が良くなります。
心臓から遠い所から揉みほぐすことがコツですよ。

お風呂ダイエットをより効果的にするコツ④ストレッチをする

お風呂の中で軽めのストレッチをしてみましょう。

お風呂で温まった身体は、ウエストひねりなどのストレッチをすると、引き締まる効果が高まるそう。
湿度が高い室内で行うストレッチは、発汗作用もUPし、より効果があらわれるようです!

湯船で行う簡単なウエストひねりの方法もお伝えします。
浴槽のフチに掴まり、各10秒ずつ、左右にウエストをひねるだけ!
その時、深呼吸をしながら行うと良いですね。

お風呂ダイエットは「ながらダイエット」!無理なく続けられる

お風呂ダイエットの良い所は、道具も時間もわざわざ準備する必要が無いところです。
毎日入るお風呂に、少し工夫をするだけなのが、手軽で良いですね。

マッサージやバスソルトを使って汗を出せば、身体の中から毒素も出るので、ツルスベ肌も手に入るかも♡

一日の終わりに、お風呂をエステスペースとして利用し、自分磨きの時間に当ててみてはいかがでしょうか?

お風呂ダイエットで気をつけたい注意点は3つ!

簡単で楽にできるお風呂ダイエットですが、気をつけてほしい点が3つあります。

①水分補給をしっかりする。
汗をたくさんかくので、脱水症状にならないためにも、水分補給をしっかりしましょう。

②空腹時と食後すぐは避けましょう。
お風呂ダイエットはエネルギーを消費します。
そのため、空腹時は避けてください。
また、食後は胃が消化にエネルギーに使うので、お風呂を控えた方が良さそうです。

③体調が優れない時は無理をしないでください。
貧血気味だったり、疲れが溜まっていたりする時に、無理に行うと体がもちません。
お風呂ダイエットはお休みしましょう。

以上の注意点を気をつければ、リラックスしながらダイエットに臨めます!
体調と相談をしながら、試してみてくださいね♪

汗をかき、代謝を良くし、むくみを解消させるお風呂ダイエット。
毎日のお風呂に少し工夫をするだけで、より効果的になるでしょう!
ぜひ取り入れてみてくださいね。