極貧を経験し、セレブへ。セレーナ・ゴメスの知られざる過去

LIFESTYLE

2016年8月に東京で来日公演を行ったセレーナ・ゴメスさん。
キュートなベビーフェイスを持つ傍ら、どこかミステリアスな雰囲気が魅力的です。
女優や歌手、モデルやユニセフ親善大使として精力的に活動をしているセレーナ・ゴメスさん。
彼女の生い立ちは、意外にも苦労に満ちたものでした!セレーナ・ゴメスさんの知られざる秘話をご紹介します。

海外セレブ♡セレーナ・ゴメスさんの生い立ち① ディズニーチャンネルでブレイク!

1992年7月22日にテキサス州に生まれたセレーナ・ゴメスさんは、7歳から女優のキャリアをスタート!
ディズニーチャンネルのドラマ「ウェイバリー通りのウィザードたち」の主人公を演じたことがキッカケでブレイクし、トップアイドルの仲間入り果たします。

2009年には歌手デビューを果たし、ユニセフ親善大使にも就任!
開発途上国の子どもたちを支援する活動に参加し、セレブリティであることの影響力を、慈善活動にも活かしています。

2014年には、セブンティーン誌が発表した「最もパワフルな21歳以下の17人」の第1位になるほど!とにかく影響力があるスーパースターなのです♪

海外セレブ♡セレーナ・ゴメスさんの生い立ち② ガソリン代が払えない極貧時代

スター街道まっしぐらに見えるセレーナ・ゴメスさんの人生ですが、幼少期はとても貧しい暮らしをしていたのだとか。

「ガソリン代も払えないほど貧乏だったわ。高速道路でガス欠を起こして、車が止まってしまうことだって何回もあったんだから。」と、話しています。

「それでも私の愛するママは、休みのたびに水族館や博物館、コンサートに連れて行ってくれた。世の中をもっと知ったり、芸術に触れることがとても大切な事なんだと教えてくれたわ。」と、幼少期についてインタビューに答えていました。

芸能界に入った後も辛い出来事が起きても、希望を持ち続けることを大事にしていた、セレーナ・ゴメスさん。
どんな状況であれ、前を向き続ける姿勢は勇気を与えてくれます!

海外セレブ♡セレーナ・ゴメスさんの生い立ち③ リハビリ施設で休養

現在は破局してしまいましたが……セレーナ・ゴメスさんは、歌手のジャスティン・ビーバーさんと交際したことで、更に注目を浴びるようになりました。
付き合っては別れを繰り返す度に、メディアや世間は大注目♡

2014年、セレーナ・ゴメスさんは、日本を含むワールドツアーを途中で全てキャンセルし、突如リハビリ施設に入所!
一部関係者から「15歳の頃からノンストップで働き続けた彼女は、自分自身と向き合う時間が必要だった。」というコメントが発表されました。

ストイックなセレーナ・ゴメスさんはキャリアを考え、休む選択をしなかったことが原因で、心身のバランスを崩してしまったのでした……。

リハビリを終えた後は完全復活し、以前よりもふっくらしたカーヴィーボディーをInstagram(インスタグラム)にアップ♡ファンに元気な姿を見せました!

海外セレブ♡セレーナ・ゴメスさんの生い立ち④ 最新アルバムが発売し、来日!

前回の来日公演は、残念ながらキャンセルになってしまいましたが……セレーナ・ゴメスさんと一時、恋の噂になったDJのZedd(ゼッド)さんとコラボレーションした曲がこちら♪

ライブで盛り上がること間違いなしの、アップテンポのダンスチューンです。

ニューアルバムでは、以前までのティーンアイドルのイメージを払拭し、さらに成熟した女性へと変貌を遂げています♡

いかがでしたか?
今や第一線で活躍するセレーナ・ゴメスさんは、幼い頃に苦労をして成功を掴んだセレブのひとり。
たくさんの試練を乗り越え、大人に成長した彼女が、今後もどんな姿を見せてくれるのか楽しみです♡