【素材別】ブーツのお手入れ方法!次の冬もお気に入りを着用するために

お気に入りのブーツをキレイに長く愛用するには、正しいお手入れが必要です。
でも、自分のブーツはどうやってお手入れすればよいのか、なかなかわからないですよね。
素材によって異なるブーツのお手入れ方法をご紹介します♪

ブーツの基本的なお手入れ方法

いろいろな色のブーツ

ブーツは正しく保管しないと、カビがはえたり乾燥してヒビ割れができてしまったりして、履けなくなってしまいます。
さらに保管方法が重要なだけではなく、履いたその日のお手入れも大切なんです。

ブーツで気になるのは、やはり「臭い」ですよね!
周りの人に気づかれないか心配ですし、飲食店などで靴を脱ぐお店や、彼氏の家にで脱いだ時など、臭いが気になる場面はたくさんあるはず。

ブーツは他の靴よりもムレやすいので、臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすいのが原因。
ムレだけでなく、雨で濡れるのも同じように雑菌が繁殖する原因となるので注意が必要です!

もし、家にあるブーツに既に臭いがついてしまっていたら、まずは臭いケアから行いましょう。
洗うことができるブーツなら洗ってしまいましょう。
そして一般的に洗えない素材のブーツは天日干しに。

気をつけなければいけないのは、革は日光に当てると痛みの原因となるので、革のものは日陰で干してくださいね。

1日履いたブーツは、2~3日は風通りのいい場所で乾燥させてから、シューズボックスに収納しましょう。
乾燥させるときは、ブーツの中に丸めた新聞紙を入れると、新聞紙が湿気を吸い取ってくれて臭い対策の効果アップ♪

人がいる場所でブーツを脱ぐ場合の臭い対策は、消臭効果のある中敷きを使うのも◎
また、小さい消臭スプレーをバッグの中に携帯しておくのもいいかもしれませんね。
ただ、どちらの方法も、日ごろのお手入れができていないブーツだと効果は半減してしまうかも。
毎日のお手入れはなるべく欠かさずに行ってくださいね!

では、ここからはブーツの素材別にお手入れ方法をご紹介していきましょう。

素材によって違うブーツのお手入れ方法①スエード

スエードのブーツ

スエードは、牛革やヤギ革・羊革などが主に使われていて、革の表面をサンドペーパーやヤスリを使って起毛させたもののことをさします。

ベルベッドのような光沢が魅力で、靴として人気の素材です。
温かみのある見た目からも、冬は特に人気が高いためブーツにも多く使われています。

スエードの欠点は、水濡れに弱いこと。
購入して最初に履くときは、必ずスエード専用の防水スプレーをしましょう。

軽い汚れには、消しゴムタイプのクリーナーが便利ですよ。
また、日々のお手入れにはブラシが効果的。スエード専用のブラシでシューズケアをしてくださいね♪
ベロア素材のブーツ

既に持っているスエードのブーツ、まだ防水スプレーをしていない場合や、買った時には防水スプレーをしたけどその後はスプレーをするのを忘れていた、という場合は、ブラシやクリーナーで汚れを落としてから防水スプレーを使ってください。

汚れがひどいスエードのブーツをなんとか復活させたい、という場合には水洗いという最終手段が……!
水に弱いスエードを洗って大丈夫?と驚くかもしれませんが、スエード専用のシャンプーが存在します。
回数を重ねるとあまり良くないので、あくまでも最終手段と考えてくださいね。

また、スエードにも合皮素材のものがあります。
本革も合皮も、基本的にお手入れ方法は同じ。でも、合皮のほうが毛が剥げやすいので、合皮はブラッシングよりも、タオルで優しく拭くのがおすすめです。

素材によって違うブーツのお手入れ方法②スムース

革のブーツ

スムース素材とは、外側が天然の革のような風合いに加工してある素材のこと。
つまり、合成皮革のことなんです。

では、スムース素材のブーツは、どのようにお手入れすればよいのでしょうか。

まずはブラシで全体の汚れを落としましょう。
次に、細かい部分を丁寧にブラッシングしていくのですが、細かい部分にホコリなど汚れが残ってしまうと、せっかくのお手入れが台無しになってしまいます。
日々のお手入れ方法はこれだけで基本的にはOKです。

お手入れの数回1回は、丁寧にクリーナーで磨いたり、靴クリームを塗るのがおすすめ。
クリーナーや靴クリームを使ってお手入れをした後は、忘れずに防水スプレーをしてくださいね!
防水スプレーには、汚れを防ぐ効果もあるので重要なんですよ♪

素材によって違うブーツのお手入れ方法③ベロア

ベロア素材とは、ベルベットに似ていて、毛羽を持つ滑らかな光沢のある生地のことです。 また、「ベロア仕上げ」はベロア素材と違って、毛羽を立ててベロアに見えるように加工した生地のこと。
スエード記事にも似ていますが、毛足が短いものをスエードといい、長いものをベロアといいます。

ベロアのブーツのお手入れ方法は、スエードと同じ♪
ベロアはスエードより毛足が長い分、手間がかかるかもしれませんが、しっかりお手入れすることで、長く愛用することができますよ♡

素材によって違うブーツのお手入れ方法④本革と合皮の違い

本革と合皮が違うということは誰でもわかると思いますが、ではどのように違うのか……と聞かれると、わからない人が多いかもしれませんね!
さらにお手入れ方法の違いとなると、区別が難しいのではないでしょうか。

牛革やヤギ革・羊革など、動物の革全般を「本革」といい、天然の布地に合成樹脂を塗って、表面を本革に見えるように加工したものを「合皮」といいます。
本革は雨に弱く、合皮は雨に強い素材といわれています。
しかし、本革のブーツはお手入れ次第で10年以上使うことができますよ♪

さらに本革は使えば使うほど革に風合いが出てくるので、しっかりとお手入れすることで新品の時よりもおしゃれに履きこなすことができるかも!

本革のお手入れ方法は、まずブラシでホコリを落とし、縫い目などの細かい部分も丁寧にブラッシングします。
次に靴用のクリーナーで、汚れや以前に塗ったクリームをキレイに落としましょう。
ブラッシングはブーツを履いた後は、毎回のお手入れが理想ですが、クリーナーは毎回は必要ではないので、3回のお手入れにに1回のペースで取り入れてくださいね!

クリーナーの後は靴クリームで、革に栄養とツヤを与えます。
ブーツと同じ色のクリームがベストですが、無い場合にはブーツより少し淡い色を選ぶのがポイントです。
最後の仕上げには、防水スプレーを忘れずに。

合皮は本革と比べると劣化が早い素材ですが、水に強いのでお手入れは簡単!
本革と同じようにブラシでホコリを落とし、水を含ませてしっかりと絞った布で、汚れを拭きとってお手入れ完了ですよ!
正しいお手入れをして、大切なブーツを少しでも長く使いたいですよね♡
おしゃれは足元から!と聞きますよね。早速今日から、お手入れを始めましょう。

【関連記事】【雨の日編】冬のオフィスコーデ10選!シューズ選びがポイント♡

雨の日はどんな格好をして出かけたらいいか迷いますよね。冬の天候が悪い日は寒さも厳しくな...

ブーツ お手入れ 方法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小林 亜樹

素敵なカフェ・レストランや旅行が大好きです。
以前は航空会社で勤務していました。現在はモデル…

>もっとみる