イライラしてたらお肌にも悪い!改善するための7つの習慣

「最近イライラすることが増えた」と感じている女性の皆さん、自分がリラックスできる時間や方法を知っていますか?
イライラはお肌にとって大の天敵です。
関わる相手だけでなく、自分の心と体も傷付けてしまうので、イライラを改善する7つの習慣を身につけていきましょう。

イライラを改善して笑顔の毎日を送ろう!

人間関係や、仕事でのトラブル、環境の変化など、私たちの周りにはストレスを感じてしまう環境が多くあります。
ストレスが溜まってきてしまうと、イライラすることが多くなり、時に相手を傷付けてしまうこともありますよね。

傷付けてしまったかもしれないと、反省するかと思いますが、実はあなた自身の健康と美も傷付けられています。
なんと、1日に5回以上怒っていると、心臓病のリスクを増大させるという研究結果もあるんです。
そして、イライラしている人は、肌荒れしやすいという結果もあるほど。

多くのストレス要因を避けることはできなくても、日々のちょっとした習慣でイライラを改善することができます。
心を落ち着かせてイライラを改善し、健やかな肌を保ちましょう。

イライラによって表れる症状とは?

イライラによって、疲労や体力低下、集中力低下、食欲増進、体重増減、不眠といった症状が表れるのですが、美容面ではどんな症状が表れてしまうのか気になりますよね。
見て分かるほどのストレス症状をまずはチェックしておきましょう。

・乾燥
・ニキビや吹き出物
・湿疹
・蕁麻疹
・シワやシミ、たるみ

なぜ肌にも影響を与えてしまうのか、それはストレスホルモンであるコルチゾールが関係しています。
コルチゾールは、低血糖の改善や脂肪燃焼などの働きがある必要不可欠なホルモンなのですが、強いストレスを感じてしまうと、過剰分泌されバランスが崩れてしまうんです。
こうして崩れたホルモンによって、身体にさまざまな不調をもたらしてしまいます。

イライラを改善する習慣①食生活の改善

過剰に分泌されてしまったコルチゾールは、食生活によってコントロールすることができます。
コンビニ弁当やカップラーメンに頼らず、「バランスのいい食事をすること」を基本ルールとして、どんなものがイライラ改善にいいのかチェックしてみましょう。

・コルチゾールの材料であるビタミンC
・ホルモン生産を助けるビタミンB群
・イライラによって消費してしまうマグネシウム
・不足してしまうナトリウムを補うための適量の塩分

かえってイライラを加速させてしまうのは、ビタミンやミネラルの不足や、カルシウムとマグネシウムのアンバランスが挙げられます。
食事は毎日必ずすることなので、バランスのいい食生活を習慣づけながら、イライラを改善していきましょう。

イライラを改善する習慣②ハーブティーでリラックス

イライラ改善には、体が温まるホットドリンクのリラックス効果が大!
中でもハーブティーは、気持ちを落ち着かせ、リラックスさせてくれる種類が数多くあります。

リラックス効果のあるハーブティーをいくつか挙げてみます。
・カモミール
・ジャスミン
・レモンバーム
・ペパーミント
・ローズヒップ
・ラベンダー

ハーブティーは150種以上あると言われているので、ほんの一部にすぎませんがどれも有名なハーブティーの名前ですよね。
お店によっては、ハーブをブレンドし、オリジナルのものを作ってくれるところもあるので、自分にあったものを見つけてみてください。

イライラを改善する習慣③良質な睡眠をとる

コルチゾールが過剰分泌されると睡眠不足に繋がり、緊張状態で働く交感神経が優位になったままになってしまいます。
リラックス時に働く副交感神経が機能されなくなると、自律神経のバランスが崩れイライラしっぱなしに!
イライラを改善するためには、睡眠の質を改善していくことも重要です。

・眠る3時間前は食べない
・38度くらいの湯船で全身浴する
・スマホやパソコンの光は控え、間接照明にする
・ストレッチをしたり、アロマを焚いたり、自分のリラックスできることを見つける
・自分に合った寝具に買い替える
・肌触りのいいルームウェアを着る

どれもリラックス時に働く副交感神経を優位にたたせるために必要です。
すべてをすぐに改善するのは難しいので、一つずつでも実践してみてください。

イライラを改善する習慣④湯船に浸かる

普段シャワーだけで済ませている方は、湯船に浸かって体を温めてあげましょう。
炭酸ガス系なら血行を促進してくれますし、温泉の素系なら肌をスベスベにしてくれます♪
また、好みの香りを選べば、リラックス効果も増してイライラ改善に……♡

40度前後なら交感神経が優位にたつので、お仕事前など朝の入浴におすすめです。
38度前後なら副交感神経が優位にたつので、睡眠前の入浴におすすめですよ。

入浴は疲れを修復するだけでなく、むくみや冷えなども改善してくれます。
10分でもいいので、湯船に浸かる習慣をつけて、心と体を癒してくださいね。

イライラを改善する習慣⑤筋弛緩法で全身をリラックス

イライラしているときは、体が緊張状態になっています。
そこで、体を緩めてリラックスさせる「筋弛緩法」を習慣づけて行うことがイライラ改善には効果的です。
始める前は、静かな場所を選び、締め付けのあるものは外しておきましょう。

・手と肩の筋弛緩法
①仰向けになって全身の力を抜いたら、手のひらを上に向けます。
②軽く目を閉じたら、両手をギュッと5秒間握ります。
③一気に力を抜き、30秒間リラックスしたら、2〜3回繰り返しましょう。
肩の場合は、肩コリを感じているところに、力を入れ、一気に力を抜くことを2~3回繰り返してみてください。

・脚の筋弛緩法
①背もたれがある椅子に寄りかかり、深く座ったら膝をくっつけて脚を5秒間伸ばします。
②ふくらはぎを張るイメージでつま先を天井に向けます。
③ストンと力を抜き、30秒間リラックスしたら、2~3回繰り返しましょう。

イライラを改善する習慣⑥深呼吸をする

イライラを感じたときにすぐできる改善策が、深呼吸です。
呼吸は無意識に行っているものなので、気づいていない方も多いのですが、緊張状態になっているときは呼吸が浅くなっています。

呼吸を意識することで、気持ちが落ち着くだけでなく、血圧を下げたり、汗を減らしたり、消化も助けるという嬉しい効果をもたらしてくれます。
呼吸法にはさまざまな種類がありますが、基本となる腹式呼吸を習慣づけるといいでしょう。

①楽な姿勢で座ったら、片手をわき腹のすぐ下のお腹の上に置きます。
②もう片方の手は胸の上に置き、鼻から深く息を吸い込みます。
このとき、胸は動かさず、お腹が膨らむのを意識しましょう。
③口笛を吹くような口の形にしたら、お腹が引っ込むまでゆっくりと息を吐き出します。
これを5回ほど繰り返してみてください。

イライラを改善する習慣⑦軽い運動をする

脳内に癒しホルモンと呼ばれているセロトニンが分泌されることで、イライラや攻撃的な気持ちを改善させることができます。
このセロトニンを分泌するためには、軽い運動を取り入れることがポイントです。

軽い運動と一口にいっても、筋肉を規則的かつ継続的に動かせる「リズム運動」が効果的ですよ!
例えば、ウォーキングや水泳、自転車、スクワットが挙げられます。
ゆっくりと簡単な動きを繰り返すフラダンスもおすすめですよ♪

最低でも5分間取り入れることができれば効果があるので、忙しい方でも無理なく続けられるのではないでしょうか。
ただし、行うときは取り入れる運動だけに集中してくださいね!
イライラを改善するために始めたい習慣を、ご紹介させていただきました。
自身が思っているよりも、イライラという症状はとても深刻なものです。
少しでも穏やかな毎日が続くよう改善方法を取り入れて、イライラを追い払いましょう♡

【関連記事】考え方を変えれば行動も人生も変わる!ポジティブ思考法

同じことでも「考え方」の違いで、その後の行動や人生は変わるものだと思います。せっかくな...

イライラ 改善 習慣

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる