女子あるある!女の花園で上手くやっていくコツ

LIFESTYLE

女子校、女性だらけの職場……女の花園って、なにかとトラブルが多いですよね。
私も女子高出身。女の花園を、窮屈に感じることもありました。
ここでは、女の花園で上手くやっていくコツをご紹介します♡

【女の花園で上手くやっていくコツ】「しょうがない」と割り切る

女だらけの学校、職場ならではの問題ってあると思います。
例えば悪口が絶えないとか、派閥争いなんて話も聞いたことがあります。

女の花園なら、1つや2つ、女ならではの問題はあるもの。
「しょうがない」と、割り切ってしまうことも大切です。

ストレスの大きな対処法の1つは“仕事、学校だから”と割り切ることですよ☆

【女の花園で上手くやっていくコツ】マナー・ルールには敏感になる

女の花園に限らず、マナーには敏感になりましょう☆

挨拶は特に大事!
女性は男性より、そういったことに敏感な人が多いように感じます。

また、ルールも大切です。
私の知人の職場では、ある先輩に“挨拶をしてはいけない”という、ちょっと不思議な暗黙のルールがあるそう。

挨拶をすると不機嫌になってしまうんだとか。女の花園には、場所によって不思議なルールがあることも……。

【女の花園で上手くやっていくコツ】2人で会った話はする

女の花園内には、3〜6人程のグループも多く存在します。

ですが、例えばそのグループ内で特に仲がいい、A子ちゃんとB子ちゃんは、旅行に行ったり、とっても仲良しだったとします。2人は、他の人たちを気遣って、あまり2人きりで遊んだ話はしない……ということが多いようですが……。

実際、2人で会った話はした方がいいんです!
2人にとっては気遣いでも、他の人からすると隠し事。それを他者から聞いた時、いい気分ではありません。

特に女3人グループでは、残りの1人に隠すと、溝ができてしまうことも。
旅行のお土産を用意して、変な気遣いはしないようにしましょう。

【女の花園で上手くやっていくコツ】適度な距離感も大切

腹を割ってなんでも話せる関係を、誰とでも築けるわけではありません。

女の花園では、“適度な”距離感も大切になってきます☆
育った環境が違う者同士ですから、わかってもらえる話もあれば、そうでない話だってあります。

距離が近いからこそ、起こる問題ってあります。
適度な距離感は、冷静に周りを見ることができ、客観視力にも繋がりますよ♪

【女の花園で上手くやっていくコツ】嫉妬に要注意

これが、一番要注意です!

女って嫉妬心がハンパないっ!嫉妬されると、陰口の対象になってしまったり、悪化すればいじめの被害に遭うかもしれません……。
嫉妬されないように、少し心がけることも大切です♡

嫉妬されるような知識をあまり多く語らない、聞かれたことだけに対して答えるようにしましょう。
また、嫉妬されそうな言動は、ヒッソリと!!

これも女の花園を生き抜く知恵です☆

女の花園で上手くやっていくコツを、ご紹介しました。
春から女の花園で頑張る人を、少し不安にさせてしまったかもしれませんが……。
女の花園ならではの、楽しいこともたくさんあるので安心してくださいね♡