早起きが苦手なあなたへ!朝スッキリ目覚められる方法4つ♡

LIFESTYLE

早起きが苦手という方。朝スッキリ起きられたらどれだけいいのでしょうか。
目覚めの悪い朝よりも、気分よく起きられた方がいいですよね!
今回は絶対にスッキリ起きられる方法を紹介します♪

早起きする方法① 夜更かしをしない

まず何よりも重要なのが、夜遅くまで起きていないこと。夜更かしは睡眠時間を削るだけでなく、あなたの体を不健康にしてしまいます……。

夜10〜2時の間、人の体からは成長ホルモンが一番分泌される時間帯です。この時間内に寝ないとその日の疲れも十分にとれないし、細胞が再生されづらくなるので、肌も汚くなりやすくなってしまいます。

そして頭もリフレッシュできません。寝不足だと次の日もぼーっとしてしまいます。

寝不足だと朝スッキリ起きることは難しいです。だから成長ホルモンのことを考えてしっかりと寝ましょう!

早起きする方法② 寝る前に光を浴びない

続いては、寝る前の光を浴びないこと。寝る前にテレビを見たり、スマホをつかうことが習慣になっている人も多いはず。

携帯やパソコン、テレビを見すぎていると、画面のライトに目がストレスを感じてしまいどんどん疲れてきます。これが寝不足となる原因に。

その光を目が記憶して、いざ寝ようと思ったら寝ることができず、脳内も活性化してしまうのです。だからできるだけ光を浴びないようにしたほうがいいです。

目も疲れて、視力の低下や充血につながるので、寝る前の携帯を触る習慣はやめましょう。

早起きする方法③ ストレッチする

3番目に紹介するのはストレッチ。寝る前にストレッチをするのは、とてもいいことだと聞いたことはありますか?

ストレッチをすることによって全身の筋肉がゆるむので、とてもリラックスできるのです。
きつい運動をすれば筋肉に刺激が走り、力が入りますがストレッチはその逆。

ストレッチを行うことによって、全身リラックス&痩せやすい体質になります。
寝る前に行うストレッチはなんでもOK。開脚ストレッチやヨガなど、自分が楽に行えるものでいいのです。

何も気にせずただただゆる〜くストレッチしてみましょう♡

早起きする方法④ 朝に光を浴びる

最後に紹介するのは完璧にスッキリと起きられる方法。
理想的な起き方は、日光の光で自然と起きあがることと言われています。

朝日を浴びると脳に信号がいくだけでなく、全身にも刺激がいくのでスッキリ起き上がることができます。日光の前で背伸びをして、10秒くらい日光に体を当てるのがいい方法。

カーテンをガラッと開けて、十分光に体を当ててください。別に直日光でなくても大丈夫!

この習慣を毎日つければ体が変わるはずです!

十分な寝る時間を確保するのは、とっても大事なこと。
しっかり寝ないとおブスになってしまいます……。
だから毎日しっかりと寝る時間をゲットして元気な毎日をおくりましょう!