もう心も肌もボロボロなの。意外と深刻な仕事ストレスの原因と対策

仕事が思うように進められなかったり、人間関係が面倒くさかったりと、仕事にはトラブルがつきもの。
分かってはいるけれど、ストレスを感じてしまうこともありますよね。
そのとき皆さんは、ストレスをしっかり解消することができていますか?

ストレスを溜め込むことは、心にもお肌にもよくありません!
そこで今回は、仕事ストレスの原因と対策法をご紹介いたします。

仕事ストレスの原因とは?

“仕事ストレス”は、今や社会問題になっているほど深刻な状況です。
生活をしていく上で大事な仕事ですが、その仕事がストレスとなり、心や身体に影響を与えてしまったら元も子もないですよね。

仕事ストレスと上手に向く合っていくためには、原因を知り、対策法を取り入れていくことがポイントです。
では、仕事ストレスの原因は何なのか、主に当てはまることをチェックしてみましょう。

<仕事ストレスによる主な原因>
・職場での人間関係
・仕事量の多さによる疲労
・顧客からのクレーム対応
・上司などからの叱責
・給料の低さ
・雇用の安定性
など、人によって仕事でストレスを感じるポイントはバラバラな様子。

どんな人が仕事ストレスに悩まされやすいの?

仕事ストレスに限ったことではありませんが、人は少なからずストレスを感じるものです。
その中でも“ストレスを溜め込みやすい人”には特徴があることをご存知でしたか?

<ストレスを溜め込みやすい人の特徴>
・真面目で責任感が強い
・「NO」と言えずに頑張りすぎてしまう
・細かいことにこだわってしまう
・常に相手のことばかり考えて気を遣いすぎてしまう
・自己主張が苦手
・自分に自信がない、すぐに不安を感じる
・好き嫌いや感情で他人を判断してしまうことがある
・相手に過度に期待をしてしまうことがある
・失敗や叱られたことをいつまでも引きずってしまう

自分に自信がなく、常に人の目を気にしてしまう人はストレスを溜め込みやすいようですね。

仕事ストレスが溜まると現れる主な症状

では仕事ストレスが溜まってくると、どんな症状が現れてくるのでしょうか。

<仕事でストレスが溜まると現れる主な症状>
・イライラする、感情的になる
・気分が落ち込む、憂鬱になる
・集中力が低下する
・偏頭痛、腹痛、肩こり、腰痛
・生理不順になる
・疲れやすい、疲れがとれない
・寝つきが悪い、寝覚めが悪い
・食欲不振
・仕事でミスを多発する
・家から出なくなる

仕事をしていく上でストレスはつきものですが、「最近疲れてるなぁ」と感じるのであれば、何か対策をとることがおすすめです。
溜まったストレスを0にすることは難しくても、軽減することはできます。
心がストレスでいっぱいいっぱいになってしまわないように、自分に合う対策法を取り入れていきましょう。

仕事ストレスを溜め込まないための対策法①深呼吸の効果は偉大!

仕事でのストレスは溜め込まないことが一番です!
そこで、いつでもどこでも取り入れられる対策が、「深呼吸をすること」。
ストレスを感じると、人は呼吸をするスピードが速くなることをご存知ですか?

呼吸が速くなると身体はリラックスできず、常に緊張状態に置かれてしまうのだそう。
緊張状態が続くとさらにストレスは溜まっていく一方なので、これでは悪循環に陥ってしまうのです。
深呼吸は一時的に緊張を解くためにとても効果的なんですよ♪

その場で深呼吸をすることが難しいようであれば、尿意や便意に関わらずトイレに立ちましょう。
一人になれたところで、全身を大きく伸ばしながら5回ほど深呼吸を繰り返してみてください。
気分がスッキリしてくるはずですよ♪

仕事ストレスを溜め込まないための対策法②信頼できる人に相談したり紙に書く

「誰かといるほうがストレス解消になる」「誰かに聞いてもらいたい」というのであれば、信頼できる友人に話してみましょう。
話すことで溜め込んでいたものが吐き出されるので、話を聞いてもらえるだけですっきりすることもあるのではないでしょうか♪

ただし、一方的に喋ったり頻繁に聞いてもらったりと、仕事場のことばかりを話すのは相手にとって負担になってしまうので気をつけてくださいね。

相談することすら悪く思ってしまう人や、こまごましたストレスが多すぎる場合は、紙に書き出すことがおすすめです。
誰かに話すことと同じで、溜め込んでいる悪いものを吐き出すことができますよ。

このときのポイントとしては、ただストレスに感じたことを書くのではなく、前向きな一言を添えるようにしてみてください。
「仕事がうまくいかなかった」というのであれば、「ここを直して絶対成功させてみせる!」というようにするだけで、気持ちが前向きになりますよ♪

仕事ストレスを溜め込まないための対策法③オンオフを切り替える

ストレスを溜め込みやすい人は、休日も仕事のことを考えてしまう場合が多いようです。
これでは常にストレスを感じている状態になってしまいますよね。
心も身体も休まないので、休日も仕事に追われることはNG!

ですので、オンオフをしっかり切り替えられるようにしましょう。
「仕事のときは仕事だけに集中し、休みのときは仕事のことを一切考えない!」と自分の中でルールを決めて、実践してみてください。

オンオフをしっかり分けることで、ストレスが軽減されるだけでなく、集中力も高めることが期待できるんですよ♪
そしてオフのときの楽しみも増えるので、気持ち的にも明るくなり、前向きにストレスを乗り越えることができます。

仕事ストレスを溜め込まないための対策法④思いっきり笑ってみる

「辛いときこそ笑え!」という言葉があるように、笑顔には素晴らしいパワーがあります。
仕事でストレスを感じているときも、何かのきっかけで心から笑うことができれば自然と嫌なことを忘れることができるのです。

家族や友人と過ごして笑うことはもちろん、好きな芸人さんの動画を見てみたり、思わず笑ってしまうような言葉や画像を検索してみたりしてはいかがでしょうか♪

思いっきり笑う方法の他にも、思いっきり楽しむことや思いっきり歌うことも効果的なのだとか。
ストレスを吹き飛ばすように、笑顔になれる過ごし方を考えてみてください。

仕事ストレスを溜め込まないための対策法⑤趣味に没頭する

先ほど、仕事ストレスを溜めないために、オンオフを切り替えることをおすすめしましたが、そのオフのときは趣味に没頭するとよいでしょう。

趣味は自分の好きなことなので、趣味に没頭している間は自分の空間を楽しむことができます。
何か一日中やっていたいと思うことはありますか?

運動やお菓子作り、ハンドメイド、ショッピング、食べ歩きなど、いろいろあると思うので、まだ決まった趣味がないならいろいろなことに挑戦してみてください。
新しい発見や新しい出会いなどがあるかもしれませんよ♪

仕事ストレスを溜め込まないための対策法⑥リフレーミングで性格を直す

仕事でストレスを溜め込まないようにするためには、性格を少しずつ直していくことも効果的です。
その方法としておすすめなのが、「リフレーミング」。

リフレーミングとは、物事の捉え方や視点を変えることです。
たとえば、目の前にある食料が半分になったとき、皆さんは何を思いますか?
ストレスを溜め込みやすい人は「もう半分しかない」と思ってしまう場合が多いのですが、これを「まだ半分もある」というように考えてみましょう。

性格が短期なら「決断力が早い」、NOと言えないなら「相手を思いやることができる」というようにしてみると、ネガティブな気持ちをポジティブに変えていくことができますよ!
仕事ストレスの原因や、対策法をご紹介させていただきました。
仕事で感じたストレスをそのまま溜め込んでしまうと、心にも身体にもお肌にも悪影響続き!
自分に合う対策法を積極的に取り入れて、仕事ストレスと上手に付き合っていきましょう。

【関連記事】こまめにストレス軽減!あなたにピッタリの休養の仕方はどれ?

連日の飲み会に山積みの仕事……やっと来た休日には1日寝て、身体を休めた気になっていませんか...

仕事 ストレス 対策

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる