一人暮らしで知っておきたい♪おすすめのインターネットの選び方

一人暮らしは、何から何まで自分で決めないといけないことばかり。
そんな時に家にやってくるのが、インターネットのプロパイダー契約のセールスです。
仕事や学校で必要だけど、インターネットのプロバイダーについて何もわからず契約してしまって、実は損をしていた…なんてことも!
今回は、一人暮らしでおすすめのインターネット契約について調べてみました♪

一人暮らしさんへ♪インターネットはマンション契約時から気をつけておくべし!

一人暮らしでインターネットを契約する場合は、部屋を選ぶ時にインターネット回線を頭に入れておくと、料金が安くなるのでおすすめ☆

フレッツ光回線を例にだすと、料金体系はかわらないのに、マンションの部屋数によって回線料は自動的に決定してしまいます♪
そのため一人暮らしを始める前に、インターネットの料金をインターネットで調べておくのもおすすめです。

一人暮らし物件のインターネット対応状況を調べておくのがおすすめ♪

賃貸物件のインターネット対応状況は、大きく3タイプに分けることができます。

1.普通のアパートやマンション
電線からアパートの共有スペースまで光回線が引かれており、インターネットを契約すると引き込み工事と言われる作業を業者からしてもらう必要があります。賃貸物件の工事は、不動産への報告・相談がマナーですが、実際はインターネットを申し込んだ業者が全てやってくれるので、何もする必要が無いのが魅力的☆

2.アパートに独自回線が引かれている場合
大家さんが提携した光回線を各部屋まで既に開通している物件で、提携先の業者に申し込むだけですぐインターネットに接続することができます。一番のおすすめポイントは、料金が非常に安いということです。プロバイダに加入することなく料金3000円以下で使用できるのは嬉しいですよね。

3.アパート代にインターネット料金が含まれている場合
家賃自体はたかめですが、インターネットの代金が家賃に含まれている物件です。作りは独自物件と同じつくりなので、インターネットを使用しないからと言って賃貸料金が安くなることは無いので注意が必要です。

一人暮らしでインターネットを契約する時は、予算や月額料金等を確認することが重要です。

一人暮らしさん注目☆インターネットの違約金について

じつは、注意しておきたいのがインターネットの割引料金について!
通常インターネットは2年間の加入が条件となっています。
2年間のインターネット加入を条件に初期工事費用が無料になるので、月額料金も割引価格となるのです。

しかも、インターネットの契約は自動更新のところが多いので、3年目に解約するとなると、更新された2年契約の途中なので違約金が発生してしまいます!

違約金や回線引き込み工事を避けたい方は、モバイルデータ通信でインターネットをするのがおすすめです♪

インターネット回線をモバイルデータ通信にするのもおすすめ♡

gmobb.jp

一人暮らしなら、インターネット利用はモバイルデータ通信でも十分事足ります。
モバイルデータ通信はたくさんの種類がありますが、メインのインターネット回線として使用する場合は、wimaxの一択しかありません!
なぜなら帯域制限が無いから、とってもおすすめなんです♡

スマートフォンと同じように、インターネットでも帯域制限がかかってしまうと、通信スピードを非常に遅くされてしまいます。
なので、モバイルデータ通信を選ぶ時も、注意して選ぶのがおすすめです。
インターネット回線は一人一人、使用頻度が違うものです。
自分のライフスタイルに合った物を選んで、最適なインターネット環境を手にいれるのがおすすめです☆

一人暮らし インターネット おすすめ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

池波美妃

可愛いもの・素敵なもの・綺麗なもの大好き♡

>もっとみる