イボをなんとかしたい!除去手術にかかる費用はどれくらい?

イボを取りたい、治したい。けれど痛みや費用、傷跡などが心配で先延ばしにしてはいませんか?
今回はイボを除去する手術にかかる費用やリスクなどをお伝えします!

この記事の監修

ゴリラクリニック 総院長 Dr. 稲見 文彦

鏡を見るたびに顔にあるイボを見て、目をそむけたくなる……。

顔の目立つところにあるイボは自分でも気になり、人の目も気になりますよね。

取ってしまえばスッキリするのは分かりますが、なかなか踏み切ることができない人が多いんです。
傷が残るのか、費用はどれくらいかかるのか、そもそも何科で診てもらえばいいのか……。

しかし、毎日のようにイボのことを気にしてしまうのは、精神衛生上よくないだけでなく、イボがどんどん大きくなってしまうことも!

今まで後回しにしてきたイボを、この機会に除去してみてはいかがでしょうか?

イボの除去手術はどうやってするの!?

イボの治療には2種類の方法があります。

大きく分けるとメスを使うやり方(切除)と、メスを使わないやり方(レーザーなど)の2つです。

現在、一般的に行われているものはレーザー治療です。
非常に短時間で施術が済み、通院の必要もありません。ダウンタイムも少なく、洗顔やメイクもすぐできるようになるのが特徴です。
傷跡が残りにくいため人気が高い治療法なのです。

また、液体窒素や電気メスを使ってイボを除去するという方法もあります。
特別な機械は必要ないのでどこでも治療を受けられ、また費用も安いのがメリットですが、レーザーよりも皮膚に与えるダメージが多く、治るまでに時間がかかるのが難点です。

電気メスやレーザーを使った治療では、最初に局所麻酔を行います。注射なのでちょっと痛みがありますが一瞬で終わります。麻酔が効いてしまえば全く痛くないので、驚く方も少なくないようですよ。

気になるのはお値段……!イボを手術で除去する費用はどれくらい?

イボの治療にかかる費用は、病院やクリニックによって算出方法が異なります。

「〇個でいくら」とイボの個数で計算する病院もあれば「〇mmなのでいくら」、と大きさで計算する病院もあるようです。そもそも保険診療と自由診療では値段が異なりますし、切除が必要な場合は値段がまったく異なります。

受診予定の病院がどのような算出方法を取っているのか、事前にチェックしておくとよいでしょう。

基本的な相場としては、指先程度のイボで2,000~3,000円が一般的となっているようですね♪

ちょっと待って!イボの治療にはリスクもあります。

「イボは手軽にレーザーで治療できる」とお考えかもしれませんが、イボの治療にもリスクがあることをご存じですか?

まず、イボは再発することがあります。治ったように思っても再びできてしまったり、1度で取り切れずに数回治療を行うこともあります。
その都度、通院が必要になるので交通費のことも考えて病院を選ぶのがベターでしょう。

また、イボだと思ったら別の病気ということも……。例えば皮膚ガンだとしたらレーザーでの治療は不可能です。シミであればシミ用のレーザーを使った治療が必要となります。正しく診断できるドクターに診てもらうことが何より重要です。

治療後のケアも重要です。紫外線対策を怠った場合、イボを取った跡がシミになることも。傷跡はほとんど分からないレベルまで目立たなくなりますが、イボが大きくなればなるほど、跡も目立つようになります。イボが小さいうちに治療を受けるのが良いでしょう。
このようなリスクも丁寧に説明してくれる、そんなドクターを探すことが治療の第一歩。
さあ、イボの除去手術で、長年の悩みであったイボと決別する準備はできましたか?
カウンセリングだけでも受け付けている病院も多いので、一度直接説明を受けてみることが、最初の一歩になるはずです!

イボ 除去 手術

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

桜井朋子

旅行が大好きで、オススメのスポットなんか知ってますので、もしよかったら話しかけてください。

>もっとみる