「避けられてる?」と感じた時に!見直すべき自分の行い

LIFESTYLE

仲が良かった友達に突然避けられたり「もしかして嫌われている?」と感じたことはありませんか?
ここでは、そんな時の対処法として、自分の行いを見直します。
自分の行いから避けられる原因を見つけましょう。

他人任せになっていないか

なんでも他人任せになっていませんか?

例えば仕事を頼まれた時、その仕事を自分の力だけで何とかしようとせず、結果的に他人に押し付ける形になってしまった、なんて経験はありませんか?

他人任せの人には、責任感がありません。
無責任な本人はラクかもしれませんが、周囲を確実に疲れさせます。

自分の趣味の話ばかりしていないか

人に会った時に、自分の趣味の話ばかりをしていませんか?
相手と共通の趣味なら構いませんが、そうではないのなら、相手は興味のない話を延々と聞かされているのです。

自分にとって楽しいことが、他人にも楽しいことだとは限りません。

また、自分の趣味を相手に押し付けることもやめましょう。

度を越した下ネタ発言をしていないか

「下ネタは世界共通言語」なんて言いますが、下ネタ嫌いの人はたくさんいます。

特に潔癖症の人は、そういった話題を避ける傾向があります。
また「笑える下ネタ」と「笑えない下ネタ」もあると思います。

全員が下ネタで盛り上がれる訳ではないことを忘れないでください。

マナーに疎くないか

一般常識やマナーに疎い人は、周囲に不快感を与えてしまう可能性があります。

一つ例を挙げると、最近だと「食事中の写真撮影」についてよく話題にのぼりますよね。

食事中の写真撮影はシャッター音も鳴るので、嫌がる人も多いです。

皆撮っているのかもしれませんが、時と場所は選んだ方が良いですよ!

食の違いが原因かも

また、食事マナーうんぬんでなはなく、食事量・食の好みの違いが原因かもしれません。

少食の人は大食いの人と食事をすると、疲れることがあります。
また、食の好みがサッパリ系の人は、コッテリ系の人と飲みに行くと胃が疲れることも。

食の違いで離婚・破局するカップルがいるくらいです。
人間関係と食は切っても切り離せない関係のようです。

容姿のせいかも

他人の外見に苦手意識を持つ人がいるのも事実です。

キツい・派手などの容姿を持つ人に対し、疲れている時は会いたくないと思う人も少なくありません。

最初から気持ちが一方通行だったのかも

知り合って数ヶ月経った頃に避けられてると感じるのなら、あなたの気持ちが一方通行だった可能性があります。

これは同性・異性は関係ありません。最初だけかまってくれていたのかも。

相手をコントロールしようとしないこと!

「避けられてる?」と感じた時、それは勘違いかもしれません。

このような勘違いを頻繁にするのは、相手の顔色を気にしている証拠です。
また、このタイプの人は、相手をコントロールしようとし過ぎる傾向があります。

相手が、いつも自分の理想通りの言動をとるとは限りません。
相手をコントロールする前に、自分の感情をコントロールしましょう。

好きなのに避けてしまう「好き避け」などもありますが……避けられているのには何か理由があるのだと思います。
ご紹介したような、どうしようもできないことが原因の場合もありますし、改善すべき自分への課題が見えてくることもあります。
自分と向き合うきっかけになることは、間違いありません!