朝と夜とで効果が変わる!?時間別ヨガのオススメポーズ

BEAUTY

多くのダイエッターや美意識が高い人がやっているヨガ。
ヨガは体と心、周囲との調和を重視した有酸素運動です。
実は、ヨガはただやればいいというものではありません。
時間別で効果も変わってくるのです!
朝と昼、そして夜にオススメのポーズをご紹介します。

ヨガをする時間帯によって効果が変わる?

ヨガはどの時間帯にやっても効果は得られますが、朝や夜など時間によってオススメのポーズが変わっていきます。

時間帯やライフスタイルにあったヨガポーズを取り入れる方が、体と調和できるようになるんです♡

時間帯別・ヨガのオススメポーズ:朝は細胞を活性化させていく「スパインツイスティングポーズ」

朝ヨガをしようと思った時、ねじりや流れの速いポーズをやるのは向いていません。体がまだ硬いからです。

しかし、朝起きてすぐにヨガをすると血行が良くなり、頭をスッキリさせる効果があります。全身の細胞を呼び起こすように、朝日を浴び、呼吸に意識をしながらヨガしていきましょう!

◆オススメのヨガポーズ「スパインツイスティングポーズ」
① 床にあぐらをかくような状態で座る。
② 左足を曲げ、右のお尻にかかとをつける。
③ 右足を曲げて左足をまたいで、左ひざに右足のかかとをつける。
④ 息を吸いながら左腕を上げて、息を吐きながら右ひざにかけるか、右ひざを持つ。
⑤ 息を吸って背筋を伸ばし、息を吐きながら上半身と顔を右にねじる。
⑥ 20秒キープしたら、体を元に戻す。
⑦ 反対側も同じように行う。

時間帯別・ヨガのオススメポーズ:昼ヨガはエナジーチャージできる「ダウンワードドッグ」

引用:www.yoga.jp

昼ヨガは午前中の疲れを癒し、午後からのエナジー補給をすることができます。
また脳も体も活発な時間なので、動きが激しく脂肪燃焼効果のあるポーズがオススメです!

集中力もアップしますので、時間に余裕があるときに昼ヨガをしてみてはいかがでしょうか?

◆オススメのヨガポーズ「ダウンワードドッグ」
①四つん這いになる。手は肩幅、膝は骨盤幅に開く。
②その状態から膝を浮かせる。ダウンドッグの幅はその時その時で調節してもOK。
③両膝を曲げ伸ばしして、もも裏やふくらはぎを伸ばす。
④右足を高く上げ、左側に倒すように寄せる。顔は左脇から高く上がった右足を見るようにする。
⑤反対側も同じように行う。

時間帯別・ヨガのオススメポーズ:夜ヨガは良い睡眠をとるための「ハッピーベイビー」

夜ヨガは1日の疲れを取り除き、安眠をもたらすと言われています。呼吸は吐くことを意識すると、その日あった嫌なことも取り除けそう♪

◆オススメのヨガポーズ「ハッピーベイビー」
①仰向けになって足を上げる。
②足首か足を小指側から持ち、好きなだけキープ。
③足首か足を持ったまま、左右に揺れる。腰をマッサージします。
④終わったら足と手を床に降ろし、力を抜いてリラックスする。このポーズを「シャバーセナ」と言います。このまま寝てしまってもOK!

やりたいと思った時間やあなたのライフスタイルに合わせて、一番気持ち良いと感じるヨガを目指しましょう。
「朝ヨガ」「夜ヨガ」などの動画もたくさんあるので、調べてみてはいかかでしょうか♪