モテ男が“お泊まりに誘う時”のズルい言葉とは?

LOVE

気になる彼との初めてのデートの日、彼は私に気があるみたいだけどまだまだ簡単には許さない!
と思っていながらも彼の言葉巧みなプッシュに負け、お泊りしちゃった……。
そんな経験がある子は多いと思います。
以前は「家でDVD見ない?」が常套(じょうとう)手段でしたが、ズルい男のテクノロジーも進化しています。
そんなズルい男が使う、最新のお泊りに誘う言葉をきちんと認識しておきましょう!

お泊まりに誘う時のズルい言葉①「酔って気分悪くて一人で帰れないから、一緒に帰ってくれない?」

このケースに多く見受けられるのは、時間帯でいうと朝の3時~始発前。
クラブやカラオケでワイワイガヤガヤしてそれなりにお酒を飲んだ後に、ズルい男が使ってくることが多いです。

ズルい男はもうベロンベロンに酔って、どうしようもない雰囲気を演出します。
優しいあなたが「大丈夫~?」と声掛けをすると、男性は必ずこの言葉を発してきます。

あなたも疲れていますし、ちょっと彼も心配だからちょっと位良いかなと思ったらアウト!
ズルい男の狙いにまんまとはまっています。

お泊まりに誘う時のズルい言葉②「俺マジでマッサージ上手いから、少しだけやってあげるよ」

このケースが多く見受けられるのは、まだまだ終電までの時間が十分にある時です。
軽くご飯やお茶をした後の夜19時~20時台に、まさかこの時間帯で誘ってくるなんて思いもよらないでしょう。

そしてあなたが普段の仕事で肩こりや腰痛などに悩んでいれば、本当に上手いのかな?もしかしたら気持よいかも……と思ってしまうはずです。
時間も早いしちょっとだけと思って、誘いに乗ってはアウト!

お泊まりに誘う時のズルい言葉③「家にキルフェボンがあるんだ、一人で食べれないから一緒に食べない?」

おしゃれで味も良いレストランで料理には大満足、あとはデザート♪と思っていたら彼がシレっと会計を終わらせちゃっている。

お店をでてデザート食べたかったな……と思っている時にズルい男はこの言葉をシレっと言います。
「ハーゲンダッツとかじゃなくて、キルフェボンなんだ♡」
デザート食べたいし、ちょっと良いかなと思ってしまってはアウトです!

お泊まりに誘う時のズルい言葉④「本当に何もしない、俺ソファーで寝るから」

これがズルい男が使う究極の誘い言葉です。
なぜなら女性は「何もしないって言ったから~」と言い訳を作ることができるからです。

さすがに時間帯的に昼や夜の早い時間には使ってきませんが、終電前後などにズルい男が使う常套手段です。
言い訳がましい理由を言ってきても女の子にとっては正直微妙なのを、ズルい男は当然理解しているので、ストレートに直球を投げてきます。

以前は「家でDVD見ない?」という牧歌的な誘いが世の常の時代もありました。
ズルい男は日々効率的なお泊りの誘い文句を研究し、日々テクノロジーは進化しているので注意が必要です!