今は国際社会だから。外国人と一緒のオフィスでの働き方って?

ビジネスも国境を越えてグローバルに広がるのが当たり前になっている中、日本のオフィスでも外国人が一緒に働いているというところ少なくないのではないでしょうか?
日本で暮らしているとなかなか文化の違う外国の人と接する機会がないため、仕事面でも戸惑うことも……。
一緒に働く仲間として、外国人と上手にコミニュケーションを取るための働き方・考え方をお教えします♡

オフィスに外国人がいるなんてもはや当たり前!

SNSで外国人のアカウントをチェックするのが当たり前になっているのと同じように、仕事の面でも外国人との繋がりが欠かせない職場が増えています。

メールや電話で外国とやりとりしたり、中にはオフィスに外国人の方が働いていることもありますよね。

実際に、一緒に外国人と働く方からよく聞くのが、「文化の違いでいろいろとヤキモキしたり悩んだりする」ということ。
外国人のいる職場での働き方は、コミニュケーションのとり方にちょっと工夫が必要かもしれませんよ。

外国人と一緒のオフィスでの働き方①言うべきことははっきり伝える

同じ文化背景を持つ日本人同士なら、わざわざ言わなくてもわかるというようなことだって、外国人の方たちにとっては「何それ?」と感じる文化が多いもの。

遠慮してその習慣を伝えないと、どうしてもコミニュケーションロスが生じてしまいます。

彼らにとっては気を使って何も言われないよりは、何かあるなら「はっきり言って欲しい」というのが本音のよう。
イエスノーをはっきりさせて、伝えるべきことははっきり伝えた方が良好な関係が築けますよ!

外国人と一緒のオフィスでの働き方②相手は「効率重視」と心得よ

だらだらと仕事をして長く働く人を「頑張っているね」という傾向がある日本。
一方で、外国では不必要に長く職場に残っていれば「仕事ができない人」としてのレッテルを貼られてしまうこともあります。

そう、外国人の方の多くが仕事はどう効率的に進めるかが大切なんです。
だからこそ、無駄を省く仕事スタイルはとても勉強になるはず!

でも、まだ自分の仕事が残っているのに、さっさと帰ってしまう外国人の同僚に戸惑ってしまうこともあるかもしれません。
相手は効率重視の文化、と心得てそのワークスタイルをお手本にしてみましょう。

外国人と一緒のオフィスでの働き方③きちんと理由を説明する

何か新しいプロジェクトを始めるとき、業務フローを改善するとき、書類の書き方を注意したいとき……あらゆる仕事のシーンで気をつけたいのが一つ一つの行動・方針に明確に背景を説明すること。

業務の課題を洗い出して行う仕事改善も理由がはっきりしないことに対しては、「?」が頭の上に出ている外国人もいるかもしれません。

日本では、これを「しょうがない」と受け入れる人が多いですが、多くの外国人の方にとってはそれは納得ができない行動。

相手が納得して仕事ができるように、物事を説明・指示するときには背景や理由をきっちりと説明するようにしましょう!
外国人のいる職場の人の中には、はじめは文化の違いなどから戸惑うことも多かったけれど、相手の文化を理解して仕事の方法を変えたら効率が良くなった!というプラスの効果を話す人も少なくありません。
働き方を見直すきっかけにもなるからこそ、外国人と一緒に働く人はコミニュケーションのコツや仕事のコツなどを参考に、いい関係を築いてみましょう。
きっと自分にもプラスになるはずですよ♪

【関連記事】“すみません”よりありがとうを。謝る必要がないシチュエーション4つ

日本人は何かと「すみません」と謝ってしまう人が多いですよね。謝る意味すら持たず、よくわ...

外国人 一緒 働き方

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

川島ゆい

丸の内OLからフリーランスに転身してもう5年……。
おしゃれや毎日を充実させることを毎日考えていま…

>もっとみる